ロブ

相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。

これは、成功すると1ポイント以上の価値があります。

相手のショックは計り知れない、でしょう。

スマッシュで相手にミスを促す方法、これは誰でも出来ることにヒントがあります。

試合で使わない手は無い、です。

相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

1.やり方は簡単です

ロブを打つ時に、回転をかけること。

これだけです。

「何だよ、それ」と思う方がほとんどでしょう。

でも、実際にロブに回転をかけるのって、簡単じゃないですよ。

みなさん、追い込まれたら合わせるだけ、当てるだけのロブになる方がほとんどじゃないですか?

それでは、相手の脅威にはならない。

相手からミスをもらうので、触らせて全然OK。

むしろ、余裕で触れるくらいの高さ、深さで良いんです。

2.トップスピンロブ、だとどうなる?

普通のロブと、何が違うのか。

まず、急降下の速度が違います。

トップスピンですから、ボールが落ちて来る速さが違う。

手元でグッと食い込んで、差し込まれたようなスマッシュになるでしょう。

これ、みなさんもミスした経験があると思います。

トップスピンのロブをスマッシュで打つのは、結構大変なんですよ。

だからこそ、しっかり相手に打たせる意識が大事。

スマッシュを打てばミス、ハイボレーでも甘い返球が引き出せるでしょう。

しっかりと回転をかけること、が大事です。

3.眩しいなら、スライスロブが有効

屋外の試合で、太陽が眩しいなら。

迷わずスライスロブを選択しましょう。

スライスロブは滞空時間が長く、なかなか落ちて来ない。

相手は、ずっと上方向を見ないといけないので、眩しさにかなりダメージを受けるはずなんです。

だからこそ、しっかりスライス回転をかける意識が大事。

相手に触られるのはOK、むしろ浅いくらいでも良い。

滞空時間が長いロブを、どうすれば打てるのか。

球際で、しっかりスライスをかける意識が大事ですね。



4.ロブがアウト、だけはしないように!

これが一番、もったいないです。

相手からミスをもらう意識ですから、触らせてOK。

回転がかかったロブなら、普通の人はまともにスマッシュが打てないんです。

微妙に変わる速度、に対応出来ないですからね。

しっかりスマッシュを打たれたら、かなりの上級者と考えて良いでしょう。

それはそれで、またしっかり対策を考えるだけ。

まず、私たちが狙うのはスマッシュがそこまで得意じゃない人から、確実にミスをもらうこと。

これを意識しながら、試合に入っていきましょう。

5.お勧めの練習法

普段のボレー対ストロークで、しっかり回転をかけたロブを打ちましょう。

深いロブ、要りません。

むしろ浅いロブで、相手がどんな反応になるのか、を見ておきたい。

トップスピンロブなら詰まった感じ、スライスロブなら待ち切れないような感じ、でミスしてくれるかどうか。

しっかり回転をかけてロブ、を打つことだけに集中してみて下さい。

きっと、試合ですごく助けになる武器、になると思いますよ。

一般のプレイヤーは、回転系に弱い。

これは、バウンドする前から、そうです。

ボールが落ちて来る速度が少し違うだけで、本当にやり辛いと感じるものなんですよね。

みなさん、これは試合で使わないと損ですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

  2. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

  3. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?

    これは、特に女子ダブルスのみなさんへの提案です。つい、ロブ頼…

  4. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

    相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    YouTubeでテニス、変わりましたか?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる…
  4. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  5. サーブ

    正射必中、サーブも同じ
PAGE TOP