テニス ボレー

ボレー

低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。

4人で前に出るような形の試合だと、結構この恐怖心が凄いですよね。

つい、プレッシャーに感じて低いボールを低く打とうとしてネット、してしまう。

だからこそ、必要なのはこの発想です。

低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

 

1.低いボレーを低く、は難しい

相手が自分の足下に打ってきて、そのボールを相手の足下に打つ。

これって、かなり難しい技術ですよね。

力加減が難しいし、弱く打とうとすると、ネットしてしまう。

緊張した場面で、手先だけでボールの飛びを加減するのってかなり難しいはず。

低いボレーを打つ、というプレッシャーって凄いですよね。

だからこそ、思い切って上を使う。

なぜなら、相手も前に詰めて来るから、です。

 

2.低く打って前に詰める、のは常套手段

強い相手って、これが上手い。

足下に打って前に詰める、浮いたボールが大好物ですからね。

だからこそ、こういう罠にかからないようにロブボレー、が必要。

相手が自分の足下に打って来たら、それをロブボレーにして切り返す、ような準備をしておきましょう。

ラケット面だけ、先に作っておく、どっちの頭上を狙うのかをしっかり決めておく。

相手は前に詰めて来る、のを想定して多少甘くて良いと思いますよ。

 

3.余裕があれば、バック側を通す

ロブボレーも、バック側を通す。

これが出来れば、触られても全く怖く無いですよね。

少しだけ余裕があれば、積極的にこの意識でロブボレーを使っていきましょう。

大事なのは、「足下に打たれる準備」をしておくこと。

相手は、決めに来ている訳なので、そこにつけ入る隙があるんですよね。

カウンター、は相手が打つ前から罠を仕込むこと。

前がかりな相手、の度肝を抜いていく準備、大丈夫ですか?

 

4.低いボレーをロブボレー、その後アングルボレー

実際に、ロブボレーで相手を下げたらどうするのか。

次は、また前を使いたいですよね。

アングルボレー、を使って横のスペースを狙っていく、というリズムが大事です。

ロブボレーだけ、なら返球される可能性も高いですからね。

次、次を準備しておくこと。

ロブボレーをしっかり打つこと、使うことの意識って、すごく大事ですからね。

男子ダブルスでも、お勧めですよ。

 

私はいつも、あえて打たせます、相手に。

足下に打たせて、前がかりにさせておいて、上で仕留める。

これを喰らうと、相手は萎えるんですよ・・・打っても打っても、いなされる。

強いダブルスって、無理しないでこんな感じじゃないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

    前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。自分…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球することができます!

    相手の攻撃を「受ける」のが得意なディフェンシブな選手、いますよね。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

    テニスにおいて難しい技術の一つは、ネットより低い位置のボレー。…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

    テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?これって、…

  6. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けたい!

    ボレーって決定力のあるショットである。ボレーを打つとポイントに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  2. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」
  3. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう
  5. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
PAGE TOP