テニス スマッシュ

ボレー

攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう

相手を追い込むネットプレー、どんどん前に詰めるときに・・・ラケットの位置はどうですか?

せっかく良いポジションを取れていても、ラケットの位置が低いともったいない。

攻撃的な、連続で打てるボレーはいつだって上から、押さえるようにコンパクトに。

意識するだけで、かなり決定力があがるはずですよ。

 

攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう

 

1.ボレー上手は、構え上手

ストローク以上に、ボレーは構えの位置が大事。

ラケットの位置、きっと皆さんが思っているよりもっと上、にセットして良い。

胸の前、にラケットの中心部のスロートがくる、くらいの感覚でちょうど良い。

ラケットを高い位置に準備出来ていれば、それだけ攻撃的なボレーが打てる。

前に詰めていたなら、低いボールは来ないですからね。

それはネット、が守ってくれるのですから。

 

2.前に詰めたら、低い位置に速いボールは来ない

よく考えてみて下さい。

しっかり前に詰めたなら、低い位置へ速いボールは来ない。

速いボールが来るのは、腰から胸、の高さなはず。

この高さのボールをしっかり反応して押さえる、から良いボレーが打てる、攻撃的になる。

振らなくても、構えの位置が高ければそのままコンパクトにパン!と打てれば良い。

準備が低い人ほど、慌ててラケットを準備して大きく振る、から安定しないしミスになるんです。

低いボレーは捨てる、というか遅いボールしか来ないので反応出来るんですよ。

 

3.構える位置が高ければ、打ち終わりも高い位置に出来る!

ボレーの最大のコツは、コンパクトに打ち終わること。

インパクト重視で、打ったら引く、くらいの感じで良い。

構える位置、ラケットの位置さえ高く準備出来れば、慌てる必要はありません。

打った後は、また高い位置で構える、の繰り返し。

だから連続的にプレーできるし、ミスが減るんですよね。

構える位置を意識するだけで、ネットプレーにグッと迫力が出るし安定感が増す。

構えるラケットの高さ、大事ですよ。

 

ラケットの位置は高くしても、肘は軽く曲げてリラックス。

ピーンと伸ばしていると、それだけで力が入って上手くいかない。

リラックスして、前にいるポジションを活かす。

このことだけ、まずは意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

    私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。この言葉…

  2. テニス サーブ

    ボレー

    フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます

    ダブルスの試合、フォアハンドボレーでポーチ!を打つときに、みな…

  3. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認

    ボレーはどういう練習をしている?ボール出し練習?ボレー…

  5. ボレー

    ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない

    ボレーの基本の構えって、みなさんどうでしょう。何となく出来てい…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  2. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?
  3. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る
  5. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
PAGE TOP