テニス ストローク

リターン

2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。

速いし、際どいところに入りますからね。

それから、ダブルスだと実は相手の前衛、がすごく見えやすい位置に立っているじゃないですか。

そして、リターン側は2人とも後ろ・・・みたいなこと、男子ダブルスならよくある場面だと思いませんか?

 

2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

 

1.一番ジャッジが難しい、シチュエーションはコレ

ダブルスの試合で、相手のファーストサーブ、リターン側は2人とも後ろ。

この2バックの陣形って、男子ダブルスでは本当によくある陣形になりました。

相手のサーブが速いので、特にファーストサーブでは前衛も下がって待つ、ストローク戦になったら自信がある、ということでしょう。

でも、この場面で難しいのはジャッジ。

特に前衛がベースラインまで下がっていて、サービスラインを横に見るような立ち位置に前衛がいないので、難しいんですよね。

 

2.後ろから見ると、フォルトも入っているように見える

実際、後ろからボールを見ると、オンラインに見えるケースが多い。

サービスラインを少しオーバーしていても、ボールで隠れてしまいますよね、隙間の部分が。

だからフォルトのボールも入っているように、リターン側からは見えてしまう。

これを全てクリーンにジャッジ出来れば良いんですが、実際バウンド地点近くには立っていないので、結構あやふやなジャッジになりがち。

相手前衛、の方が見えている場合も多いですからね。

あくまでセルフジャッジなのでリターン側、の選手のジャッジが正なんですが・・・これは揉める元になる。

それをしっかり意識しておくだけで、かなり違うと思いますよ。

 

3.リターンしない側の選手、がしっかり横のラインを見ること

縦のラインは、リターンする本人でもよく見える。

2バックの陣形では、横のラインはしっかりリターンするパートナーの選手が見ておくようにしましょう。

つい下がっている状態だと、サーブをジャッジする、ということが頭から抜けるんですよね。

良いサーブ、だからこそしっかりジャッジしないとダメ。

2バックの状態、からでもしっかり見ておく癖、を付けることが大事です。

 

4.速いサーブを、希望的観測で見ていると間違える

つい、フォルトを期待してしまう。

そこが揉める元、ジャッジを間違えてしまう元、です。

「頼む、入らないでくれ!」と思っていると、オンラインのボールでもフォルト!と言いたくなってしまいますからね。

希望を入れて見ない、むしろ入って来いくらいの感覚で待つことが大事。

2バックにするくらい、相手のファーストサーブは強力な時、こそですね。

男子ダブルスの試合、セルフジャッジは難しくなる。

これだけでも覚えておいて、損は無いですよ。

 

前衛が横から見る、のが一番正確なのは言うまでもありませんね。

でも、男子ダブルスの試合で、下がらないといけないような場面はありますから。

この時に、ジャッジの気持ちまでパートナーが無くしてしまわないように。

しっかり意識すること、が大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

  2. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは?

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

  3. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  4. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

    ダブルスが上手い選手は、リターンが上手い。これは、何度か書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  2. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    リターンした相手の逆を突く、ポーチボレーはコース勝負でいこう!
  4. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?
PAGE TOP