テニス ミス

リターン

高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

相手のサーブがめちゃめちゃ速い。

こういう時に、意識したいことって何でしょう。

リターンをまず返す?

でもそれ、大事ですけどしっかり返りますか?

リターンを返すことよりも、それより前に大事なことがあります。

それは、しっかりとジャッジすること。

出来ないと損する、負けるだけです。

 

高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

 


 

1.「見えない」は、無条件降伏と一緒

私はよく、これをコーチ時代に言って来ました。

高校生男子のクラスで、「相手のサーブが速くて、見えないんです」と、半ば愚痴のように言って来る生徒が多かったのを覚えています。

「うん、それは無条件降伏だね」と。

見えない=入っている、になってしまうのがテニス、なんです。

セルフジャッジも、立派な実力。

これは、誤魔化すとかそういう話ではなく、しっかり見えるということもその選手の力だということ。

そして、ダブルスなら連携プレーが大事なんです。

 

2.前衛は、サービスラインの横を担当する

リターンの選手が見えにくいのは、横のライン。

縦のラインは、結構見えやすいじゃないですか、リターンする選手でも。

でも、横のラインは見え辛い。

少しのフォルトは、ボールに隙間が隠れて入っているように見えますよね。

だからこそ、前衛の出番です。

前衛のペアが、この横のラインをしっかり見る。

こうやって担当を決めておけば、試合でもすごくスムーズにセルフジャッジが出来ます。

縦のラインは自分が見る、横のラインは前衛に任せる。

これで良いと思います。

 

3.前衛の人は、ボールを目で追わない!

これがコツです。

相手のサーブを、目で追う必要はありませんし、本当に速いサーブは見えない。

だから、相手がトスアップしたら、もうラインに目線を移してしまう。

そこで、入って来たボールをしっかり見る、首はほとんど動かさない。

これ、本当に速いサーブなら必要な工夫です。

縦はリターンの選手に任せていますから、前衛としては横のラインにだけ集中する。

出来れば真横から見たいですが、下がって2バックで待つなら少しでも前に入ってリターンの選手とは違う角度から見えるように調整する。

この意識だけで、かなり変わりますよ。

 

4.自信のあるジャッジが、ビッグサーバーを崩していく

自信を持って、大声でジャッジしましょう。

これが、相手にも伝わればきっとサーブ側も自信を無くしていく。

調子に乗らせない、しっかりフォルトはフォルト、と声を上げる。

当たり前のことだと思うかもしれないですが、結構草トーで怪しいところですよ、コレ。

見えなかったから・・・インで良いか・・・という人、多いと思いませんか?

見えないのは視力の問題じゃない。

意志の弱さと、工夫の無さが生んでいる闇の部分です。

 

厳しい口調になりましたが、それだけジャッジへの意識が甘い方が多い。

損をしている方が多いように感じます。

「見えない」というのは、無条件降伏と同じ。

ペアでセルフジャッジをしっかり出来る人は、それだけ強いということ。

実力関係無く、大事なことだと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  2. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

  5. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について

    リターンを安定させたい、でも攻撃もしたい・・・。試合に出ていれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  3. テニス ストローク

    戦術

    タイミングの早いテニスに対応するには、何が出来るだろう?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?
  5. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう
PAGE TOP