テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。

でも、試合を観ているとやっぱり「アプローチショット」で追い込みたい、ボレーは決めるだけにしたい、と思っている方が多い。

シングルスでその発想って、危険です。

 

シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

 

1.アプローチショットのミス、が一番もったいない

だって、思いませんか?

相手の浅いボールを、打っていくアプローチショット。

アプローチ、と言うくらいですから、近付くだけで良いのにミスしてしまう。

それって、その後のネットプレーに不安があるから「少しでも追い込んでおかないと!」という焦りがある証拠です。

相手を楽にさせて、自分は落ち込んでしまう。

もったいないミスは減らす、為にアプローチショットは60%くらいの力で充分、だと思いますよ。

 

2.アプローチショットを打った方向、に詰めてこう!

よくシングルスの試合、ネットプレーは「コートの真ん中」に立つと勘違いしている人がいる。

それは間違い。

真ん中は真ん中でも、「相手が打って来るコースの真ん中」に立たないと。

そう考えると、自然と「自分がアプローチショットを打った方向」に詰めることが出来るようになる。

ダウンザライン、をふさぐようなイメージですね。

皆さんもプロ選手の試合を観ていると、気付くはずです。

意外と、寄った感じのポジションを取っているな・・・と。

ここにアナタのシングルスの勝利の種、があると私は思いますよ。

 

3.パッシングを打たせて仕留める、のがシングルスのネットプレー

アプローチショット、無理しないで相手に打たせましょう、その次のショットを。

パッシングショット、相当なナイスショットじゃない限り触れるはすです、ポジションがしっかりしていれば。

そして、シングルスの試合「ボレーを触る」ことが出来れば、ほぼ決まる。

ドロップボレーでも良い、訳ですからね。

もっと気持ちを楽に持って良い。

そしてこういう前に出るプレーは、ぜひ序盤に入れていきましょう。

そうすると、相手は自然に崩れてくれるはずです。

 

相手をよく見て、打たせて獲る。

打たせたショットがナイスショットなら、それは仕方ない。

これくらいの意識で、シングルスのアプローチショット、打って良いと思います。

勝負はあくまでボレー、で良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  2. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  2. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?
  3. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない
  4. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよ…
PAGE TOP