テニス メンタル

メンタル

テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。

学生、一般限らず、試合で勝てそうなオーラを出している選手って、なかなか少ない。

もちろん、現実的に考えて勝つのが難しい・・・ような相手との試合は、気持ち的にも厳しいのは理解できます。

ですが、余りに自信が無そうな人を見ると、こんなメッセージを贈りたくなる。

学生の皆さん、一般社会人、ベテランで頑張る皆さん、もっとアナタ自身の良さに目を向けましょう。

 

テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

 


 

■自分のテニスの良さや強みは、必ず有る

試合に出て負ける、練習で上手くいかない、失敗続きで怪我も多い・・・。

テニスを続けていると、泣きたくなるようなことばかり。

ですが、アナタ自身で絶対に忘れて欲しくないことは、アナタ自身のテニスの良さであり強み。

「それが何か分からない」という人は、まず本気で自分のテニスについて考えてみる。

自分が写った動画を観てみる、人に話を聞いてみる。

一人で悶々と考えていても、絶対に良い方向にはいきません。

テニスの試合で勝てなければ全てがダメ、という発想こそダメだしもったいないのです。

 

■自分の強みが分かれば、コンプレックスに対抗出来る

自分の強みが分からない人は、周りをうらやむことが中心になる。

私は、このコンプレックスもテニスを上達させていくうえで大事な要素だと思っていますが、それだけだと意味が無い。

自分の「強み」を知ることで、コンプレックス、劣等感を克服出来ると思っています。

むしろ、自分の強みが分かれば弱みだって武器に出来る。

なぜなら強みと弱み、長所と短所なんて紙一重の差。

考え方の違いなんですから。

 

■対戦相手に抱くコンプレックスは、「相手の弱み」と考えよう

私は試合中、こう考えるようにしています。

例えば、サーブがめちゃくちゃ速くて凄い、キープ率も高いような相手と対戦したときに、一瞬はコンプレックスに感じる。

「自分には、こんなサーブは打てないなぁ・・・」と。

でも次の瞬間には、「このサーブさえ崩せば、きっと相手は手詰まりになるな」と思うようにしています。

実際に、サーブが良い選手ほど、それを攻略されると弱い。

サーブが良いことで、ストロークやボレーを鍛える機会が少ないとも言える。

この考え方には、「自分はリターンが得意だ!」という意識が背景に働いている。

そう、自分の強みを理解しておけば、相手に抱くコンプレックスなんて怖くないのです。

 

今回はサーブとリターンを例に出しましたが、もっとたくさんの事例がアナタの周りにはあるはず。

自分の強み、武器、良さ・・・きっと過小評価して埋もれてますよ。

もったいないので、今すぐ掘り出して、試合で使っていきましょう。

掘って掘って、覗いていく作業が、アナタには足りないと私は思います。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. メンタル

    試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

    試合でなかなか、結果が出ない。自分らしいプレーも出来ないで、モ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

    自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる

    ちょっと、イメージしてみて下さい。大事なテニスの大会、目標にし…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルとは、テクニック

    受験やテスト、と同じ。知識を活かす、メンタルも私は同じだと思…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい

    「テニス鬱」という言葉、聞いたことはありますか?恐らく無い、と…

  6. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

    テニスボールは、とても正直。私は、また最近そう感じています。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよ…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る
  3. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    前衛が攻めて後衛が守る、だけがダブルスじゃない
  5. ストローク

    足下に鋭く沈めるストローク、肘の位置をキープ!
PAGE TOP