テニス サーブ

サーブ

サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。

サーブを打つ選手、自分だとしてどうしても弱気になる場面、ありますよね。

でも、根本的な問題としてこれは直していかないと。

サーブを打っていく人が弱気になったら、テニスの試合では勝てないのです。

 

サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

 

1.サーブを打つ選手には、「決定権」が与えられている

サーブを打つ選手には、自由がある、決定権がある。

入れるエリアは決まってますが、どんなコースにどんな速さ、球種を打つかは自分が決めて良い。

リターン側の選手は、それを受け入れるしかない、のがテニスです。

でも、実際はどうですか?

出来るならサーブは打ちたくない、リターンの方が気楽で良いな・・・という人が、なんと多いことか。

もっと自分から、積極的に決めてサーブを打ちにいく。

その姿勢を、大事にしていかないといけません。

 

2.ファーストサーブ、セカンドサーブ・・・の、2種類しかないの?

アナタ自身、自分が持っている打てるサーブって何種類あるでしょうか?

ファーストとセカンドの2種類、だけしかないなんて危険過ぎる・・・ことに、気付かないと。

自分で選択していく、決定権を活かすためには、色々なサーブが打てる必要がありますよね。

複数の選択肢があるから、相手も迷う。

何となくでしかサーブを打っていない選手って、ただ単にファーストとセカンドを毎回作業のように打たされているだけ。

これでは勝てる訳ありません。

 

3.「強気に攻める」という姿勢は、サーブにこそ必要

「え?でもサーブを入れていかないと、試合にならないでしょ?」と思いますよね。

そう、結果的に入れる為にこそ、攻撃的な姿勢って大事なんですよ。

強気に攻める、しっかり狙うからサーブは入る。

何となくで威力を落として置きにいくサーブ、は逆に安定しない。

攻撃的に、攻めていく姿勢をサーブに取り入れる。

この覚悟、アナタにはありますか?

初心者だとか女性だからとか、私は関係ないと思いますよ。

 

きっと、試合の中でサーブが強気に打てると変わっていく。

アナタ自身の性格、姿勢やメンタリティーが変わってくる。

そういう意味でも、まずはサーブの種類を増やす視点、をぜひもってみて下さい。

レベルが付いて来ない?

強気でプレーしていくために、必要なのは姿勢を変えることです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

    サーブって、どうしても緊張しますよね。どんなにリラックスしよう…

  2. サーブ

    甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?

    これから、サーブ&ボレーにトライしたい。そう考えているみなさ…

  3. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

    スピンサーブの軌道の高さ。これは、きっとアナタ自身が思っている…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4つ

    サーブ&ボレーの選手が勝てなくなって久しいと言われていますが、…

  5. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法

    サーブの打つ位置を見るだけで、その人のテニスの実力はある程度分かります…

  6. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失…
  3. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシ…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
  5. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる
PAGE TOP