リターン

相手のサーブ攻略、意外と簡単です

相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。

シングルスでもダブルスでも、リターンが合わない時はどうすれば良いのか。

思い切って、相手の得意コースに張ってみる。

得意なコースを消せば、活路は見出せるはずです。

 

相手のサーブ攻略、意外と簡単です

 


 

1.必ず、リターンは合って来る

試合の中で、序盤にリターンが入らない。

これは、あまり気にしなくて良いと思います。

特に初対戦の相手であれば、合うまでに時間がかかると思って焦らないこと。

ラケットにしっかり当たらない、でもそのうち真ん中に当たるようになる。

それくらいの意識、で待ちましょう。

ラケットに当てるには、コースを読む必要もありますよね。

相手の気持ちになって考えれば、コースだって読めるようになります。

 

2.得意なコースには、連続で来る

相手のサーブが良いコースに入る。

例えば、センターに入ったとしましょう。

その次、同じ再度では・・・どうでしょう、普通に考えて同じコース、センターに来ますよね。

上手くいっていること、は変えたくないのが人の常。

特にサーブのような難しい動作は、良い感触を繰り返したい、乱したくないと思うのが自然です。

私だってそうです。

出来れば、良い感触で打てたサーブは、同じように再現したい。

だからこそ、リターンでは山を張りましょう。

同じコースに、また来ると。

 

3.良いサーブでも、先に動けば怖く無い

リターンは、どこに立って打っても良い。

先に動いて、相手の得意コースに先回りする。

相手のサーブを打つ立ち位置、ラケットの打点と角度、をしっかりと見る。

そうすれば、きっと自然と身体が動いてくれると思いますよ。

コーナーに入ったサーブは、取れない?

それは、アナタ自身気持ちが引いている証拠。

リターンは、先読みして動けば絶対に優位に立てるし、良いボールが打てます。

 

4.両コーナーに打てる選手は、そういない

本当に厳しいサーブを、センターとワイドにしっかり打てる。

そんな選手は、そういません。

プロ選手だって、得意なコースの逆は少し甘くなったりする。

だからこそ、アナタ自身は「相手の得意コースは少ない、繰り返される」と思って待ちましょう。

コーナーに入るサーブだって、何も怖く無い。

そう考えると、リターンは結構楽になりますよ。

 

当たらないリターン、どうやって試合中に挽回していくのか。

ある意味、開き直った予測が大事、だったりします。

強い相手なら、なおさらそうですね。

相手のナイスショット、絶対にもう一度来ます。

というか、そこしか打てないし、変えるのが怖いはずですから。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  2. テニス ストローク
  3. テニス 技術
  4. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  5. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

    リターンゲームから入って、まずは崩れないこと。これが、私がいつ…

  6. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しい…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ
  4. 戦術

    出来ていないこと、を受け入れていくことから
  5. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう
PAGE TOP