テニス ストローク

フットワーク

「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

普段は、足遅くないのに・・・どうも、コートに立つと、遅い気がする・・・。

こういう方って、結構多いんじゃないでしょうか?

まず、テニスではラケットを持ってますからね。

そして追い付くだけじゃなくて、しっかり返球しないといけない。

これって、普通に足が速いだけじゃ通用しない、ということなんです。

 

「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

 

1.いつ、スロートからいつ手を離す?ラケットはどうやって持つ?

まず、構えた状態は・・・皆さんどうでしょう。

ラケットのスロート部分に手を添えて、両手でラケットを支えている状態。

遠くのボールを追いかけるときには、まずしっかりこのスロートに置いた手を離して、しっかり両手を振る。

この時に、ラケットを持つ手、利き腕のラケットを持つ角度は変わらないように。

90度に近い感じで、固定して走ると速く走れます。

それから肘を曲げて、しっかり振って走る。

スタートの反応、ももちろん大事ですね。

少し前傾姿勢、を作りながら走るとボールまで素早く追い付けるはずです。

 

2.走りながら返球イメージを作って、結論を出そう

走りながら、「どう返球するのか」も考える。

そしてパッと結論を出しましょう。

コート上で走るのが遅い人って、結論が出てないんですよね・・・ボールに追い付いてから考える、何とかなると思っている。

そういう人は、試合で勝てません。

相手が打ったボールを追いかけながら、素早く結論を出す、から速く走れる。

このことはしっかり、理解しておいて下さい。

 

3.ギリギリならスライス、余裕があるならスピン

回転をどうかけるのか、ショットの選択も大事。

テニスでは基本ですが、しっかり追い付けたときにはスピン、ギリギリならスライス、という選択をする。

つまりは両方打てないとダメ、試合で効果的な返球は出来ないということですね。

足が速くなって、コート上を速く動けるようになっても・・・追い付けて良いショット、が打てないと意味が無い。

良いショット、とは正しい選択のショット。

余裕があるときには、もう一回構える、スロート部分に手を添えるくらいで良いと思います。

攻撃するにせよ凌ぐにせよ、どの程度追い付けるかによってショットの選択肢は変わる。

皆さんも練習から、意識してみて下さい。

 

速いフットーワーク、試合で大きな武器になる。

でも走り方って・・・なかなか教えられない、気付けないポイントですよね。

腕の振り方、ラケットの角度、決断力。

このあたりを意識するだけで、グッとテニス選手らしいフットワークになると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 調子

    フットワーク

    相手が打った瞬間に、バウンド地点を予測しよう

    ストロークの反応が遅い人、恐らく「判断」が遅い。その判断って、…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?…

  4. テニス 準備

    フットワーク

    変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

    試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合…

  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  2. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です
  3. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法
  4. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがあ…
  5. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた…
PAGE TOP