テニス メンタル

ストローク

バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

最近は男女共に日本チームが活躍している、世界卓球の試合を観ている方、たくさんいるんじゃないでしょうか。

テニスに近い感じで楽しいですよね。

よく観察していると、バックハンドをストレートに展開するのが上手い選手が多い。

何かテニスの試合で活かせるポイントは無いかな・・・と考えてみると、これまた面白い。

ダウンザライン方向への攻撃がバックハンド側から出来ると、相手もバック側を攻撃し辛くなってきますよね。

両手の方、片手の方両方に共通する、必要な意識や考え方について書いてみます。

 

バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

 


 

1.コースを変えるのは、難しい?

バックハンドに限らずですが、ストロークのコースを変えるのは難しい・・・という意識の方、多いように思います。

その原因の一つは、打つコースによってアナタ自身が「打ち方を変えてしまっている」からかも知れません。

テニスは出来るだけ、「同じ打ち方」を繰り返す方がもちろん安定する。

ではどこを変えるか・・・と考えると、一番効果的なのは「打点」。

バックハンドのストロークをダウンザライン方向に展開していくには、クロス方向に打つ時より少し「後ろ目」にしてみましょう。

しっかりボールを引き付けるようなイメージで、準備は速く!です。

 

2.速い構えこそ、相手に対する最大のプレッシャーに

錦織選手もそうですが、とにかく攻撃的な選手は構えが速い。

速いから、相手もどこに打ってくるか分からない、そして受け身に回る。

初中級レベルの選手ですと、ストレートに展開するときに、身体が速く開いて腕だけ前に出ていくようなフォームになってしまいがち。

速い構えが出来て入れば、しっかり引き付けて打点を少し遅らせる「余裕」も出てきます。

まずはダウンザライン方向にバックハンドで展開する為にも、しっかり速い準備=テイクバックで、ボールの後ろに入りましょう。

 

3.ネットの高さは、「端にいくほと高い」ことを忘れないで!

もう一つ、注意したいのがネットの高さ。

ダウンザライン方向に打つ、つまりセンターベルトよりも離れた場所を通過させるので、ネットの高さは「最も高い位置」を通すことになるのです。

つまり、ある程度のリスクは覚悟しないといけません。

ここで怖いのは、速い直線的なボールを打とう、エースを狙おうとしてミスすること。

軌道をしっかり上げて、あくまで相手を走らせて展開させていくことがベスト。

もちろん浅いボールでアナタがコートの内側に入って打ちこめるようであれば、しっかり打っていって下さい。

 

フォアハンドのダウンザラインよりも、バックハンドは安定性を強化したい。

相手を走らせて、次のボールから攻撃していく意識でちょうど良いでしょう。

クロス方向へしっかり打つことが出来ていれば、平凡なダウンザラインのショットでもそれは大きな武器になります。

テニスの攻撃は、全てが組み合わせ次第。

ぜひ、試合でも組み合わせを意識して使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス ストローク

    ストローク

    試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

    ストロークのラリー戦で、厄介なこと。人それぞれでしょうが、誰で…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう

    高い打点と低い打点。皆さんはどんな打ち方で、ストロークを対応し…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?
  3. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう
  4. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について
  5. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
PAGE TOP