テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。

私なら迷わず、この作戦を実行していきます。

30-40、のようなポイントをイメージして、いつも練習している・・・んですが、本当にこれは効果的。

シングルスの試合では、リターンゲームで得意のパターンを持っておくと絶対に有利。

言われてみれば当たり前、のことかも知れませんが、バックハンドへの攻撃はテニスの基本。

リターンから、積極的にいきましょう!

シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

1.バックハンド、リターンから狙おう!

試合の中で、バックハンド狙い、基本ですよね。

特にシングルスの試合では、覚悟しておかないといけない。

でも、どうでしょう。

実際の試合では、「ラリーが始まってから、バックハンドを狙う」という人が多い。

リターンから、いきなりバックハンドを積極的に狙う・・・という人は、意外と少ないような気がします。

これって、勿体ない話。

だって、リターンから狙いということは、テニスのとってたくさんメリットがあるから、です。

2.リターンは、決めた作戦を実行しやすい

リターンを打つ前、は静寂に包まれている。

相手がサーブを打つ前、までに、充分考える時間がありますよね。

それに、サーブは必ずサービスエリア内にバウンドする。

もちろん、厳しいサーブもたくさんありますが・・・それでも、リターンは最初に打つショット、として計算が立ちやすい。

特に相手のセカンドサーブなら尚更、でしょう。

私はこう考えています。

リターンは、自分が思い通りに打てる、作戦を実行しやすいショットだ、と。

3.サーブを打った後の相手には、隙がある!

これも、大事なポイントです。

私自身、相手をよく見てサーブの後のフットワークを確認するようにしています。

サーブを打った後、下がるのか、前に来るのか。

フォアハンド側を空ける、ような相手もシングルスの試合では多いでしょう。

いずれにせよ、サーブを打った後には態勢を崩したり、少し隙があるような選手が多い。

シングルスの試合、前衛はいませんからね。

全部のボールを、サーブを打った本人、が打ち返さないといけない。

これってすごく、リターン側にはチャンスじゃないですかね。

4.速いタイミングで、相手バック側にアプローチしていこう!

ぜひ、前に踏み込んでリターン。

相手のバックハンド側を攻撃していって欲しい。

そこから、前に出てネットプレー、ファーストボレーまでしっかりするイメージでOK。

ここまでいければ、アナタ自身がポイントを取る確率は高いでしょう。

相手からすると、サーブを打った後に態勢が整わないうちに波状攻撃されて、メンタル的にも厳しいはず。

リターンゲームで、バックハンド側に打って前に出る。

騙されたと思って、シングルスの試合で実践してみて下さい。

きっと、「あれ?こんなに簡単にポイント取れるの・・・?」と思うでしょう。

言われてみれば、当たり前の作戦かも知れません。

バックハンド側に打って、前に出る。

最初に決めた作戦を実行しやすい、リターンで実行していく・・・のは、シングルスの試合での常套手段です。

でも、意外とやる人少ないんですよね。

ということは、チャンスがあるということ。

ぜひ、学生の皆さんも試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン

    シングルスの試合、まず一つ攻撃のパターンが欲しいと思ったとき。…

  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

  6. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に…
  2. その他

    勉強でも仕事でも、テニスでも強い人は〇〇
  3. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない
  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・…
  5. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある
PAGE TOP