テニス メンタル

メンタル

隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

目次

これは、覚悟の問題だと思います。

草トーの大会や、市民大会、学生の皆さんのテニスの公式戦・・・でも、起こりうること。

なのに、しっかり準備しないで試合に入って、ペースを乱してしまう。

そういうの、もう卒業しませんか?

実力よりも、意識次第だと思いますよ。

 

隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

 

1.単独コートで出来る試合なんて、少ない

きっと、皆さんも経験少ないはずです。

ハッキリ1面だけ、区切られた空間での試合。

私の地元の広島では、そういう会場もいくつかありましたが・・・ほとんどのコートは数面が横並び、の仕様なはず。

隣で試合をやっていることもあれば、練習をしているケースもあるでしょう。

当然、後ろからボールが入って来たりしてレット、のコールがかかることも何度もあるはずです。

「わかっちゃいるけど・・・」と、思う方も多いでしょう。

強い人は、こういうことでリズムを崩さない。

その強さ、アナタ自身身に付けていかないといけないのです。

 

2.マッチポイントのチャンスボールでレット、だって有り得る

極論、そうですからね。

6-6のタイブレーク、6-5リードのマッチポイントで、レットになるかも知れない。

大事なのは、アナタ自身それにどう対応するのか。

もちろん、レットのコールをかけるのは相手側、なはず。

アナタ自身は、自分がもしチャンスなら徹底的に攻撃し切って、ポイントを遂行すること。

まずはココに、しっかり意識を向けないといけない。

相手のレットのコール、が大事なポイントでかかっても、動じない。

いや、ショックはショックだと思いますよ。

でも、これはテニスでは起こり得ること、ですからね。

試合会場に着いた段階で、周りを観察して覚悟しておくこと。

この時間を作るだけで、きっとアナタはメンタルが強い選手、になれると思うんです。

 

3.レットだけじゃない、色々なことがあるのがテニスの試合

テニスの試合って、アクシデントや中断は付き物、だと思っておく。

天候もそうですし、相手が負傷するかも知れない。

ボールが外に飛んで、探しに走っていかないといけないかも知れない。

そう考えると、レット以外にも試合が中断したり、コートを移動したりということは、いつでも起こり得る。

そう覚悟を決めて、試合に臨む。

アナタ自身、まだまだ試合を一定のリズムで進めたいという意識が強いと思うんですよね。

変化に弱い人は、試合で勝てない。

それくらいの覚悟、が大事でしょう。

 

4.予定が変わることも、想定内で済ませよう

テニスの試合だけじゃない、でしょう。

試合以外の部分、例えばいきなりその日の予定が変わる、アクシデントが起こることは、身近な生活の中でもたくさんあること。

普段から、想定内で事を進めていくこと、に慣れておくこと。

予定が変わっていくことに強くなると、試合でたくましさが生まれると思います。

変な負け方、が無くなるだけで、試合を勝ち進可能性は高くなる。

これって、大事なことですよ。

天候に移動、レット・・・で、崩れていく人、テニス選手で多いと思いませんか?

 

試合の中で、特に良い感じで進んでいるときですね。

変な間が出来ることは、覚悟しておく。

その気になれば、相手選手だって靴紐を結び直すくらいやって来ますからね。

アナタ自身、それくらい「想定内」じゃないと。

これも大事な試合の準備、なはずですよ。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない

    メンタルが弱い、自分でもそう思っている人はテニス選手でも多い。…

  2. メンタル

    集中力を高めて、ミスを減らすには?

    基本的なミスを、減らしたい。誰もが、テニスの試合で考えること…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

  4. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がします

    よく前向きな思考は、全てに必要・・・みたいなことを言われます。…

  5. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう
  4. 戦術

    実力を上げたいなら、ルーティーンを変えよう
  5. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り
PAGE TOP