テニス ポジショニング

ロブ

ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

なかなか、その有効性が説明し辛いショット。

それが、ロブボレーでしょう。

私はすごくこのショットが好きで、試合でもよく使います。

ですが、なかなか効果的に使えていない方、も多いのが現実。

今回のお話で、少しでも「使えるかも!」と思ってもらえたら、嬉しいです。

 

ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

 


 

1.スライス気味、になってない?

ロブ自体は、スライスでも良いと思うんです。

リターンからのロブ、ストロークでのロブ、スライスで時間を作ることも必要ですからね。

でも、私が考えるロブボレーは基本攻めのショット。

ですから、滞空時間は短くて良い。

バウンド後も、止まるんじゃなくて伸びていって欲しい。

トップスピンのような鋭さはなくても、フラット気味で充分です。

低く速い、そんなロブボレーを使えると思うと、ワクワクしてきませんか?

 

2.上級者のショットではない、ロブボレー

一見、テクニカルなショットにも見えますが、簡単です。

相手のボールを、相手の頭上を狙ってボレーする、これだけ。

山なりにしようとか、深く打とうとか考えなくて良い。

高いボールを、相手の頭上で通すと思えば良いんです、試合でも。

実際に、触れる高さでも触れないのがボレーでのロブ、ロブボレーです。

相手から近い距離で打てれば、反応出来ないんですよね。

低く速いボールは、追いかけてもなかなか追いつけない。

ぜひ、初心者のみなさんにも身に付けて欲しいショット、なんです。

 

3.大事なのは、遊び心

これは、実はすごく大事。

相手を出し抜いてみる、後ろのスペースを狙ってみるという遊び心、が大事なんです。

上に打つって、勇気が要りますからね、テニスでは。

甘くなると、上から打たれるのが怖いじゃないですか。

でも、「ちょっと隙を突いてみるか」くらいの感覚でOK。

頭上を狙って、速いボールで通過させる。

そのためには、フラットに当てるような打球が良い。

ぜひ、練習してみて下さい。

 

4.低いボールの方が、打ちやすい

試合でも、これは言えます。

高いボール、ミドルボレーだとスライス回転がかかりやすいですしね。

低いボールを、厚く当てるような感じがベストです。

押し出す感じで、相手の頭上を狙うボレーにしていく。

もちろん、ハーフボレーでも使えますよ。

低い位置のボレー、相手へのチャンス返球になるくらいなら、いっそのことロブにしちゃいましょう。

相手は、慌てて下がるけど・・・もう追いつけない。

そんなショット、ロブボレーなら打てます!

 

いつでも狙っておくこと、が大事。

「上への意識が、低いな」と感じたら、使ってみる。

上に打ち上げるのではなく、フラットで低めに押し出すこと、がコツです。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

    相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。試…

  2. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  3. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  4. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、打ったらラケットを身体に引き寄せる
  2. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?
  3. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる
  5. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
PAGE TOP