テニス スマッシュ

練習メニュー

「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

普段、楽させてもらっている部分。

これを外してみると、「やっぱり・・・」という部分が見えて来ると思いますよ。

センターセオリー、もそうでしょう。

テニスは、ネットの真ん中、センターストラップ付近を通過するボールが8割。

なぜ、ココを通過させることが有効なのか。

それは、体感してみることが一番です。

思い切って、こんな練習してみませんか?

 

「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

 

1.センターストラップを外して、ラリーしてみよう!

ネットの下に引っ掛けている部分を、あえて外してみる。

きっとネットは、しっかり巻いてあればピンと直線で伸びるはずです。

ソフトテニスは、確かこの形で試合をしますよね。

硬式テニスは真ん中をあえて低く設定しています。

この、まっすぐになったネットでラリーしてみると、どうでしょう。

ストローク同士、ボレー同士、ボレー対ストローク、全てやってみて下さい。

凄くネットが高く感じるはず、です。

今までネットを下げてもらっていた、そのありがたみと有効性が分かるはずです。

 

2.わずか15cmの差は、本当に大きい

その高さ以上に、大きな影響が有ります。

実際には15cmくらい低いだけ、ですが、その影響は果てしなく大きい。

特に、ボレー対ストロークのときのストローク側、で感じられるんじゃないでしょうか?

ストローク側の選手が相手の足元に打てるのは、この15cmの差があるから。

センター付近を通過させれば、攻撃的なショットが打てるというのが実感として湧くはずです。

何度言われるより、実際に体感するのが一番。

そして体感したら、後はどう試合で活かしていくかだけですね。

 

3.試合で活かすには、どうすれば良い?

まずは守備。

相手から攻撃されるときには、センターをしっかり守る。

この意識があるか無いかは、こういう練習を経験しているかどうかで決まります。

センターストラップを外して、その影響力を確認出来ている人は、相手がいかに「センターを通過させたいか」が理解出来る。

理解出来るから、自然に身体が動いてセンターを塞ぐ、ポーチもセンターストラップ付近を中心に動いていく。

相手が打ちたい場所、で待ちかまえるのが基本ですからね。

ちょっと荒療治ですが、これくらいしないと人の意識は変わらない。

とにかく試合になったら、ボールはこの付近を通過するんだと。

試合に強い相手ほど、このセオリーを突いてくるんだと覚えておきましょう。

 

4.人から教わるだけじゃ、テニスの技術は身に付かない

そこに、「なぜ?」が無いですからね。

身に付かないし、必要性も感じない。

なんとなく聞いて、なんとなくやってみるけど・・・試合で反応出来ないのは、こういう人です。

自分でしっかり体感して、納得出来る人は、自分で成長出来る。

今回はセンターストラップを外す、というアイデアをご紹介しましたが、まだまだたくさん、ヒントはあると思いますよ。

普段何気なく見ているモノ、使っているモノが、どんな影響を与えているのか。

考えてみると面白いのがテニス、です。

 

センターが低い理由、それは恐らく試合を面白くするためでしょう。

センターを通過するボールが増えると、それだけ関わる人が増える、ダブルスはまさにそうですよね。

シングルスでは、クロスのショットが増えて相手が拾いやすい、ラリーもつながりやすいという狙いがあると思います。

一直線の高さのネットだと、ダウンザラインばっかり・・・になって、大味な試合になりそうですしね。

あくまで私の推測ですが、こういうことを考えるのが面白い。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. 練習メニュー

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!

    練習メニューってどうやって決めている?ストロークラリーなんか盛…

  2. テニス 練習
  3. 練習メニュー

    練習に疲労感を求めて、満足する人達

    テニスの練習で、みなさんに今一度考えて欲しいこと。練習におい…

  4. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

  5. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー

    ドロップショットやアングルボレー、なかなか試合の中で使っていく機会少な…

  6. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習

    ダブルスの試合、前衛と後衛がめまぐるしく入れ替わる。これが硬式…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える
  2. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない
  3. ロブ

    崩せても脅威にならないロブ、で良いの?
  4. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK
  5. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
PAGE TOP