テニス リターン

シングルス

シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。

なぜか、こういう時に無理して自滅、する人がすごく多い。

よく、粘り強いシコラーがシングルスは強い、と言われますが、それって当たり前の配球、をしているからだと思いますよ。

無理せず、苦しいときにはこれで良いんです。

 

シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

 


 

1.センターに打つのは、怖いようだけど実は正解

実際、なんだか攻撃されそうじゃないですか。

深いとはいえ、相手コートの中心、センター近くに返球すること・・・は。

でも、よく考えてみて下さい。

相手もコートの中心、からはなかなか攻撃が難しい。

フォアハンドで回り込んでも、打てるコースは限られていますから。

厳しいと感じたら、相手が攻撃し辛いようなコースに返球する、のはテニスの基本です。

 

2.もう一度、なぜセンターから攻撃し辛いのかを考えてみる

これって、きちんと整理できていますか?

なぜ、コートの中心深く、からは攻撃が難しいのか。

相手コートの深い位置、両コーナーを突くにしても、センター深くからだと直線的なショットになりますよね。

コートの端、からだと、相手コートのクロスの端、に打てば相手から逃げていくような軌道にもなる。

でも、センター深くからは難しいんです、実際。

より厳しいところを狙おうとすると、絶対にサイドアウトしますから。

こうやって自滅を誘う、のもセンター深くに返球するメリット、ですね。

 

3.しっかり回転をかけて高い軌道で打つこと、が大事

とはいえ、浅いボールやバウンド後に力の無いボールは禁物。

素早く回り込まれて、高い打点で打たれると、やはりセンターからとはいえ守備が厳しくなります。

出来るだけ、アナタ自身の返球の軌道を高くすること。

そしてしっかり、回転をかけること。

そうすれば、バウンド後も失速しないですから、相手の手元で最後の一押し、をしてくれるんですよね。

合わせにいくだけ、のポワーンとした返球、ではダメ。

しっかり意志のある、深く生きたボールを返球することが大事です。

 

4.センターからはセンターへ、の返球に備えよう

そして、アナタ自身もどこかで攻撃側に回らないと。

相手をセンター深く、へ押し込んだら、相手もセンターに打ってくる可能性が高い、のがシングルスの試合です。

自分自身、相手がセンターに打ってきたらどうするのか、予めイメージしておきましょう。

私なら、回り込んで逆クロス、そのままネットに出てチャージしていきます。

センターへ深く返球するところ、からここまで、一連の流れでいきたいですよね。

このパターンを持っておくと、劣勢から挽回出来て、得点できる。

きっと、シングルスの試合の流れも変えていけるでしょう。

 

ただ粘る、だけだと試合には勝てない。

粘るショットを繰り出しながら、いかに反撃のイメージも持って展開できるか、が大事ですね。

センター深くへの返球、からのラリーはシングルスの試合ですごく多くなるはず。

打つこと、そして次からの展開をイメージすること。

どうでしょう、ちょっとワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  2. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

    セカンドサーブで、攻撃を仕掛けていく。ちょっと無謀とも思えるよ…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも
  5. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
PAGE TOP