テニス メンタル

戦術

何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

目次

何かを変える、変える必要があると感じている方。

間違いなく、テニスは伸びます。

ただし、こういう自分との葛藤があるかも知れません。

その葛藤こそ、成長へのステップ。

ほとんどの人が、これが出来ないから前に進めない。

テニスを通じて、私たちは変身出来るチャンス、をもらっていると考えましょう。

 

何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

 


 

1.大胆に変える、ことが出来ない一番の理由

理由は、簡単です。

変わっていく自分が怖い、失うものが明確なのに得るものは見えない。

過去の自分を否定しているように感じて、一歩が踏み出せないだけ、なんです。

テニスが上手くなりたい、そう考えている人は多いですし、読者のみなさんがそうでしょう。

「変わらないといけない」と考えていても、どこかで過去の自分を否定しているように感じてしまう。

そんな方がいれば、声を大にして言いたいことがあります。

その考え方は、真逆で良いんです。

 

2.過去を肯定するから、自分を変えることが出来る

例えば明日から、バックハンドを両手から片手にする。

大胆な変更ですよね。

それが吉と出るか、凶と出るかは分かりません。

少なくとも、変えた瞬間には分からない。

でも、片手バックハンドに変えたからと言って、「両手打ちだった過去」がムダな時間で損をした、とはならないはず。

むしろ、迷いながら両手バックで悶々と続けてしまうこと自体が、自分を否定していることにつながる。

自分を信じ切れない、だから勇気が出ない。

自分の過去、今までのテニスを肯定するからこそ、「よし!チャレンジしてみようか!」となる訳です。

 

3.上手くなるとは、「変わる」ということ

以前にも書きましたが、上達するとは変わるとうことです。

アナタ自身が、変わる。

だからそれが結果的に技術の向上になり、試合運びが上手くなり、勝てるようになる。

今のフォームや戦術を、突き詰めていくことが上手くなる、と勘違いしていませんか?

強い人ほど、上手い人ほど、どんどん貪欲に自分を変えていける。

その変身能力が高いんです。

みんな、気付いてるんですよ。

「変わる」ということこそ、自分を劇的に成長させる薬だということを。

 

4.テニスという場で、変身資産を養おう

これは、何もテニスに限った話ではありません。

勉強や仕事、恋愛やプライベートでも同じ。

私たちは、大きく動く時代の中で常に変化していかないと、生き残れない。

生き残れない、というのは大げさかも知れませんが、自己実現は出来ないでしょう。

テニスという場を通じて、自分を変える術を身に付けていく。

そうすれば、間違いなくコート以外の場所でも、客観的に率直に、自分と向き合えるようになれるはず

そして、必要とあれば変身することを迷わず実行する。

変身資産、がある人生って、私は幸せだと思いますよ。

過去の自分を否定する訳ではない、むしろ肯定するからこそ、変えていける。

私自身も、そう有りたいと思っています。

 

周りから何を言われても、自分が良いと思うことを貫く。

そういう自己中さ、大事です。

変身しようとしている人は、自己中に映るんですよ、周りから。

それはただの、変身できない人のねたみでしかない。

今年も残りあと2ヵ月ですね。

まだまだ年内に、T-PRESSも変身していきます。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. 戦術

    対戦相手は、亀かウサギか

    対戦相手を、よく観察すること。これを繰り返していると、あること…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  3. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

  4. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

    試合の中では、「あそこに打ちたい!」と思いますよね。相手がいな…

  5. テニス メンタル
  6. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で

    俺のプレーはテニスを始めた高校生の頃に比べると随分と上達する事が出来た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  5. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる
PAGE TOP