テニス メンタル

その他

「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴

練習仲間でも、試合相手でも。

テニスで関わっている人の中で、「こういう人はちょっとな・・・」と、思う人いますよね。

出来るだけ好き嫌いなく人と接していきたいと、私も思ってますが・・・今回は正直に書いてみたい。

あくまで私の感覚、ですので。

皆さんもそれぞれ、考えるきっかけにしてみて下さい。

 

「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴

 

1.とにかくミスが早い

まず、練習でも試合でも3往復以上のラリーが続かない人。

こういう人は、ショットのレベルを落としてでも練習したり試合で使ったりをしないとダメ。

周りも練習にならないし、試合ではパートナーとしても試合を作り辛い。

目安は、ラリー練習で3往復以内のミスの数。

3往復つながったら、どんどん攻撃的なプレーも必要だと思いますが、あまりに続かないラリーは練習になりません。

 

2.会話が少な過ぎる

寡黙で一生懸命、というのも大事ですが、全く会話が無いのも辛い。

何を考えているのか分からないし、誤解の元です。

テニスはコミュニケーションのスポーツ。

ダブルスの試合でも、積極的にペアと会話出来る人じゃないと試合で勝つのは難しい。

特に男性の方は、少しで良いので周りとの会話に入っていくことを意識してみて下さい。

 

3.全てが人任せ

以前にも書いたことがありますが、練習でも試合でも、人任せな人は厳しい。

コートを用意したりボールを準備したり、を全て周りの人頼みにして御礼も無い、ような人は孤立していきます。

これって、テニスに限ったことじゃないと思うんですよね。

自分から動いて、何かを決めていくという習慣、を持てている人は試合でも強いですよ。

 

4.ネガティブワードを連発する

これも、たまになら良いんです。

気の置けない仲間で愚痴を言い合うことも必要ですが、いつも口を開けば愚痴ばかり・・・では、周りも疲れる。

ネガティブな言葉を発している限り、結果もネガティブな方向にしか出ない。

アナタ自身、普段発している自分の言葉を見直してみて下さい。

 

5.試合に出ようとしない

これは、賛否両論、だと思います。

私は、全く試合に出ようとしない人、を嫌いという訳ではありません。

ただ、「試合に出たい、その為に練習している」という中に入って来られると、難しい部分が多い。

試合に出ようとしないのに、試合に出ている人たちと本気で練習をしたいと思うこと。

これは、テニスでは難しいのです。

 

自分が「ちょっとこの人は・・・」と思う、何となくの部分。

皆さんも、ぜひ客観的に自分を分析してみて下さい。

なぜ、そう思うのか。

自分は、周りから観てどうなのか。

テニスはアナタ一人では、練習も試合も出来ない競技です。

それだけは、いつも心に留めておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

  2. その他

    T-PRESS CUP を開催してみて、感じたこと

    先週の23日(金)にて、T-PRESSとしての初めての取り組みである…

  3. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

    スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどのペースで大会に出…

  4. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

    日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で

    「テニスノートを書きたいんですが、続かなくて・・・」というみなさん。…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる
  2. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  3. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ
  4. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる
PAGE TOP