テニス リターン

リターン

「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ

今回は、私が実際にトッププロとして活躍する選手に聞いた、ダブルスリターンの「裏ワザ」テクニックをご紹介。

まず最初に、これは大胆な技術ですので、すぐに真似するのは難しいです。

それでも、遊び心を持ってトライするのは面白いアイデアかも知れません。

 

「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ

 


 

■リターンするとき、目の前の相手前衛と「眼」を合せてみましょう

リターンする前から、目線を相手の前衛に合わせる。

その眼を決して、自分そらさないこと。

リターン前にサーバーを見ることはありますが、ボールを打つ瞬間も相手前衛を睨みつけることができれば、本当に有効です。

人間は、眼を合わせられると不思議と動けなくなります。

相手前衛の動きを止める意味でも、この作戦は非常に有効です

 

■眼を合せながらリターンをしてみるという荒業

実際に打点を見ない訳ですから、有効なのは回転系のリターンです。

スライスであれば打点が遅れてもコースを打ち分けられますので、有効です。

もちろん、サーバー側にも意識を向けながら、特にセカンドサーブでスピードが遅いと判断したときに、この相手を観ながら打つリターンを実践してみましょう。

ポーチに出てきたら、無理せずストレートへ流して自分も前に行く。

とにかく、前衛に絶対触らせない意識が重要です。

 

■アナタが前衛で、こういうペアと対戦したときには・・・

考えて見て下さい。

リターンがアナタをずっと睨み続けている・・・そんな中で、思い切って動けますか?

慣れていないと、常に相手に裏をかかれてしまいそうで、戦うのが難しいはずです。

対抗策として有効なのは、フェイントです。

相手は前衛を観ながらですので強いリターンは打てない訳ですから、フェイントを入れてボールを自分のほうに呼び込み、触れるよう誘導していきましょう。

 

テニスの基本は、身に付けていきながら崩していくことも一つの醍醐味です。

「打点から眼をそらすな!」という意識は、もちろん大切。

しかし「基本に忠実に・・・」だけ意識していては、相手にとって戦いやすいプレイヤーになってしまうリスクもあります。

良い意味で、遊び心と相手をおちょくるような作戦は必要です。

ぜひ、まずは仲間内で試してみて下さい。

思ったより、ボールを観なくてもリターンはできるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. + POWER CUP について
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

    相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。これは、結構ハッキリ…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

  3. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

  4. リターン

    精度の高いストレートリターン、のコツは?

    ダブルスの試合で、勝ち上がりたいなら必要な技術。リターンでス…

  5. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

  6. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨こう!」その理由はシ…

    ダブルスの試合、「試合慣れしてるな・・・」と感じるのはリターンダッシュ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  2. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる
  3. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  4. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る
PAGE TOP