テニス ダブルス

シングルス

テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級の方は、どんな作戦が有効でしょうか。

色々な対戦相手が考えられますが、まず基本の「バックハンド側」を攻めていくことをお勧めします。

分かっていても、どんな意識で試合を進めるのか、出来るだけ具体的にしておきましょう。

テニスの試合に慣れてくれば、自然に実践できてくるはずです!

 

テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

 


 

■相手のバックハンド側に深いボールを送り続ける

シングルスの配球は、執拗なしつこさが必要です。

バックハンドを相手が「狙われているな・・・」と感じなければ、意味がありません。

試合の序盤で、しっかり意識付けすることが大切。

よく試合で勝ち切れない人は、「フォアにも展開したほうが良い」と思って、焦ってミスをしたり反撃に遭うケースが多いのです。

とにかく試合に慣れないうちは、「バックハンドを徹底して」狙うようにしていきましょう。

 

■自分のフォアハンドの逆クロス対、相手のバックハンドのシチュエーションがベスト

右利きの方であれば、バックハンド側にきたボールを思い切って回り込みましょう。

初中級、テニスの試合に慣れていない人は、「バック側に来たボールは、バックハンドで打つ」という、素直なストロークになってしまう傾向にあります。

アナタは、逆クロスのフォアハンドを使って攻撃していきましょう!

バックハンドを打つ相手に対して、ダイナミックな攻撃姿勢を見せていくことが、シングルスでは大切です。

 

■試合の後半、勝負どころでフォアハンド側を狙っていく

試合の後半になれば、相手もバックハンドに慣れてくるかも知れません。

そうなる少し前のタイミング、1セットマッチであれば3-4、4-3あたりで温めておいた「フォアハンド側」への展開を混ぜましょう。

浅いチャンスボールはしっかり肩を入れて、あくまで「バック側へ打つ雰囲気」を残しつつ、ストレートのフォア側へ展開する。

このコントロールには、全神経を注いで下さい。

試合を左右する、大事な1ポイントになるはずです。

 

試合に慣れるまでは、特にシングルスでは考え方をシンプルにしましょう。

初中級者の方は、まずはリターンをしっかり返球することも大切。

ベースとなる戦術を準備しておけば、それをカスタマイズしていけばOK。

女性の選手では「バックハンドが得意!」という選手もいますので、相手をしっかり観察しましょう。

であれば、フォア側の展開にもっていくのも有りでしょう。

とにかく経験を積んで、ストレートに攻撃していくタイミングなど身体で反応できるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返球セオリー

    シングルスで格上シード選手と対戦。粘りたいけど、どんどん打ち込…

  2. シングルス

    シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

    シングルスの試合での、戦術が欲しい。そう考えているみなさんは、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

    シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。そう考えている人に…

特集記事

  1. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ
  2. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
  4. スマッシュ

    「高い軌道のロブは、落ち着いてワンバウンド」させてグランドスマッシュで打ち抜く為…
  5. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
PAGE TOP