日々の雑記

テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

大学を卒業してから、約2年間くらい、テニスコーチをしていた時期がありました。

千葉県で新規でオープンしたテニススクール、で週5日勤務。

まだオープンしたてでコーチも少なかったので、右も左も分からないままに、ただひたすら体験レッスンの毎日、の後にオープニング。

木曜日と金曜日は私自身はお休みでしたが、それ以外の曜日はほぼ朝8時から23時までコートに立ちっぱなし。

本当に、今思い出してもよくやったと思います。

 

なんでこんな話を思い出したのかと言えば、先週買って読んだ本「10年後の仕事図鑑」が衝撃的だったから。

よく、「向こう10年でAIに8割の仕事を奪われる」なんて言われてますが、これってテニス界も例外じゃないかもしれない。

むしろ積極的にAIのような技術を使っていかないと、いつまで経ってもテニスコーチってしんどいだけだと思います。

私が感じていたのは、まず絶対的に「休めない」ということ。

体調不良でも、自分が欠席してクラスがお休み、という訳にはいかないので誰か代わりのコーチを探さないといけない。

余裕がある大手のテニススクールでもない限り、控室で待機しているコーチなんていませんからね。

長期の休みを取るのも、代わりのコーチを探さないといけない。

そして、その代わりのコーチは休日に出勤しないといけない・・・という、負の連鎖。

これって、すごく時代錯誤な話ですし、コーチを志す人もそりゃ減るよ、と思ったのを覚えています。

 

この本、中身は実はすごくシンプルで、面白い。

何より図やイラスト、が分かりやすくて重たいテーマでもすっ・・・と入って来る感じ。

今の学生のみなさんなんかは、これが当たり前のような感覚、なのかなーと思いながら。

サクッと衝撃的なことも書いてあります。

でも、全体的にテニス界に必要なことばっかり、のような気がしてならない。

どこか、T-PRESSで書いてある内容、スタンスとも被るような気が・・・。

やっぱり読んでいる本に影響を受ける、のが人間ですね。。

 

特に印象深かったのが、「AIを拒絶するより、使う側のまわらないとダメ」という部分。

どんなに拒んでも、もう未来はそこまで来ていますからね。

テニスでも一緒、だと思います。

もしかしたら、近い将来テニススクールにはすべて360度カメラが設置されて、レッスン後にはアドバイスのレポートが出て来る、なんてことも可能になるでしょう。

そうなると、コーチはその場にいても主観的なアドバイスしか出来ない。

もっともっと、自分のテニス観で生徒のアピールしていかないと、それこそ適格なデータでアドバイスをくれるAIコーチには勝てないですからね。

いや、すごく楽しみじゃないですか。

私も負けないように、もっともっと、自分のテニス観や独自の世界に、磨きをかけていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?

    テニスって、誤魔化しが効くんですよね。ちょっと、いきなりすみま…

  2. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し

    平昌オリンピック、日本選手団すごい活躍でしたね・・・。ほぼ時差…

  3. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

    今週の月曜日から、更新が滞ってましてすみませんでした。仕事で離…

  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

    冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。冬季オリンピックも、…

  5. 日々の雑記

    誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

    1月8日は成人の日、ですね。実は私、実際に自分が20歳の頃にこ…

  6. テニス コントロール

    日々の雑記

    「とりあえず批判しとこう」的な自分を、誰も批判してはくれない

    今年もあっという間に6月、ですね。なんだかもう、今年も半分が終…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  2. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る
  3. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  4. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
  5. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ
PAGE TOP