テニス サーブ

戦術

勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。

身内の試合でも、外部の試合でも。

対策される、ということは、非常に嬉しいこと。

テニス界にとって、アナタが認められたということです。

それは、どんな小さいなカテゴリ、世界であっても、です。

勝ち始める、ということは、こういうことですから。

 

勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

 

1.思った以上に、世の中負けず嫌いが多い

誰だって、負けるのは嫌。

でも、それでも試合ですから、負ける人が出来るのがテニスの世界です。

市民大会でも、身内のゲームでも一緒。

勝ち、負けは、変わらない。

みんな、負けたら悔しい。

だからこそ、次は勝ちたいと思う。

勝ちたいと思って、変えて来るのは当たり前なんです。

それを、どんと来い、と迎えられるように。

それだけの価値がある、ということです、アナタのテニスには。

だからこそ、しっかり受け止めましょう、負けず嫌いな人達の想いを。

 

2.トップの選手が、いつだって一番努力している

これは、テニスに限った話ではないでしょう。

きっと、身の周り、仕事や勉強だって同じはず。

トップの選手が、そのカテゴリの中では一番努力している、考えている、アクションを起こしている。

だからこそ、変わっていける。

アナタ自身、トップの選手になれているかどうかは別として、追われる立場になったら同じようなモノ。

下の選手以上に、努力しないといけない。

だからこそ、強くなるんですよ、テニスが。

勝ちたいんじゃなくて、負けたくない。

そういう意識が、人を強くしていくものですから。

 

3.対策されるのは、認められた証

同じ試合の中、でもそうですよね。

自分たちの策に、対策をされる。

これは、本当に嬉しいこと、でしょう。

だって、相手がアナタ自身を認めてくれた訳ですから。

だからこそ、慌てない、まずは受け止める。

そして、その対策を凌駕していく自分、を鍛えておく。

それが練習、ですよ。

自分が出来る事だけやっていても、当然進歩は無い。

相手を想像しながら、新しい自分を鍛えていく。

だからトップの選手は、どんどん強くなっていくんですよ。

 

4.強くならないといけない理由、ありますか?

試合に勝ちたい、と考えている、みなさん。

だからこそ、強くならないといけない理由、考えましょう。

アナタが、勝ち続けないといけない理由。

「そんなの、無いよ!」と思った方も、考えてみて下さい。

強くならないといけない、そう考えられるようになれば、アナタはきっと強くなれる。

何歳になろうが、アナタが勝たないといけない理由、あるはずです。

その為の、T-PRESSでありたいと思っています。

 

大げさな話?ですかね。

まだまだ自分は、「挑戦者」だと思ってますか?

もちろん、そういう方も多いでしょう。

ですが、必ず近いうちにステップを上がっていきます、アナタ自身。

そう、目標にされたり追われる立場、になるはずなんです。

それこそまさに、アナタ自身を強くしてくれる環境、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

    相手のボールを予測する。これって、上級者だけがなせる技、でしょ…

  3. 戦術

    コートと喧嘩しちゃ、試合に勝てない

    「あ、この試合は勝ったな」と思う瞬間。色々ありますが、私は相…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

  5. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

  6. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う

    ふと昨日、テレビを観ていた中で感じたこと。自分のプロフィール写…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい
  2. フットワーク

    良いショット、の後に良い〇〇
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバラ…
  4. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つ…
  5. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4…
PAGE TOP