テニス ポジショニング

ロブ

ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

目次

なかなか、その有効性が説明し辛いショット。

それが、ロブボレーでしょう。

私はすごくこのショットが好きで、試合でもよく使います。

ですが、なかなか効果的に使えていない方、も多いのが現実。

今回のお話で、少しでも「使えるかも!」と思ってもらえたら、嬉しいです。

 

ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

 


 

1.スライス気味、になってない?

ロブ自体は、スライスでも良いと思うんです。

リターンからのロブ、ストロークでのロブ、スライスで時間を作ることも必要ですからね。

でも、私が考えるロブボレーは基本攻めのショット。

ですから、滞空時間は短くて良い。

バウンド後も、止まるんじゃなくて伸びていって欲しい。

トップスピンのような鋭さはなくても、フラット気味で充分です。

低く速い、そんなロブボレーを使えると思うと、ワクワクしてきませんか?

 

2.上級者のショットではない、ロブボレー

一見、テクニカルなショットにも見えますが、簡単です。

相手のボールを、相手の頭上を狙ってボレーする、これだけ。

山なりにしようとか、深く打とうとか考えなくて良い。

高いボールを、相手の頭上で通すと思えば良いんです、試合でも。

実際に、触れる高さでも触れないのがボレーでのロブ、ロブボレーです。

相手から近い距離で打てれば、反応出来ないんですよね。

低く速いボールは、追いかけてもなかなか追いつけない。

ぜひ、初心者のみなさんにも身に付けて欲しいショット、なんです。

 

3.大事なのは、遊び心

これは、実はすごく大事。

相手を出し抜いてみる、後ろのスペースを狙ってみるという遊び心、が大事なんです。

上に打つって、勇気が要りますからね、テニスでは。

甘くなると、上から打たれるのが怖いじゃないですか。

でも、「ちょっと隙を突いてみるか」くらいの感覚でOK。

頭上を狙って、速いボールで通過させる。

そのためには、フラットに当てるような打球が良い。

ぜひ、練習してみて下さい。

 

4.低いボールの方が、打ちやすい

試合でも、これは言えます。

高いボール、ミドルボレーだとスライス回転がかかりやすいですしね。

低いボールを、厚く当てるような感じがベストです。

押し出す感じで、相手の頭上を狙うボレーにしていく。

もちろん、ハーフボレーでも使えますよ。

低い位置のボレー、相手へのチャンス返球になるくらいなら、いっそのことロブにしちゃいましょう。

相手は、慌てて下がるけど・・・もう追いつけない。

そんなショット、ロブボレーなら打てます!

 

いつでも狙っておくこと、が大事。

「上への意識が、低いな」と感じたら、使ってみる。

上に打ち上げるのではなく、フラットで低めに押し出すこと、がコツです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事

    相手に走らされた後に、正確にロブを上げる。この渋い技術が、いか…

  2. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

    女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは間違いなく、ロ…

  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  4. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ

    ロブを打って、相手を攻める、崩す。これは、ダブルスの試合では必…

  5. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?

    これは、特に女子ダブルスのみなさんへの提案です。つい、ロブ頼…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジ…
  3. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく
  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
PAGE TOP