テニス ストローク

ストローク

「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。

でも、ただ狙うだけよりも「特徴を踏まえて」狙うことで、相手からよりチャンスを引き出しやすい。

まずは、片手なのか、両手打ちなのか。

このポイントは目で見てすぐに判断できますよね。

 

「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

 


 

■まず片手バックハンドの特徴から

学生の皆さんには少ないかも知れませんが、片手バックハンドを使う選手は男性プレイヤーに意外と多い。

スライス主体、スピン主体、色々あると思いますが、まずは片手の特徴をしっかり把握すること。

片手バックハンドはリーチが長いので、手を伸ばして最後の力でクイッと打てる。

しかも、両手と比べて回転量が多いのでスピンやスライスもボールがバウンドした後に跳ねて来る。

更に、ネットプレーを得意にしている選手も、片手バックハンドプレイヤーには多いですね。

弱点は高い打点。

特にストロークをスピン系で打つ選手は、肩より上は力が入り辛いので狙っていきましょう。

スライスで処理されることもあるでしょうが、そんなときは前に出てネットプレーを入れていくと効果的。

相手がつないでくる、のが分かったらすぐに前に詰めるのがテニスの試合では大事です。

 

■両手バックハンドの選手の特徴は・・・?

皆さんの中でも、自分も両手バックハンド、という方は多いんじゃないでしょうか。

まずはその安定感、が武器になる。

そして両手なので後ろから押せる、つまり多少打点が遅れても修正出来るし打ち負けないプレーが出来る。

ストロークで攻撃的なプレーが出来て、しかも粘れるのが特徴です。

ですが、浅いボールの処理は苦手な人が多い。

そしてネットプレーも・・・。

ですので、積極的にバックハンド側にドロップショットを打って相手を前に出す、と効果的に攻略出来るのが両手バックハンドの選手です。

リーチが短いのが弱点、とも書こうと思いましたが、足が速くてフットワークでカバ0ーしている選手がほとんどですから、あまり弱点にはならないでしょう。

とにかく両手バックハンドが得意な選手は、前におびき出すことが大事です。

 

■片手の選手も両手の選手も、バックハンドに欲しいのは安定感

アナタ自身、バックハンドを磨きたいと考えている方は多いはず。

分かります。

ですが、実際に試合で求められるのはまず安定感。

試合の中で、バックハンドを積極的に使うよりはやはり主役はフォアハンド。

この攻撃力を活かす為にも、まずはバックハンドをミスしない、相手に安易に攻撃されないようなレベルまで上げていきましょう。

具体的には、先ほど書いたような弱点、を克服すること。

速く激しい攻撃をバックハンド側から出来なくても、相手にさらけ出すような弱点にならないこと。

攻撃のことを考えていくのは、それからでも良いでしょう。

 

相手を観察して、攻撃していく。

でもその前に、ある程度の予測や傾向、統計的な部分を考えておくことは大事です。

だって、試合時間って短いし、あっという間に終わりますからね。

しっかり想定を立てて準備して、違っていたら頭を切り替える。

まぁでも、そんなに変わった選手はいないでしょう。

ほとんどの選手が、今回書いたような弱点、バックハンドに抱えていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ

    テニスの試合、ストロークに伸びが無い・・・と自分で感じることはあります…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上に持ち上げる」意識で…

    片手でバックハンドストロークを打っている方、何か悩んでいることはありま…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?

    フワーっとした、深いボール。それも、センター深くに入って来る。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる

    テニスの試合に出ているみなさんは、練習との違い、これを感じているはずで…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

    テニスを始めた当初、皆さん「ホームラン」に悩まされませんでしたか?…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニス部やサークルの後輩に指導するときには、「自分の言葉に説得力があるのか?」を…
  2. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事
  3. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?
  4. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅…
  5. サーブ

    正射必中、サーブも同じ
PAGE TOP