テニス メンタル

戦術

何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

何かを変える、変える必要があると感じている方。

間違いなく、テニスは伸びます。

ただし、こういう自分との葛藤があるかも知れません。

その葛藤こそ、成長へのステップ。

ほとんどの人が、これが出来ないから前に進めない。

テニスを通じて、私たちは変身出来るチャンス、をもらっていると考えましょう。

 

何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

 


 

1.大胆に変える、ことが出来ない一番の理由

理由は、簡単です。

変わっていく自分が怖い、失うものが明確なのに得るものは見えない。

過去の自分を否定しているように感じて、一歩が踏み出せないだけ、なんです。

テニスが上手くなりたい、そう考えている人は多いですし、読者のみなさんがそうでしょう。

「変わらないといけない」と考えていても、どこかで過去の自分を否定しているように感じてしまう。

そんな方がいれば、声を大にして言いたいことがあります。

その考え方は、真逆で良いんです。

 

2.過去を肯定するから、自分を変えることが出来る

例えば明日から、バックハンドを両手から片手にする。

大胆な変更ですよね。

それが吉と出るか、凶と出るかは分かりません。

少なくとも、変えた瞬間には分からない。

でも、片手バックハンドに変えたからと言って、「両手打ちだった過去」がムダな時間で損をした、とはならないはず。

むしろ、迷いながら両手バックで悶々と続けてしまうこと自体が、自分を否定していることにつながる。

自分を信じ切れない、だから勇気が出ない。

自分の過去、今までのテニスを肯定するからこそ、「よし!チャレンジしてみようか!」となる訳です。

 

3.上手くなるとは、「変わる」ということ

以前にも書きましたが、上達するとは変わるとうことです。

アナタ自身が、変わる。

だからそれが結果的に技術の向上になり、試合運びが上手くなり、勝てるようになる。

今のフォームや戦術を、突き詰めていくことが上手くなる、と勘違いしていませんか?

強い人ほど、上手い人ほど、どんどん貪欲に自分を変えていける。

その変身能力が高いんです。

みんな、気付いてるんですよ。

「変わる」ということこそ、自分を劇的に成長させる薬だということを。

 

4.テニスという場で、変身資産を養おう

これは、何もテニスに限った話ではありません。

勉強や仕事、恋愛やプライベートでも同じ。

私たちは、大きく動く時代の中で常に変化していかないと、生き残れない。

生き残れない、というのは大げさかも知れませんが、自己実現は出来ないでしょう。

テニスという場を通じて、自分を変える術を身に付けていく。

そうすれば、間違いなくコート以外の場所でも、客観的に率直に、自分と向き合えるようになれるはず

そして、必要とあれば変身することを迷わず実行する。

変身資産、がある人生って、私は幸せだと思いますよ。

過去の自分を否定する訳ではない、むしろ肯定するからこそ、変えていける。

私自身も、そう有りたいと思っています。

 

周りから何を言われても、自分が良いと思うことを貫く。

そういう自己中さ、大事です。

変身しようとしている人は、自己中に映るんですよ、周りから。

それはただの、変身できない人のねたみでしかない。

今年も残りあと2ヵ月ですね。

まだまだ年内に、T-PRESSも変身していきます。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ

    「調子が上がらないで、負けた・・・」という試合、多くないですか?…

  2. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  4. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

  5. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

  6. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?

    私は、練習でこのシチュエーションで試合をしてました。最初は先輩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
  3. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いてい…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
PAGE TOP