テニス サーブ

リターン

切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。

これは、上のレベルの試合ではきっとよくある話。

でも、皆さんとしてしっかり対策、出来てますか?

本気で県内上位に進出する、ことを目指すのであれば、きっと避けては通れないのがこのサーブ対策の問題。

特に切れ味鋭いサーブ、への対策は絶対に必要でしょう。

 

切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

 

1.一番の差は、バウンド後の切れ味

強い選手と試合で対戦する。

そのときに、まず感じること、いつもとの差、はココじゃないでしょうか。

相手のサーブがバウンドした後の切れ味、勢いに押されてしまう。

スライスサーブ、スピンサーブ、これはしっかり対策として立てて準備しておかないと試合にならない。

これくらいの意識が大事です。

アナタの部活やサークル、チームに、こういった危機感はありますか?

 

2.試合にならないのは、リターンが返らないから

格上相手で試合にならない、競ることも出来ない理由は明白です。

それは、リターンが返らないから。

アナタ自身のサーブが良ければ、さほどブレイクされることも無いかも知れません。

でも、格上の選手、安定したシード選手はサーブが良い。

その回転量が多いサーブを返球出来ないから、試合にならないケースがほとんどでしょう。

なぜ、リターンが出来ないのか、返球がコートに収まらないのか。

結局それって、「周りに同じくらいのサーブを打つ選手がいない」に尽きるんじゃないですかね?

 

3.徹底した回転系サーブ対策を、実践しよう!

私が大学時代には、こういう練習をしていました。

ベンチを持って来てサービスラインくらいに置く、その上から、「回転量」だけすごく与えたサーブを打つ。

思いっきりスライス、思いっきりスピン。

ただし、球速はそこまで速くしないで良い。

回転量が多く、バウンド後にしっかりキックしたり滑ったりするボールを、徹底して高い位置から打つ。

それをひたすら、リターンする。

出来れば、リターンも浮かないように、ダブルスであればストレートにも打てるように練習する。

これくらいの覚悟、が大事でしょう。

普通のサーブ練習では、アナタのチームのレベルのサーブ、しか打つことは出来ない。

ということは、リターン練習もそこまでしか出来ないということ。

この現実を、しっかり受け止めて工夫することが大事です。

 

4.サーブを打つ側も回転をかける練習、にもなる

これはリターンの練習だけじゃない。

ネットの近くから、回転量が多いサーブを打つ、これも良い練習になる。

意外と、ネットの近くからでもしっかり回転をかけてサーブを入れるのって、難しいですよ。

良いリターン練習にしていく為には、良いサーブの球出しが必要。

これは、しっかり意識してチーム全体で取り組んで欲しい課題、です。

格上選手に自分がなったつもりで、サーブを近づけて打てるように。

バウンド後の回転、しっかり自分でチェックしてみて下さい。

ネット近くから打てれば、きっとベースラインからだって打てるようになるはずです!

 

リターン練習は、思い切った工夫が大事。

思い切った工夫、つまりは、アナタのチームで「打てないサーブ」まで繰り出してしまうような工夫、です。

強い相手のサーブ、切れ味鋭いサーブを、どう攻略していくのか。

ここを避けては通れない。

それくらいの覚悟で、ぜひチームとして挑んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  2. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  3. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  5. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

    必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。アナタ自身が試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント
  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    「スライスって使ってる?」改めてテニスの試合で活きるメリットに着目してみました
  3. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう
PAGE TOP