テニス メンタル

メンタル

隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

これは、覚悟の問題だと思います。

草トーの大会や、市民大会、学生の皆さんのテニスの公式戦・・・でも、起こりうること。

なのに、しっかり準備しないで試合に入って、ペースを乱してしまう。

そういうの、もう卒業しませんか?

実力よりも、意識次第だと思いますよ。

 

隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

 

1.単独コートで出来る試合なんて、少ない

きっと、皆さんも経験少ないはずです。

ハッキリ1面だけ、区切られた空間での試合。

私の地元の広島では、そういう会場もいくつかありましたが・・・ほとんどのコートは数面が横並び、の仕様なはず。

隣で試合をやっていることもあれば、練習をしているケースもあるでしょう。

当然、後ろからボールが入って来たりしてレット、のコールがかかることも何度もあるはずです。

「わかっちゃいるけど・・・」と、思う方も多いでしょう。

強い人は、こういうことでリズムを崩さない。

その強さ、アナタ自身身に付けていかないといけないのです。

 

2.マッチポイントのチャンスボールでレット、だって有り得る

極論、そうですからね。

6-6のタイブレーク、6-5リードのマッチポイントで、レットになるかも知れない。

大事なのは、アナタ自身それにどう対応するのか。

もちろん、レットのコールをかけるのは相手側、なはず。

アナタ自身は、自分がもしチャンスなら徹底的に攻撃し切って、ポイントを遂行すること。

まずはココに、しっかり意識を向けないといけない。

相手のレットのコール、が大事なポイントでかかっても、動じない。

いや、ショックはショックだと思いますよ。

でも、これはテニスでは起こり得ること、ですからね。

試合会場に着いた段階で、周りを観察して覚悟しておくこと。

この時間を作るだけで、きっとアナタはメンタルが強い選手、になれると思うんです。

 

3.レットだけじゃない、色々なことがあるのがテニスの試合

テニスの試合って、アクシデントや中断は付き物、だと思っておく。

天候もそうですし、相手が負傷するかも知れない。

ボールが外に飛んで、探しに走っていかないといけないかも知れない。

そう考えると、レット以外にも試合が中断したり、コートを移動したりということは、いつでも起こり得る。

そう覚悟を決めて、試合に臨む。

アナタ自身、まだまだ試合を一定のリズムで進めたいという意識が強いと思うんですよね。

変化に弱い人は、試合で勝てない。

それくらいの覚悟、が大事でしょう。

 

4.予定が変わることも、想定内で済ませよう

テニスの試合だけじゃない、でしょう。

試合以外の部分、例えばいきなりその日の予定が変わる、アクシデントが起こることは、身近な生活の中でもたくさんあること。

普段から、想定内で事を進めていくこと、に慣れておくこと。

予定が変わっていくことに強くなると、試合でたくましさが生まれると思います。

変な負け方、が無くなるだけで、試合を勝ち進可能性は高くなる。

これって、大事なことですよ。

天候に移動、レット・・・で、崩れていく人、テニス選手で多いと思いませんか?

 

試合の中で、特に良い感じで進んでいるときですね。

変な間が出来ることは、覚悟しておく。

その気になれば、相手選手だって靴紐を結び直すくらいやって来ますからね。

アナタ自身、それくらい「想定内」じゃないと。

これも大事な試合の準備、なはずですよ。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない

    試合でチャンスを活かせる人。例えばたまにしか来ないようなブレイ…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  3. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする

    「最近練習、出来ていなくて・・・」「まだ今年、テニスが3回目で…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます
  3. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  5. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
PAGE TOP