テニス ミス

リターン

高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

相手のサーブがめちゃめちゃ速い。

こういう時に、意識したいことって何でしょう。

リターンをまず返す?

でもそれ、大事ですけどしっかり返りますか?

リターンを返すことよりも、それより前に大事なことがあります。

それは、しっかりとジャッジすること。

出来ないと損する、負けるだけです。

 

高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

 


 

1.「見えない」は、無条件降伏と一緒

私はよく、これをコーチ時代に言って来ました。

高校生男子のクラスで、「相手のサーブが速くて、見えないんです」と、半ば愚痴のように言って来る生徒が多かったのを覚えています。

「うん、それは無条件降伏だね」と。

見えない=入っている、になってしまうのがテニス、なんです。

セルフジャッジも、立派な実力。

これは、誤魔化すとかそういう話ではなく、しっかり見えるということもその選手の力だということ。

そして、ダブルスなら連携プレーが大事なんです。

 

2.前衛は、サービスラインの横を担当する

リターンの選手が見えにくいのは、横のライン。

縦のラインは、結構見えやすいじゃないですか、リターンする選手でも。

でも、横のラインは見え辛い。

少しのフォルトは、ボールに隙間が隠れて入っているように見えますよね。

だからこそ、前衛の出番です。

前衛のペアが、この横のラインをしっかり見る。

こうやって担当を決めておけば、試合でもすごくスムーズにセルフジャッジが出来ます。

縦のラインは自分が見る、横のラインは前衛に任せる。

これで良いと思います。

 

3.前衛の人は、ボールを目で追わない!

これがコツです。

相手のサーブを、目で追う必要はありませんし、本当に速いサーブは見えない。

だから、相手がトスアップしたら、もうラインに目線を移してしまう。

そこで、入って来たボールをしっかり見る、首はほとんど動かさない。

これ、本当に速いサーブなら必要な工夫です。

縦はリターンの選手に任せていますから、前衛としては横のラインにだけ集中する。

出来れば真横から見たいですが、下がって2バックで待つなら少しでも前に入ってリターンの選手とは違う角度から見えるように調整する。

この意識だけで、かなり変わりますよ。

 

4.自信のあるジャッジが、ビッグサーバーを崩していく

自信を持って、大声でジャッジしましょう。

これが、相手にも伝わればきっとサーブ側も自信を無くしていく。

調子に乗らせない、しっかりフォルトはフォルト、と声を上げる。

当たり前のことだと思うかもしれないですが、結構草トーで怪しいところですよ、コレ。

見えなかったから・・・インで良いか・・・という人、多いと思いませんか?

見えないのは視力の問題じゃない。

意志の弱さと、工夫の無さが生んでいる闇の部分です。

 

厳しい口調になりましたが、それだけジャッジへの意識が甘い方が多い。

損をしている方が多いように感じます。

「見えない」というのは、無条件降伏と同じ。

ペアでセルフジャッジをしっかり出来る人は、それだけ強いということ。

実力関係無く、大事なことだと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  2. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  3. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

  5. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして磨いておこう!

    ダブルスの試合、色々考えることは必要ですが、まずシンプルにクロスに高い…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
  3. シングルス

    久々にシングルスを戦って感じたこと
  4. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  5. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
PAGE TOP