テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。

私なら迷わず、この作戦を実行していきます。

30-40、のようなポイントをイメージして、いつも練習している・・・んですが、本当にこれは効果的。

シングルスの試合では、リターンゲームで得意のパターンを持っておくと絶対に有利。

言われてみれば当たり前、のことかも知れませんが、バックハンドへの攻撃はテニスの基本。

リターンから、積極的にいきましょう!

シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

1.バックハンド、リターンから狙おう!

試合の中で、バックハンド狙い、基本ですよね。

特にシングルスの試合では、覚悟しておかないといけない。

でも、どうでしょう。

実際の試合では、「ラリーが始まってから、バックハンドを狙う」という人が多い。

リターンから、いきなりバックハンドを積極的に狙う・・・という人は、意外と少ないような気がします。

これって、勿体ない話。

だって、リターンから狙いということは、テニスのとってたくさんメリットがあるから、です。

2.リターンは、決めた作戦を実行しやすい

リターンを打つ前、は静寂に包まれている。

相手がサーブを打つ前、までに、充分考える時間がありますよね。

それに、サーブは必ずサービスエリア内にバウンドする。

もちろん、厳しいサーブもたくさんありますが・・・それでも、リターンは最初に打つショット、として計算が立ちやすい。

特に相手のセカンドサーブなら尚更、でしょう。

私はこう考えています。

リターンは、自分が思い通りに打てる、作戦を実行しやすいショットだ、と。

3.サーブを打った後の相手には、隙がある!

これも、大事なポイントです。

私自身、相手をよく見てサーブの後のフットワークを確認するようにしています。

サーブを打った後、下がるのか、前に来るのか。

フォアハンド側を空ける、ような相手もシングルスの試合では多いでしょう。

いずれにせよ、サーブを打った後には態勢を崩したり、少し隙があるような選手が多い。

シングルスの試合、前衛はいませんからね。

全部のボールを、サーブを打った本人、が打ち返さないといけない。

これってすごく、リターン側にはチャンスじゃないですかね。

4.速いタイミングで、相手バック側にアプローチしていこう!

ぜひ、前に踏み込んでリターン。

相手のバックハンド側を攻撃していって欲しい。

そこから、前に出てネットプレー、ファーストボレーまでしっかりするイメージでOK。

ここまでいければ、アナタ自身がポイントを取る確率は高いでしょう。

相手からすると、サーブを打った後に態勢が整わないうちに波状攻撃されて、メンタル的にも厳しいはず。

リターンゲームで、バックハンド側に打って前に出る。

騙されたと思って、シングルスの試合で実践してみて下さい。

きっと、「あれ?こんなに簡単にポイント取れるの・・・?」と思うでしょう。

言われてみれば、当たり前の作戦かも知れません。

バックハンド側に打って、前に出る。

最初に決めた作戦を実行しやすい、リターンで実行していく・・・のは、シングルスの試合での常套手段です。

でも、意外とやる人少ないんですよね。

ということは、チャンスがあるということ。

ぜひ、学生の皆さんも試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. シングルス

    攻撃でも守備でも無い、その質は?

    現在、YouTubeで実施している企画、岩井選手の全日本への挑戦。…

  2. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

  3. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

  4. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

  6. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

特集記事

  1. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険
  2. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」につ…
  5. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌て…
PAGE TOP