テニス ストローク

リターン

ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

ミックスダブルスで、有効なリターン。

それは、スライスを上手く使ったリターンでしょう。

何となくは分かるけど、実際にどんなコースに、どんなタイミングで打てば良いのか。

今回はより具体的に、実際に私がミックスダブルスで使っているリターンをまとめてみました。

 

ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

 

1.スライスでストレートロブ

これは基本、ですね。

相手がサーブ&ボレー、してきても、雁行陣でも、一緒です。

とにかくスライスのストレートロブは本当に有効。

滞空時間が長いので、前衛に追い付かれてもOK。

出来ればバックハンド側に触らせて、相手を下げさせるような形を作りましょう。

リターン側の前衛は、その相手前衛の態勢を見て、詰めることも必要。

女性のバックハンドで触らせる、ときにはしっかり前に詰めてプレッシャーをかけましょう。

もし、サーブを打った後衛がカバーに走るようでも、一緒です。

しっかりロブを打った本人、リターンした人も前に入って、2人で攻勢を強めていきましょう、

良いロブは、その後の動きをセットにして初めて完成するのです。

 

2.スライスでクロス方向にドロップリターン

これは何度も、書いてきたリターンですね。

いきなりリターンからドロップショット気味に返球する。

特に、雁行陣が得意なベースラインプレイヤーには有効でしょう。

このリターン、すごくサーブ側の脳裏に刻まれるんですよ。

だから、相手はサーブにも集中出来なくなる。

浅いリターンの為に、打った後に走らないといけないなんて、憂鬱ですからね。

特に若い学生と対戦するときのベテランプレイヤーのみなさん、オススメです!

 

3.スライスの低いリターンを、相手前衛のボディに

これも、使えるリターンです。

スライスのリターン、低く滑る感じで相手の前衛にぶつけてみましょう。

正面、を突いていくようなショット、ですね。

相手が男性で身長が高い選手だと、ボディ周りのボレーは怪しい人が多い。

腕が長いと、さばきにくいんですよね。

スピンならミスになるところ、スライスだったら確実にネットを越えるはず。

沈めよう・・・とまで、欲を出さないで良いですよ。

スライスの遅いボール、を相手の正面に打つと思って下さい。

相手に決められる可能性もありますが、やってみる価値はあると思います。

 

4.クロスに普通に、スライスでリターンする

ただし、相手の前衛が女性のとき、だけです。

意識して、少しだけ前衛寄りにリターンを返球してみるんです。

これは、釣り球。

上手く手を出してくれて、そこからのチャンスを伺う。

相手の女性の前衛に、「やばい!手を出してしまった・・・」と思わせるのが作戦、です。

相手女性は、その性格にもよりますが後衛の男性に基本「お任せ」のような人が多いです。

そういう人に、無理やり参加してもらう。

このショット、相手ペアの仲を引き裂く意味でも効果的ですよ。

 

5.前に入ってクロスリターンダッシュ

これは、ぜひ基本として覚えて実践して欲しい。

いわば、1~4は少しアクセントを付けるショット。

まずはクロス方向に、しっかりスライスで打って前に出る。

ポーチが怖ければ、しっかりリターンの位置を上げれば大丈夫です。

腰が引けないように、しっかり腰からぶつけていく・・・。

クロス方向へスライスリターン、そのままボレーで並行陣を作ると、グリップチェンジも要らないし楽ですよ。

ぜひ、基本のリターンの中にスライスリターン、入れてみて下さい。

 

ミックスダブルスは、少しゆったり目に試合が進みますよね。

この空間を支配するために、ぜひリターンからスライスで良い「遅さ」を演出して欲しい。

きっと、相手も嫌なはずですよ。

何せ、スライスは打つギリギリまでコースも高さも読めない。

ミックスダブルスでのリターン、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  3. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと
  2. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  3. テニス 調子

    日々の雑記

    「恥」を知れば、テニスはもっと強くなる
  4. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
PAGE TOP