テニス フットワーク

テニス知識

テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

皆さんは、フットワークのトレーニング、しっかり出来てますか?

何となくランニングはしてるけど、試合で使えるフットワークのトレーニングが出来ているかと言えば・・・結構不安、じゃないでしょうか?

テニス以外の様々なトレーニングでも使われている、「ラダー」と呼ばれる器具。

皆さんも見たことあると思いますが、実際に使ったことがある人は少ないんじゃないでしょうか。

これ、本当に使わないと損ですよ。

 

1.テニス以外のスポーツで多く使われる「ラダー」

私は学生時代、サッカー部から「おさがり」でもらってテニス部で使ってました。

紐でつくったような梯子状の線を、踏まないように細かいステップでまたいでいく。

これ、すごく地味ですがフットワークの基本となる部分がシンプルに鍛えられる。

コンパクトにまとめられるプリンス製、が今は発売されているので、テニス選手にとっても便利。

 

テニス フットワーク

出典:amazon

 

2.公園でも部活のコート脇でも大活躍

部活やサークルで持っておくのはもちろん、個人で持っておいて近くの公園でのフットワーク練習にも使えると思いますよ。

場所も長く、短くを調整出来ますし、このラダーは本当にたくさんの使い方があります。

ラケットを持たないフットワークの練習だけ、じゃなくて、実際にコートに設置して球出し練習のフットワークの入り方を練習したり・・・。

シンプルな用具なだけに、応用方法は無限大です。

 

 

工夫次第で、色々なトレーニングが出来ると思います。

もちろん、ジュニアや学生の皆さんにもお勧めです。

 

 

3.細かく速く動くフットワークが身に付く!

ラダーを使って、速く、正確に、細かく動くというフットワークを磨けば、テニスの試合でも活かせるはず。

何より、足を地面から離してまたすぐに着地する、このスピード感が一番テニスでは必要。

そこに目標となるラダーを置くことで、すごく明確になるんです。

ぜひ、チームや個人でタイムを計りながらトレーニングしてみて下さい。

同じ動きでも、どうやればより速く動けるようになるのか。

この動きは、本当に自分に適した動きなのか・・・を、タイムと向き合いながら自問自答していく。

ラケット動作も大事ですが、まずテニスはボールに良い形で入れないとその技術も活かされませんからね。

ぜひ、ラダートレーニング、皆さんの日々の練習の中に組み込んでみて下さい!

 

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス知識

    言葉の定義、テニスでも大事

    「ポーチ」と聞いて、みなさんはどんなプレーをイメージするでしょうか?…

  2. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

    みなさんは、テニスを続けている中で怪我に苦しんだとはありませんか?…

  3. テニス 居場所
  4. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「Protect J1…

    テニスの試合、練習が続いていくと、皆さんどこか身体に支障をきたしてくる…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

    普段の練習や、アナタのテニス知識、経験。でもそれって、試合で具…

  6. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5つの食べ物

    今回のウィンブルドン、ダニエル太郎選手は腹痛を訴えて敗退・・・になって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう
  4. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
PAGE TOP