テニス ミス

リターン

高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

相手のサーブがめちゃめちゃ速い。

こういう時に、意識したいことって何でしょう。

リターンをまず返す?

でもそれ、大事ですけどしっかり返りますか?

リターンを返すことよりも、それより前に大事なことがあります。

それは、しっかりとジャッジすること。

出来ないと損する、負けるだけです。

 

高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

 


 

1.「見えない」は、無条件降伏と一緒

私はよく、これをコーチ時代に言って来ました。

高校生男子のクラスで、「相手のサーブが速くて、見えないんです」と、半ば愚痴のように言って来る生徒が多かったのを覚えています。

「うん、それは無条件降伏だね」と。

見えない=入っている、になってしまうのがテニス、なんです。

セルフジャッジも、立派な実力。

これは、誤魔化すとかそういう話ではなく、しっかり見えるということもその選手の力だということ。

そして、ダブルスなら連携プレーが大事なんです。

 

2.前衛は、サービスラインの横を担当する

リターンの選手が見えにくいのは、横のライン。

縦のラインは、結構見えやすいじゃないですか、リターンする選手でも。

でも、横のラインは見え辛い。

少しのフォルトは、ボールに隙間が隠れて入っているように見えますよね。

だからこそ、前衛の出番です。

前衛のペアが、この横のラインをしっかり見る。

こうやって担当を決めておけば、試合でもすごくスムーズにセルフジャッジが出来ます。

縦のラインは自分が見る、横のラインは前衛に任せる。

これで良いと思います。

 

3.前衛の人は、ボールを目で追わない!

これがコツです。

相手のサーブを、目で追う必要はありませんし、本当に速いサーブは見えない。

だから、相手がトスアップしたら、もうラインに目線を移してしまう。

そこで、入って来たボールをしっかり見る、首はほとんど動かさない。

これ、本当に速いサーブなら必要な工夫です。

縦はリターンの選手に任せていますから、前衛としては横のラインにだけ集中する。

出来れば真横から見たいですが、下がって2バックで待つなら少しでも前に入ってリターンの選手とは違う角度から見えるように調整する。

この意識だけで、かなり変わりますよ。

 

4.自信のあるジャッジが、ビッグサーバーを崩していく

自信を持って、大声でジャッジしましょう。

これが、相手にも伝わればきっとサーブ側も自信を無くしていく。

調子に乗らせない、しっかりフォルトはフォルト、と声を上げる。

当たり前のことだと思うかもしれないですが、結構草トーで怪しいところですよ、コレ。

見えなかったから・・・インで良いか・・・という人、多いと思いませんか?

見えないのは視力の問題じゃない。

意志の弱さと、工夫の無さが生んでいる闇の部分です。

 

厳しい口調になりましたが、それだけジャッジへの意識が甘い方が多い。

損をしている方が多いように感じます。

「見えない」というのは、無条件降伏と同じ。

ペアでセルフジャッジをしっかり出来る人は、それだけ強いということ。

実力関係無く、大事なことだと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. + POWER CUP について
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  2. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  3. テニス リターン
  4. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識すると改善出来る

    ダブルスの試合では、シングルスと違いリターンに「低さ」が求められます。…

  6. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、簡単そうで奥が深い
  2. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
  4. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう
PAGE TOP