テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。

でも、試合を観ているとやっぱり「アプローチショット」で追い込みたい、ボレーは決めるだけにしたい、と思っている方が多い。

シングルスでその発想って、危険です。

 

シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

 

1.アプローチショットのミス、が一番もったいない

だって、思いませんか?

相手の浅いボールを、打っていくアプローチショット。

アプローチ、と言うくらいですから、近付くだけで良いのにミスしてしまう。

それって、その後のネットプレーに不安があるから「少しでも追い込んでおかないと!」という焦りがある証拠です。

相手を楽にさせて、自分は落ち込んでしまう。

もったいないミスは減らす、為にアプローチショットは60%くらいの力で充分、だと思いますよ。

 

2.アプローチショットを打った方向、に詰めてこう!

よくシングルスの試合、ネットプレーは「コートの真ん中」に立つと勘違いしている人がいる。

それは間違い。

真ん中は真ん中でも、「相手が打って来るコースの真ん中」に立たないと。

そう考えると、自然と「自分がアプローチショットを打った方向」に詰めることが出来るようになる。

ダウンザライン、をふさぐようなイメージですね。

皆さんもプロ選手の試合を観ていると、気付くはずです。

意外と、寄った感じのポジションを取っているな・・・と。

ここにアナタのシングルスの勝利の種、があると私は思いますよ。

 

3.パッシングを打たせて仕留める、のがシングルスのネットプレー

アプローチショット、無理しないで相手に打たせましょう、その次のショットを。

パッシングショット、相当なナイスショットじゃない限り触れるはすです、ポジションがしっかりしていれば。

そして、シングルスの試合「ボレーを触る」ことが出来れば、ほぼ決まる。

ドロップボレーでも良い、訳ですからね。

もっと気持ちを楽に持って良い。

そしてこういう前に出るプレーは、ぜひ序盤に入れていきましょう。

そうすると、相手は自然に崩れてくれるはずです。

 

相手をよく見て、打たせて獲る。

打たせたショットがナイスショットなら、それは仕方ない。

これくらいの意識で、シングルスのアプローチショット、打って良いと思います。

勝負はあくまでボレー、で良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

  2. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  4. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

特集記事

  1. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?
  2. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って…
  4. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと
  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?
PAGE TOP