テニス ダブルス

練習メニュー

「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。

シンプルに横向きを作って打つ基本を身に付ける、シンプルな練習メニューを紹介します。

 

■人数:4~8人

■レベル:初級~上級

■目的:肩を入れたボレーでコースを隠して打ち分ける

 


 

【練習内容】

2対1のボレー対ボレーのラリー形式で行う。

2人の側から球出しをしてラリーを開始。

1人の側は意識して、強く身体を「横向き」を作ってボレーする。

最初は1人の選手の側のボレーをフォアかバックに限定し、限定したほうに2人の側がボールを集める。

慣れてくるとランダムに打ってOK。

意識するのは1人の側の選手が特に、「いつでも、どちらにでも打てる」体勢でボールに入ること。

 

【発展練習】

①2人の側が前後差を付けて、前衛と後衛の形を取る。

その中で1人の選手はコート半面、を守りながら低いボールは後衛へ、甘いボールは前衛へ打つようにして組み立てる。

ボレー対ボレーの早いテンポの中で、相手のポジションを見る余裕を持つ練習。

慣れてくれば、2人の側の前衛はポーチに出てもOK。

但しその場合、1人の選手はロブボレーを有りに解禁する。

そのロブボレーは、2人の側は必ず落下させずにノーバウンドで拾うこと。

 

②ポイント形式で、1人の選手の側が5ポイント獲るまで行う。

1球目の球出しを1人の選手の側の足元に打ってスタート。

ローボレー、またはハーフボレーで浮かないように返球。

2対1の苦しい状況で、しかも足元に打たれたところからラリーの中で挽回していく。

コースが隠せれば、2人を相手にしても怖くない。

慣れてくれば今度はハイボレーカットからスタート。

ハイボレーをストレート、またはクロスへしっかり打ち分ける技術を磨く。

 

③1人の選手の側の後ろに1人が立って、「左!、右!」と打つコースを声を出して指定する。

1人の側の選手は、その指定されたコースに必ず打つ。

肩を入れて、どこまで自分のポイントで引き付けられるかを練習する。

最初は少しゆっくりしたペースでラリーし、少しずつテンポアップしていく。

 

【ポイント】

肩を入れる、ラケットをセットするタイミングをなるべく早くし、脱力してボールを引き付けられるとGOOD。

また、ラケットワークを合理的に行うこと。

特にフォア、バック共に逆クロスへのボレーはラケットヘッドが下がっても良いので、しっかりボールの「内側」を捉えること。

そしてクロスはしっかりと「外側」を捉えることが一番のポイント。

ボレーボレーの基本練習から無意識にラリーするのではなく、相手のどこに打つのか、どちらにでも打てる体勢だったかを確認すると、ボレーの技術は飛躍的に向上する。

 

【メニュー作成者より一言】

「厚い当たり、薄い当たりって、どういう意味ですか?」 こんな質問を、初中級くらいの方からよく耳にする。

この感覚、ボレーでもすごく大切なんですが、なかなか感覚として覚えるのが難しい。

言葉にすると・・・厚い当たりというのは、ボールと接している面の面積が広い、薄い当たりはその逆で狭い・・・という感じ。

「シャカッ」と当たったボレーは、「薄い」当たりの場合が多い。

 

ハイボレーやローボレーでは、厚く当てるとどうしても飛び過ぎてアウトしてしまう。

だから調整するには、ボールの内側、外側を打つ必要がある。

しかしこの場合、ラケットを動かしていく方向とボールが飛んでいく方向に確度で差が付いてしまう・・・。

だからみんな、何となく怖くて打てない人が多いように思う。

 

今回紹介した練習で思いっきり薄く、横からラケットを当てるところからスタートして、是非感覚を養って欲しいです。

この薄い当たりのボレーが身に付くだけで、テニスが3倍は楽しくなるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

  2. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう

    テニスの練習、皆さんどんなことを「意識」出来ているでしょうか?…

  5. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

  6. テニス 試合

    練習メニュー

    大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

    みなさんの周りでも、いませんか?学生時代ならまだ許されたかも知…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物
  2. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
  3. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事
  4. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でと…
  5. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を
PAGE TOP