戦術

テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。

それは、アナタ自身の技術不足、ではありません。

ちょっとした、工夫とコツが足りないだけです。

テニスの試合で、攻撃していく時って何をすれば有効なのか。

打たれる側、相手の立場で考えると見えて来ると思いますよ。

テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

1.「どこに打つか分からない」が、最高に嫌

みなさんも、相手だとそうじゃないですか?

どこに打って来るのか分からない相手は、本当に嫌。

だからこそ、しっかり打つコースを隠したい、と思いますよね。

でも、試合の緊張した場面で「コースを隠したい」が先行してしまうと、どうなるか。

結局、結論が出ないままに「どこに打ちたいのか、分からないままに打ってしまう」ようなこと、ないでしょうか?

どこに打つのか分からない、自分すらも分からない感じになるとミスにしかならない。

ちょっとしたコツ、が必要です。

2.打つコースは、決めて待つ

実は、ほとんどの選手はこれです。

打つ前、かなり前から打つコースは決めている。

しっかり構えて、どこにでも打てるような感じですが・・・もう、相手が打った瞬間には結論が出てるんですよね。

後は、どう隠すか、だけ。

「ギリギリまで、どちらにでも打てる態勢」なんて、なかなか作れないですよ。

決断が早いから、ミスも少なくなるのがテニス。

ここの部分、勘違いしている方が多いように感じます。

ギリギリでコース変更なんて、実際はかなり難しいです。

3.先に決めて、どう隠すのか

これを考えていきましょう。

相手が打った瞬間に、「次はクロスだ!」と決める。

決めるけど、ストレート方向にも打てる雰囲気を出して、相手に伝える。

この感覚、が大事です。

ギリギリまで呼び込んでクロス、に打つことが難しいような場面では、先に決めてしまう。

普通のストロークのラリーの中では、そんなに余裕無いと思いますよ。

相手に、決めている逆側にも打てそうな雰囲気を見せる。

早いテイクバック、しっかりと肩を入れる、早く止まる。

テニスの基本をしっかり実践出来れば、それだけで有効なコースを隠す動作になる。

相手からすると、ギリギリでコースを決めて打っているように見える、から厄介なんです。



4.早く決断する癖を、身に付けよう

とにかく、日々のラリー、練習からこれが大事です。

早く決める、自分の中で結論を出す。

私は、もう相手が打った瞬間に結論を出して、動くようにしています。

そうすると、自然と早く準備出来ますから、その逆でもけん制しやすいんですよね。

結論が出ていないから、全てが遅くなることに気付かないと。

早く打つコースを決めて、逆にも打てる素振りを見せる。

これこそ、テニスにおける攻撃の大前提です。

5.お勧めの練習法

球出しでもラリーでも良いので、アナタ自身の打っている姿をネットを挟んで反対側から動画で撮影しましょう。

相手になった時に、どう見えているのか。

どこにでも打てそうな雰囲気、で相手を足止め出来ているかどうか。

これは、自分で反対側からチェックしないとなかなか分からないところです。

普段の練習で、スマートフォンをセットするだけでもOK。

ネットを挟んだ自分、をしっかり確認してみることが大事です。

意外と、分からないものなんですよね。

自分がどういう打ち方をしていて、それが相手のプレッシャーになっているかどうか。

分からないなら、知る為の努力をしましょう。

「自分のショット、コース隠せているな」と分かれば、自信にもなると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる

    動き続ける前衛、ダブルスの試合では大事な要素になります。毎回細…

  2. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

  3. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない

    悲しいですけど、これが現実だと思います。テニスの試合で、トーナ…

  4. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

  5. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  6. 戦術

    自分の火付けショットは、何?

    みなさんは、試合の中で自分に「火を付ける」ショットはありますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!
  2. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である
  5. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
PAGE TOP