テニス スマッシュ

練習メニュー

「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

普段、楽させてもらっている部分。

これを外してみると、「やっぱり・・・」という部分が見えて来ると思いますよ。

センターセオリー、もそうでしょう。

テニスは、ネットの真ん中、センターストラップ付近を通過するボールが8割。

なぜ、ココを通過させることが有効なのか。

それは、体感してみることが一番です。

思い切って、こんな練習してみませんか?

 

「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

 

1.センターストラップを外して、ラリーしてみよう!

ネットの下に引っ掛けている部分を、あえて外してみる。

きっとネットは、しっかり巻いてあればピンと直線で伸びるはずです。

ソフトテニスは、確かこの形で試合をしますよね。

硬式テニスは真ん中をあえて低く設定しています。

この、まっすぐになったネットでラリーしてみると、どうでしょう。

ストローク同士、ボレー同士、ボレー対ストローク、全てやってみて下さい。

凄くネットが高く感じるはず、です。

今までネットを下げてもらっていた、そのありがたみと有効性が分かるはずです。

 

2.わずか15cmの差は、本当に大きい

その高さ以上に、大きな影響が有ります。

実際には15cmくらい低いだけ、ですが、その影響は果てしなく大きい。

特に、ボレー対ストロークのときのストローク側、で感じられるんじゃないでしょうか?

ストローク側の選手が相手の足元に打てるのは、この15cmの差があるから。

センター付近を通過させれば、攻撃的なショットが打てるというのが実感として湧くはずです。

何度言われるより、実際に体感するのが一番。

そして体感したら、後はどう試合で活かしていくかだけですね。

 

3.試合で活かすには、どうすれば良い?

まずは守備。

相手から攻撃されるときには、センターをしっかり守る。

この意識があるか無いかは、こういう練習を経験しているかどうかで決まります。

センターストラップを外して、その影響力を確認出来ている人は、相手がいかに「センターを通過させたいか」が理解出来る。

理解出来るから、自然に身体が動いてセンターを塞ぐ、ポーチもセンターストラップ付近を中心に動いていく。

相手が打ちたい場所、で待ちかまえるのが基本ですからね。

ちょっと荒療治ですが、これくらいしないと人の意識は変わらない。

とにかく試合になったら、ボールはこの付近を通過するんだと。

試合に強い相手ほど、このセオリーを突いてくるんだと覚えておきましょう。

 

4.人から教わるだけじゃ、テニスの技術は身に付かない

そこに、「なぜ?」が無いですからね。

身に付かないし、必要性も感じない。

なんとなく聞いて、なんとなくやってみるけど・・・試合で反応出来ないのは、こういう人です。

自分でしっかり体感して、納得出来る人は、自分で成長出来る。

今回はセンターストラップを外す、というアイデアをご紹介しましたが、まだまだたくさん、ヒントはあると思いますよ。

普段何気なく見ているモノ、使っているモノが、どんな影響を与えているのか。

考えてみると面白いのがテニス、です。

 

センターが低い理由、それは恐らく試合を面白くするためでしょう。

センターを通過するボールが増えると、それだけ関わる人が増える、ダブルスはまさにそうですよね。

シングルスでは、クロスのショットが増えて相手が拾いやすい、ラリーもつながりやすいという狙いがあると思います。

一直線の高さのネットだと、ダウンザラインばっかり・・・になって、大味な試合になりそうですしね。

あくまで私の推測ですが、こういうことを考えるのが面白い。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

  3. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない

    「今日の練習、何する?」から、何も進まないで結局いつものラリー…

  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう

    試合でミスが多い、自滅していく試合が多いと感じているみなさん。…

  6. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない
  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、決めて待てる人
  3. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します
  4. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?
  5. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう
PAGE TOP