テニス ストローク

シングルス

初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレイヤーの方と試合をするときに、意識したいことは何か?

まずはストロークが強力・・・という可能性があるので、出来るだけ前後に動かしたい。

そしてバックハンド側の浅いスペースに、スライスショットを打ってみることをオススメします。

男性だけでなく、女性のシングルスプレイヤーの方にもぜひ意識して試して欲しい作戦です。

 

初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

 


 

■ドロップショットを打つのは怖いけど・・・

ドロップショットを打つのには、結構勇気がいりますよね。

甘くなったら相手のチャンスボールになるし、厳しく狙おうとするとネットが怖いし・・・。

そう考えると、もっと安全に浅いストロークを打ってみる。

それを力を加減して打つのではなく、スライス回転のショットに切り替えることで自然に浅く打てると試合でも有効です。

フォアハンド、バックハンド共に、普段のスピンやフラットだけでなく、スライスショットを打てるように、練習しておく必要があります。

何気なく毎日、ただ同じようなラリー練習をしていてはダメなのです。

 

■オススメは、バックハンドのショートクロス気味のスライス

右利き対右利き、の対戦であれば、アナタのバックハンドのクロスが相手のバックハンドになります。

バックハンドの深いボールを打てる技術があるなら、その前のスペースを使えないのは勿体無い。

両手バックハンドストロークの方は、「両手のスライスストローク」をこの機会に練習してみましょう。

ボレーのような恰好で、打った後に上側の手を放してフォロースルーは片手で行ってみて下さい。

男性であれば、最初から片手でも良いと思います。

「普段、両手でストロークを打っていては、片手の切り替えでばれるのでは?」と思う方もいるでしょうが、この際ばれても良いでしょう。

あくまで崩すのが目的なのですから。

 

■ネットプレーと組み合わせると、より相手にプレッシャーを与えられる!

相手の態勢を見つつ、ネットにも出てプレッシャーをかけることが出来れば、相手はより嫌なはず。

何せスライスがかかっているショットは、打点を高く取れないのでパッシングショットが打ち辛いのです。

きっと「ロブ」で切り返してくる相手も、多いでしょう。

ネットに出るように見せかけつつ、しっかりロブもケアしておけば後はオープンコートにゆっくり打ち込むだけ。

前で崩して、ネットプレーで仕留めるという形は、相手が試合慣れしていない、ストローク主体の初中級の相手にはより有効です。

 

相手の土俵で、テニスの試合を戦うことはありません

初中級レベルの対戦相手であれば、ストロークの主戦場から違う場所に引っ張り出してあげることで、戦い方が楽になる。

「そんなことしなくても、勝てるし!」と思っている方、次、その次の試合を見据えてなるべく体力を使わないで勝つ方法を考えましょう。

勝ち方一つにしても、トーナメントで上にいく選手は隙を見せない。

ぜひ、したたかさを身に付けて大会を勝ち抜いていけるような勝ち方を、覚えていって下さい。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

    対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。結果的に…

  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選

    シングルスの試合、でぜひみなさんに身に付けて欲しい技術。相手の…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

  5. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

  6. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
  2. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?
  4. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ
  5. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
PAGE TOP