テニス サーブ

サーブ

「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。

自分の一人相撲で、8回サーブを打って終わり・・・という経験、誰でも一度や二度はあるはず。

セカンドサーブが入らない恐怖、におびえているだけ、では成長しないので、今回は緊急対応策を考えてみました。

 

「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

 


 

1.トスを自分に近くしてみる

まず多少打点が落ちても良いので、トスを自分の近くに上げてみましょう。

顔に近いほうが、やはりラケットの真ん中に当たりやすくなります。

トスも少し低めに、丁寧に上げる感覚にすると、比較的軌道が安定します。

 

2.しっかり腕は上げるように意識

打点は多少落ちても良い・・・と書きましたが、腕全体が縮こまってしまうと窮屈になります。

腕はしっかり、上に上げるようにしましょう。

特に「入れに行こう」とするとボールに触るだけのスィングになってしまいがちですので、しっかり上に振ること。

ゆっくりした山なりのサーブの軌道のイメージは、入らなくなったときに改めて確認するようにしましょう。

 

3.擦るのではなく、しっかりラケットに厚い当たりで当てる

男性にありがちなのが、「もっと回転をかけないと!」という意識から、ボールを擦り過ぎて飛ばなくなっているパターン。

この場合はしっかりボールに厚い当たりを加える必要があります。

「でも、それだとオーバーフォルトが怖い・・・」という方は、軌道を高めにして距離が確保できるワイドのコースを狙うこと。

しっかり上にボールを飛ばせば、重力も相まって結構サービスエリアに収まってくれます。

 

4.目標を置きやすい、相手のボディを狙ってみる

セカンドサーブが入らなくなって頭がパニックになると、狙う対象も定まらなくなります。

これでは入るサーブも入らない。

分かりやすく、リターンの相手の方向めがけてしっかり狙いは定めるようにしましょう。

そうすることで、多少ずれてもサービスエリアに入ってくれるサーブになってくれます。

 

5.複数のセカンドサーブを用意しておく

スピンとスライス、最低この2種類はしっかりセカンドサーブの球種として持っておきたいところ。

これは男性女性問わず、です。

どうしてもサーブが入らないときは、ちょっとずつ調整してもらちがあかないケースも多い。

思い切って「変更」できるオプションを、自分の中で持っておくようにしましょう。

 

今回の対策は、もちろん根本的な解決にはなっていません。

まず試合の中で、どう対応するかの話であり、普段から安定したセカンドサーブを磨く練習は必須です。

コツは、「大胆に変えること!」。

ぜひ下半身をしっかり使ったサーブ、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

  2. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるようになる!

    テニスはサーブが難しい。上のレベルの選手と一般の人のレベルの差…

  4. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  5. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

    自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。…

  6. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由について

    プロテニス選手がサーブを打つ時、しっかりボールを選んでいる。一…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  2. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  4. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法
  5. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい
PAGE TOP