テニス サーブ

戦術

テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

試合の序盤、大切なことは何か・・・。

それは、早めに「何をやってくるか分からないな・・・この相手」と、思わせておけるかどうか。

セオリー通りの堅実なプレー、も大事ですが、それだと相手が慣れてくるし実力差を覆せない。

たまには思い切った攻撃や、「ここでそれ、やるの!?」という印象付けるポイントを相手に見せておきましょう。

ちょっとの変化が、相手の記憶には深く刻まれる、それがテニスです。

 

テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

 


 

■「真面目な相手」ほど、やりやすい相手はいない

私自身、テニスをプレーしていて「真面目」な相手ほどやりやすい。

こちらが思った通りに動いてくれて、感情豊かに表情にも出してくれる。

勝負の世界では、正攻法だけで勝負できるのはごくわずかな才能を持った選手だけ。

すごく協力なサーブがあるとか、圧倒的なフットワークがあるとか・・・。

私たちはありとあらゆる作戦や技法を持って、相手と対峙しないと勝てないのです。

 

■いきなりネットに出る、ストレートの展開を増やす

有効な作戦は2つ。

まずはネットプレーを早めに入れること。

シングルスでも、いきなりサーブ&ボレーを入れて、ストローク戦以外のシチュエーションに持ち込んでみる。

ダブルスではクロスラリーの展開が主軸になりますから、早めにストレートへ展開して、相手に見せておく。

そのポイントを落としたとしても、相手は「次もあれ、やってくるかもな・・・」と思って、セオリーでの戦いに隙が生まれやすい。

こういった種まきが、ジワジワと、試合の後半に効いてくるのです。

 

■序盤にリードしたゲーム内で、セオリーと逆のプレーを入れる

とは言え、どんなポイントでも出来ることでは無いでしょう。

ゲーム内で少し余裕がある、2ポイントくらい離れたときが狙い目です。

失敗してもダメージが少なく、成功すれば相手を引き離せる・・・。

セオリーと逆のことを実践する訳ですが、「何かを起こすぞ・・・」という雰囲気はばれないように。

あくまで相手の反応も見たいので、今までの流れの中から自然にプレーをいきなり変える、というのが理想です。

 

普段の練習から、こういった「変化を付ける」テニスを意識しましょう。

得意で確実なプレーばかりやっていても、絶対に成長が無い。

テニスの試合では、「手数が多い」のが絶対的に有利なのです。

序盤に使える、安定感のある「セオリー以外のプレー」の種類は何個、ありますか?

少しずつ、増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと

    テニスの試合、ボールを打って相手からノータッチエース。サーブで…

  2. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない

    試合前の、準備が大事。これは何度も書いて来たことですし、私自身…

  3. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

    「そんなの、当たり前だろー!」みなさん、そう思いますか?…

  4. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

  5. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

    戦略を立てて、テニスの試合に挑む。これは非常に大事な考え方です…

  6. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう

    テニスの試合、強い相手は必ず何か特徴を持っている。それは、言い…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見…
  3. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を
  4. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から
PAGE TOP