テニス ダブルス

ダブルス

長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

試合の中で苦しいとき・・・たくさんありますよね。

例えば、私はサーブが入らなくなったとき。

ダブルスなら、とにかく前衛ペアに助けて欲しい・・・と思うときが、多々あります。

「サーブは入れるから・・・お願い、ポーチに出て!」と。

もちろん、ポイント前に事前に打ち合わせはします・・・けどね。

 

長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

 


 

■まずはポイント前の打ち合わせ、「正直」にいこうよ

ダブルスであれば、当然ペアは味方であり仲間。

仲間に虚勢を張ったり、見栄を通そうと思っても無理だし試合で勝てない。

サーブで苦しんでいるなら、「お願い、ポーチに出て。リターン返ってきたら、余裕無いから・・・」と、正直に伝えましょう。

シングルスの試合では出来ない、助け合いでありフォロー、が大事なのがダブルス。

正直に話し合う、ことをポイント間で出来るだけで、助けて欲しいポイントは共有出来るはず、です。

 

■長く組んでいるペアは、ポイント中でも感じることが出来る

長くダブルスペアを組んでいる選手同士は、ここで感じ合うことが出来るかどうかが強さの分かれ目。

先日のデビスカップのフランスペアは、さすが世界No.1のペアだけあって、お互いフォローが上手い。

もちろん技術的にも優れていますが、フランスペアを観ていると決して派手さは無い。

派手さは無いけど、ペアで大崩れしないし攻撃を受け止めて反撃出来るのは、困っている選手を片方の選手がフォローしているから。

このフォロー、こそダブルスの醍醐味だと私は思います。

 

■「何だよ、ミスばっかりして・・・」とぼやいているアナタは、テニス選手失格です

ダブルスの試合、勝手に味方のペアにイライラしてばかり。

自分の仕事はしているのに、なんで・・・と思ってばかりの人は、テニス選手失格です。

確かに、そういう試合もある。

でも、ペアの調子が悪い、ときにこそ自分が何が出来るのかが大事だと思いませんか?

腹を立てている時間があれば、「大丈夫?前衛でどんどんポーチ出るから、ストレートロブだけお願い!」と声をかけてみたり、話を聞いてみる。

雰囲気から察して、自分がボールに触る機会を増やすなど、出来ることはたくさんあるはずです。

 

試合って、苦しいことばかり・・・だからこそ、ダブルスはペアで戦いたい。

そりゃ、調子が良い悪いもあれば、試合中でも変わっていく。

苦しいときは苦しい、と言える関係って大事です。

でももっと大事なのは、「あ、ペアが困っているかも・・・」と気付けるアナタの洞察力と気遣い、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  2. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

    前衛のポジション、ダブルスではもっと前で良い。きっと、アナタ自…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  4. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさせよう

    ダブルスの試合で前衛がポーチに動く、その後の動きは曖昧になりがち。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    勝てるダブルスペアの雰囲気、はどすれば生まれる?

    どうも、ダブルスの試合で負け癖が付き始めた・・・と、気になっているみ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
  2. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う
  3. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇…
  4. テニス メンタル

    戦術

    正確に試合を記憶する、テニスノート術
  5. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」…
PAGE TOP