テニス 客観視

スマッシュ

なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

基本的に、安定志向で粘り重視。

こういう視点で、このサイトをご覧になって頂いている方も多いと思います。

でも、ことスマッシュに関しては、ちょっと違う。

深い位置からでも、どんどんスマッシュを打っていきましょうというスタンス、これには理由があります。

繰り返し書いてきましたが、ロブをカットボレーで返球する・・・よりも、打っていきましょう。

その理由について、改めて書いてみたいと思います。

 

なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

 

1.限界に挑戦しないと、成長は無い

厳しいロブ、必死に下がりながら、追いかける。

「どうしようか・・・」と迷っている時点で、実はもうスマッシュは打てない。

ハイボレーでカット、が無難な選択でしょう。

でも、厳しいようですがこれだとずっと、カットするテニス、は脱却出来ない。

それで勝てる相手もいるでしょうが、勝てない相手も出来てしまう。

それは自分で作ってしまっている、ということなんですよ。

深いロブ、に対してスマッシュで挑戦していく。

これこそまさに、今のアナタに必要なことだと思いますよ。

 

2.打てば絶対に、壁をも打ち破れる

まず、深い位置からのスマッシュは難しくありません。

だってもっと深い位置からのサーブは、もっと狭いエリアに打たないといけない訳じゃないですか。

サーブ並みの軌道で良いし、さらに深くてもスマッシュは入る。

しっかり下がって、長いボールを打つ感覚で良いんです。

きっと、こうやって打っていくことが、アナタ自身の壁をも打ち破ることになる。

私はそう考えています。

 

3.ハイボレーカットは、まず確実に通用しなくなる

上のレベル、市民大会でもベスト8以上になると、通じないでしょう。

なぜなら相手は、アナタ自身のハイボレーカットを待っているから。

触らせて、仕留める。

ロブが上手い選手にとって、ハイボレーカットばかりして来る相手には最高の鴨、になるんです。

無難にいこう、という気持ちは、相手を強気にさせる恰好の材料。

失敗しても、どんどんスマッシュ。

ここだけは、私も譲りたくない部分です。

ぜひ、ベテラン、シニアのみなさんも意識して下さい。

深いロブは、基本スマッシュ、でいきましょう!

 

4.テニスの試合を、受け身では無く挑戦の場に

きっと、変わってくると思いますよ。

深いロブ、リスクを冒してでもスマッシュで打っていく。

それは、試合に対するアナタ自身の姿勢そのものです。

自分に対して、挑戦していく。

相手に打っていくようで、実は自分自身に打っているようなものなんですよね。

こういうショット一つで、間違いなくアナタの試合は変わっていくでしょう。

大げさですが、きっと生活や人生だって変わる。

自分に挑戦出来ている限り、成長は止まらない。

だからテニスの試合に出続けていく価値、があるんだと思います。

 

きっと、テニスの試合が辛い人って・・・どこか受け身だと思うんです。

試合に何とな出ないといけなくて、勝ちたいけど負けても・・・まぁ何となく悔しいだけ。

でもそれって、やっぱりもったいない。

挑戦している自分、を楽しんでいかないと。

スマッシュ一つで、それは変わっていきますよ。

微力ながら、私もそんなみなさんの傍で応援していきたいなと。

そう思って今日も、更新していきます!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  2. スマッシュ

    スマッシュの決定力を、劇的に変えるためには?

    スマッシュを打って、ポイントが決まらない。この一発で、流れが大…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

    スマッシュが強い相手は、試合で嫌ですよね。ロブが効き辛い、とい…

  4. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

特集記事

  1. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
  2. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している
  4. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ
PAGE TOP