テニス ストローク

リターン

2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。

速いし、際どいところに入りますからね。

それから、ダブルスだと実は相手の前衛、がすごく見えやすい位置に立っているじゃないですか。

そして、リターン側は2人とも後ろ・・・みたいなこと、男子ダブルスならよくある場面だと思いませんか?

 

2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

 

1.一番ジャッジが難しい、シチュエーションはコレ

ダブルスの試合で、相手のファーストサーブ、リターン側は2人とも後ろ。

この2バックの陣形って、男子ダブルスでは本当によくある陣形になりました。

相手のサーブが速いので、特にファーストサーブでは前衛も下がって待つ、ストローク戦になったら自信がある、ということでしょう。

でも、この場面で難しいのはジャッジ。

特に前衛がベースラインまで下がっていて、サービスラインを横に見るような立ち位置に前衛がいないので、難しいんですよね。

 

2.後ろから見ると、フォルトも入っているように見える

実際、後ろからボールを見ると、オンラインに見えるケースが多い。

サービスラインを少しオーバーしていても、ボールで隠れてしまいますよね、隙間の部分が。

だからフォルトのボールも入っているように、リターン側からは見えてしまう。

これを全てクリーンにジャッジ出来れば良いんですが、実際バウンド地点近くには立っていないので、結構あやふやなジャッジになりがち。

相手前衛、の方が見えている場合も多いですからね。

あくまでセルフジャッジなのでリターン側、の選手のジャッジが正なんですが・・・これは揉める元になる。

それをしっかり意識しておくだけで、かなり違うと思いますよ。

 

3.リターンしない側の選手、がしっかり横のラインを見ること

縦のラインは、リターンする本人でもよく見える。

2バックの陣形では、横のラインはしっかりリターンするパートナーの選手が見ておくようにしましょう。

つい下がっている状態だと、サーブをジャッジする、ということが頭から抜けるんですよね。

良いサーブ、だからこそしっかりジャッジしないとダメ。

2バックの状態、からでもしっかり見ておく癖、を付けることが大事です。

 

4.速いサーブを、希望的観測で見ていると間違える

つい、フォルトを期待してしまう。

そこが揉める元、ジャッジを間違えてしまう元、です。

「頼む、入らないでくれ!」と思っていると、オンラインのボールでもフォルト!と言いたくなってしまいますからね。

希望を入れて見ない、むしろ入って来いくらいの感覚で待つことが大事。

2バックにするくらい、相手のファーストサーブは強力な時、こそですね。

男子ダブルスの試合、セルフジャッジは難しくなる。

これだけでも覚えておいて、損は無いですよ。

 

前衛が横から見る、のが一番正確なのは言うまでもありませんね。

でも、男子ダブルスの試合で、下がらないといけないような場面はありますから。

この時に、ジャッジの気持ちまでパートナーが無くしてしまわないように。

しっかり意識すること、が大事です。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えています…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

    ダブルスの試合で、相手が並行陣。こういう相手には、どういうリタ…

  3. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

    速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌…

  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  6. テニス 準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事
  2. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題に…
  3. ロブ

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使ってい…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
  5. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力…
PAGE TOP