テニス メンタル

メンタル

テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。

学生、一般限らず、試合で勝てそうなオーラを出している選手って、なかなか少ない。

もちろん、現実的に考えて勝つのが難しい・・・ような相手との試合は、気持ち的にも厳しいのは理解できます。

ですが、余りに自信が無そうな人を見ると、こんなメッセージを贈りたくなる。

学生の皆さん、一般社会人、ベテランで頑張る皆さん、もっとアナタ自身の良さに目を向けましょう。

 

テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

 


 

■自分のテニスの良さや強みは、必ず有る

試合に出て負ける、練習で上手くいかない、失敗続きで怪我も多い・・・。

テニスを続けていると、泣きたくなるようなことばかり。

ですが、アナタ自身で絶対に忘れて欲しくないことは、アナタ自身のテニスの良さであり強み。

「それが何か分からない」という人は、まず本気で自分のテニスについて考えてみる。

自分が写った動画を観てみる、人に話を聞いてみる。

一人で悶々と考えていても、絶対に良い方向にはいきません。

テニスの試合で勝てなければ全てがダメ、という発想こそダメだしもったいないのです。

 

■自分の強みが分かれば、コンプレックスに対抗出来る

自分の強みが分からない人は、周りをうらやむことが中心になる。

私は、このコンプレックスもテニスを上達させていくうえで大事な要素だと思っていますが、それだけだと意味が無い。

自分の「強み」を知ることで、コンプレックス、劣等感を克服出来ると思っています。

むしろ、自分の強みが分かれば弱みだって武器に出来る。

なぜなら強みと弱み、長所と短所なんて紙一重の差。

考え方の違いなんですから。

 

■対戦相手に抱くコンプレックスは、「相手の弱み」と考えよう

私は試合中、こう考えるようにしています。

例えば、サーブがめちゃくちゃ速くて凄い、キープ率も高いような相手と対戦したときに、一瞬はコンプレックスに感じる。

「自分には、こんなサーブは打てないなぁ・・・」と。

でも次の瞬間には、「このサーブさえ崩せば、きっと相手は手詰まりになるな」と思うようにしています。

実際に、サーブが良い選手ほど、それを攻略されると弱い。

サーブが良いことで、ストロークやボレーを鍛える機会が少ないとも言える。

この考え方には、「自分はリターンが得意だ!」という意識が背景に働いている。

そう、自分の強みを理解しておけば、相手に抱くコンプレックスなんて怖くないのです。

 

今回はサーブとリターンを例に出しましたが、もっとたくさんの事例がアナタの周りにはあるはず。

自分の強み、武器、良さ・・・きっと過小評価して埋もれてますよ。

もったいないので、今すぐ掘り出して、試合で使っていきましょう。

掘って掘って、覗いていく作業が、アナタには足りないと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

    「プライド」っていう言葉は難しい。全く無いと競った試合で自分を…

  2. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

    練習と試合の違い。私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと…

  3. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

  4. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い

    普段生活していると、もう嫌というほど情報が入って来ますよね。…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  6. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い

    試合の中で、怖いもの。それは相手でも無いし、負けた後のコーチで…

特集記事

  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
  4. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  5. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
PAGE TOP