テニス サーブ

戦術

勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。

身内の試合でも、外部の試合でも。

対策される、ということは、非常に嬉しいこと。

テニス界にとって、アナタが認められたということです。

それは、どんな小さいなカテゴリ、世界であっても、です。

勝ち始める、ということは、こういうことですから。

 

勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

 

1.思った以上に、世の中負けず嫌いが多い

誰だって、負けるのは嫌。

でも、それでも試合ですから、負ける人が出来るのがテニスの世界です。

市民大会でも、身内のゲームでも一緒。

勝ち、負けは、変わらない。

みんな、負けたら悔しい。

だからこそ、次は勝ちたいと思う。

勝ちたいと思って、変えて来るのは当たり前なんです。

それを、どんと来い、と迎えられるように。

それだけの価値がある、ということです、アナタのテニスには。

だからこそ、しっかり受け止めましょう、負けず嫌いな人達の想いを。

 

2.トップの選手が、いつだって一番努力している

これは、テニスに限った話ではないでしょう。

きっと、身の周り、仕事や勉強だって同じはず。

トップの選手が、そのカテゴリの中では一番努力している、考えている、アクションを起こしている。

だからこそ、変わっていける。

アナタ自身、トップの選手になれているかどうかは別として、追われる立場になったら同じようなモノ。

下の選手以上に、努力しないといけない。

だからこそ、強くなるんですよ、テニスが。

勝ちたいんじゃなくて、負けたくない。

そういう意識が、人を強くしていくものですから。

 

3.対策されるのは、認められた証

同じ試合の中、でもそうですよね。

自分たちの策に、対策をされる。

これは、本当に嬉しいこと、でしょう。

だって、相手がアナタ自身を認めてくれた訳ですから。

だからこそ、慌てない、まずは受け止める。

そして、その対策を凌駕していく自分、を鍛えておく。

それが練習、ですよ。

自分が出来る事だけやっていても、当然進歩は無い。

相手を想像しながら、新しい自分を鍛えていく。

だからトップの選手は、どんどん強くなっていくんですよ。

 

4.強くならないといけない理由、ありますか?

試合に勝ちたい、と考えている、みなさん。

だからこそ、強くならないといけない理由、考えましょう。

アナタが、勝ち続けないといけない理由。

「そんなの、無いよ!」と思った方も、考えてみて下さい。

強くならないといけない、そう考えられるようになれば、アナタはきっと強くなれる。

何歳になろうが、アナタが勝たないといけない理由、あるはずです。

その為の、T-PRESSでありたいと思っています。

 

大げさな話?ですかね。

まだまだ自分は、「挑戦者」だと思ってますか?

もちろん、そういう方も多いでしょう。

ですが、必ず近いうちにステップを上がっていきます、アナタ自身。

そう、目標にされたり追われる立場、になるはずなんです。

それこそまさに、アナタ自身を強くしてくれる環境、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう

    試合の中で、流れが悪く調子が上がらないとき。そんなときに、「何…

  2. 戦術

    フォローして来る相手を、外す技術を

    フォローしてくる相手、つまりボールを打った方向に詰めて来る相手。…

  3. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い

    試合に勝つために準備していざ試合!となっても、リードを奪ってからの試合…

  4. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  6. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します

    ダブルスの試合、前衛が動きたいけど・・・ストレートを抜かれるのも、怖い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくては…
  4. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう
  5. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう
PAGE TOP