ストローク

ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

目次

ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。

そう、ネットプレイヤーに対抗しようという意識が強すぎると、ネットプレイヤーの罠にはまる。

改めて、本当に必要なショットが何かを考える。

そんなきっかけを与えてくれる機会になるのは、いつだって小さな失敗からです。

 

ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

 


 

1.相手がネットから離れていれば、ネット高めを通すのが鉄則

ネットプレイヤーに対して、意地になって足元に打つ必要は無い。

ましてや、相手がネットの近い位置にいるのであれば、「足元には打てない」のです。

でも実際、相手はネットの近く、50cm以内にいる機会はそんなに多くない。

それなのに、必死に低い軌道で、足元に足元に沈めようと思っている人が多いのには驚きです。

相手がネットから離れているのに、意地になってリスクを冒すのは愚の骨頂です。

高い軌道で充分、なときにはしっかり高い軌道でネット1メートルくらい上、を通すつもりで充分です。

 

2.「ネットプレイヤー」と一言でくくること、危険過ぎる!

確かにネットに出て来た相手には、力が入る。

でもちょっと待って下さい。

シングルスでもダブルスでも、ネットからどの程度の距離に相手がいるか・・・は、大事なポイント。

サービスライン付近に立っているのであれば、足元に打つのはたやすい。

ネット近く50cm以内にいるのであれば、足元に打つことは出来ない、その代わりにロブは簡単。

自分の打つショットは、相手のいる位置に応じて変えていかないといけない。

この事実を、もっと真剣に考えるべきです。

 

3.相手のポジションや戦術に応じて、良いショットも変わってくる

今回記事に書いたのは、「相手に応じて自分を変える」ことの重要性。

良いショットは「これだ!」という先入観が大きいと、ついどんな相手もそのショットで倒せると思ってしまう。

ですが、それは違う。

相手のポジショニング、戦術によって、良いショットも「通じない」ことが出て来る。

今回のような沈めるショット、相手のポジションによってはネット1メートル上でも充分通用する。

相手に応じてショットの良し悪しが変わる、ということは大事なテニスの要素です。

 

沈めるショットは確かに打ちたい。

だが、それは相手ポジションありき、のこと。

だからこそ、しっかり打つ場面、ショットの種類を的確に判断したい。

打つ前に、ふと相手を観てみる。

この一つの動作、間が、アナタの強さを作っていくことでしょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. ストローク

    「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!

    錦織選手の得意なショットでもある「トップスピンロブ」。テニスの…

  2. テニス ボレー
  3. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為…

  4. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

特集記事

  1. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコ…
  3. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
PAGE TOP