テニス サーブ

テニス知識

スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスでした。

でも、今は違う。

ラケットもガットも進化して、しっかり弾むスピンサーブを打つ女子選手も、もはや普通にそこら中にいます。

自分も身に付けたいけど、難しい・・・という方は、コレを試してみませんか?

 

スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

 


 

1.スピンサーブ強化グッズ

サーブの強化グッズは色々ありますが、大事な手首の角度を身に付ける器具は意外と少ない。

手首の角度って、なかなかテニススクールでもちゃんと教わる機会って少ないですからね。

その名もそのまま、「スピンマスター」。

テニス サーブ

これだけ見ると、どう使うの?という感じですが、要は手首とラケットの角度を固定する、のが目的です。

スピンサーブでは、まずこの基本が肝になります。

装着イメージは、こんな感じ。

テニス サーブ

 

2.最初は慣れないと、打ち辛い・・・

何だかすごく、動かしにくそうですが・・・これで良いんです。

そもそも、硬式テニスはサーブだけじゃなくて、「手首の角度を変えない」ショットが多い。

可動域をあえて狭くしていくスピンマスター、のような器具の活用はすごく効果的です。

私は高校時代、これに近いことをタオルや手ぬぐいを使って、練習してました。

最初は窮屈ですが、徐々に慣れてきてしっかり振れるようになる。

そうすると、すごく良い回転が安定してかかるようになるはずです!

 

 

装着方法
1:スピンサーブマスタのリストストラップを手首に巻いて、リング部分を通してマジックテープでしめてください。
2:リングが親指のサイドになっていることを確認してください。
3:ラケットを短く包丁握りで持ってください。
4:チューブ部分をグリップ上のスロート部分に通して、両クリップをリストストラップに引っ掛けてください。
5:グリップを包丁握りで普段の長さで持ってください。
セットアップ完了:手首が約90度に引っ張られていることを確認してください。
※抵抗が強い場合はラケットを短めに持ってもかまいません。

出典:amazon

 

3.サーブ強化以外の応用も可

これ、実際にサーブ以外の練習にも使えると思います。

手首を使って回転をかける癖、がある人、スライスが擦るだけになっている人、にもお勧めです!

手首の角度、さえ身に付ければテニスの技術は8割が完成したようなモノ。

スピンマスター、価格も2,800円とお手頃ですので、ぜひ!

 

 

手首の角度は、強制器具で鍛えるのが実は効果的。

最初は窮屈に感じると思いますが、テニスに必要な要素で慣れればきっと試合にも強くなる。

社会人の方にもお勧めです。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

  2. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「Protect J1…

    テニスの試合、練習が続いていくと、皆さんどこか身体に支障をきたしてくる…

  3. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

    テニスに遠征は付きモノ。部活では合宿もありますよね。私…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

  5. テニス知識

    飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

    まだまだ寒い毎日、が続いています。テニスの試合の朝も、結構キツ…

  6. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

    試合中、思いがけない雨に見舞われること、ありますよね。オムニコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
  2. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい
  4. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること
PAGE TOP