テニス スライス

フットワーク

「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でもっと早く動けるようになる!

テニスの試合で、フットワークは大事。

大事と分かっているけど、ショットの技術よりも練習の優先度は低いし、コーチもあまり細かいことを教えてくれない・・・。

そんな悩みを持っている方、多いと思います。

今回はあまり難しく考えず、歩幅の大きさの変化を意識することで、コート上でより速く的確に動けるようなコツをご紹介。

歩幅を意識すれば、フットワークは変わります!

 

「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でもっと早く動けるようになる!

 


 

■スタートは大きく、ボールを打つ直前を小さく

テニスのおけるフットワークの基本は、細かい動き。

「足を細かく動かして!」というコーチの声、よく聞きますよね。

それでもシングルスの試合で大きく前後左右に振られるケースも実際多く、そのときにはどんなフットワークが求められるのか・・・を考えてみましょう。

スタート時は、大きな歩幅でなるべく少ない歩数で距離を移動できるとベスト。

しっかりコートを足で蹴って、スタートダッシュで加速できるようにしましょう。

 

■スタートダッシュにはスプリットステップのタイミングが大事!

スプリットステップを良いタイミングで実施すれば、コートをキックする力で身体を動かしやすくなります。

相手が打つ少し前に着地するくらいで、ちょうど良い。

初中級者の方は、このタイミングが遅いケースが多いように見受けられます。

相手が打っている瞬間に動いているのも、かなりまずい。

逆を突かれたら反応できませんので、まずどんな場所にいようともしっかりとスプリットステップは踏めるように練習しておきましょう。

 

■ボールを打つ前に、細かい歩幅で最終調整

ストロークでもボレーでも、最後は細かい動きでボールに合わせていく。

相手のボールがゆっくりで時間に余裕があっても、とにかくこの準備と歩幅を合わせる動きは早めに終えてしまいましょう。

コツとしては、少し重心を落として膝を曲げた状態でボールに入ること。

膝が伸びていると、細かいステップが使えません。

オムニコートでは足を滑らせるような例外的な技術もありますが・・・基本は細かく入ること、です。

自分が一番前後左右に素早く動ける態勢、頭の位置を探してみて下さい。

 

ボールに追いついて、そのボールをコントロールするのがテニスの基本です。

サッカーやバスケットのように「ボールをキープする」ことがテニスでは出来ません。

追い付いたら打ち返し、またすぐ次の態勢に入っていかなければなりません。

この危機感に近い意識を強く持つことで、フットワークは劇的に改善できるはず。

まずは歩幅からしっかり意識して、大きく、小さくを使い分けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく…

  2. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

    テニスが上手い人、対戦相手って「いつもでもどこでも、好きな場所に打てる…

  3. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識でフットワークは、大きく変わります

    足って二本付いているが、ショットを打つときの軸足は当然どっちかの足一本…

特集記事

  1. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  2. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ
  3. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    甲子園での球数制限、について思うこと
PAGE TOP