テニス ストローク

フットワーク

シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。

毎回、「真ん中に戻る訳じゃない」ことに気付くはず。

なぜなら、毎回自分の打っているボールも、相手の特徴や態勢も違うから。

このあたりで、上手く自分のポジションを変えていける選手は強いです。

そしてこれは、意識すれば誰でも出来る部分、だと思いますよ。

 

シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

 

1.基本は少し、フォアハンド側を空けておく

やはりまず、この基本から見直しましょう。

私は6:4、時には7:3くらいでフォアハンド側を空けて待つ。

バックハンドも苦手では無いんですが、実際のフットワークのバランスを考えると、バックハンド側に走って取る、というケースは厳しい。

フォアハンド側なら走って触って、切り返すことも出来る。

それでも、これは相手のポジションや自分が打ったコース、によって変わってくることもあることは覚えておきましょう。

 

2.フォアハンドの逆クロスの打ち合い、ならフォアハンドを空けておいて良いけど・・・

1.のようなケースは、同じ利き腕同士だと逆クロスでの打ち合い、になるケースが多いですよね。

お互いに、フォアハンドで回り込んで打ち合うときは、フォアハンド側を空けて待つことが多い。

でも、フォアハンドのクロスでの打ち合い、になったらどうでしょう?

この場合は、少しセンター寄り、での構えになるかも知れません。

クロス方向へのショットは、角度を付けやすいのでフォアハンド側も簡単には空けられない。

まぁ、実際にはお互いのフォアハンドのクロス、で打ち合うケースは少ないと思いますが・・・。

この違い、をしっかり意識しておくと試合でもやりやすいですよ。

 

3.自分が打ったコース、からどんなボールが飛んで来るのか?

これをしっかり、考えましょう。

自分が打ったコース、に相手が動いて打つ。

その場所から、どんなボールが飛んで来やすいのか。

それに応じて、自分が立ち場所を変えていかないといけません。

ベースライン上で、相手が打ってくる端と端、の真ん中に立つことを意識しましょう。

これは毎回変わります。

毎回微妙に調整していく、ことが求められるのです。

 

4.シングルスの試合、クロスラリーを増やしていこう!

「うーん、よく分からないな・・・」という方は、まずクロスラリーを増やしましょう。

シングルスの試合でも、クロス方向へのストローク、ショットが基本。

このラリーに慣れると、ポジショニングでも必要な要素が見えてくるでしょう。

自分がクロス方向に打つので、相手が打つまでに時間が稼げる。

だからしっかり、ポジションを微調整出来る。

この意識で、ぜひシングルスの試合はまずクロスラリー、から入っていきましょう。

 

5.調子が悪いときは、大抵ポジショニングがおかしい

試合の中で、調子が悪いと感じるとき。

それはほとんどが、ポジショニングに迷いがあってしっかり立てていないとき。

打てる態勢に入れていない、時がほとんどんなはずです。

ショット自体の調子、じゃないんですよきっと。

きちんと先回り、出来るようなフットワーク、が出来ている時には調子も良いはず。

真ん中に戻る、だけじゃない積極的に微調整していくフットワーク。

シングルスの試合は、これが肝ですよ。

 

テニス選手として試合に勝ちたいなら、フットワークは本当に大事。

それも、その基本は相手や自分の調子に寄ってどんどん変えていく、くらいの積極性が欲しいですね。

真ん中に戻る、だけじゃない攻めのフットワーク。

シングルスの試合で、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  2. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選記事7つ

    テニスはフットワークが大事。その基本となるのは、動き出しを早く…

  3. テニス ボレー
  4. テニス スライス

    フットワーク

    膝から前に出すフットワークで、頭の突っ込みは抑えられる

    試合で必要なフットワーク、その大原則はバランスです。移動した後…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

    テニスの試合、高い軌道のボールがネット際に落ちること。1試合の…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    窮地の中に、未来はある
  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ
  4. テニス 観察眼

    その他

    テニスに必要な「コミュ力」って、何?
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ
PAGE TOP