ダブルス

ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。

でも打つのは、アナタ一人。

つまりは・・・厳しい考え方をすると、2対1の状況で必ず返球しないといけない、ということ。

このことを頭に入れておくと、厳しい状況では何が求められるのかが見えてきますよね。

そう、相手前衛をしっかり避けるようなコース、配球が試合の現場では求められるのです。

 

ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

 


 

■苦しい状況でも、「相手前衛のポジション」はしっかり把握しておこう!

厳しい状況、ダブルスの試合では多くあります。

コートを2人で守っているとはいえ、実際には角度が付いたボレー、ロブ、などで走らされて返球する機会が多い。

このときに、注意すべきポイントは何かと言えば、まずは相手前衛を「避ける」ということ。

後衛にしっかり返球出来れば、相手からの攻撃をワンテンポ遅らせることが出来るのです。

 

■高さを出すこと、遅さを出すことが大事

相手ダブルスペアの後衛に返球するときには、高く遅いボールが有効。

クロス方向へしっかりとコントロールすれば、相手前衛もポーチを諦めてくれるでしょう。

しっかりつないで、次からのチャンスを待つ。

相手にとってのチャンスは、配球でチャンスでは無くしていく。

この我慢強さこそ、ダブルスの試合で求められる要素になります。

 

■「つなぎ球を狙ってくる前衛」には、ストレートに流して足止めを!

強いダブルスペアは、それでも見逃してはくれない。

オーソドックスな返球、つなぎは必ず、前衛が仕留めに来るでしょう。

そんなときには、やはり苦しい状況からでもストレートへ流すようなボールを打って、「逆を突く」という作戦も大事になります。

「走らされて、苦しい状況なのに、ストレートへ・・・?」と思うかも知れませんが、通常のつなぐコースを塞がれているのであれば、逆にストレートは空いている。

テニスは攻撃しようとするとき、必ず多少の隙は出来るもの。

相手前衛の性格、までも見極めてしっかり配球出来れば大丈夫です。

 

「相手前衛に触られないことが大事」と書きましたが、それでも触られることはある。

あまりに避けよう、避けようと思っていては、今度はアウトしてしまいますよね。

苦しい場面では、出来るだけ後衛に返球しつつ、前衛に触られても慌てない。

味方の前衛もいる訳ですから、そのときにはしっかり2人で守備をしていきましょう。

落ち着いて相手を観察して、安全策とストレートへ流す配球、で苦しい場面も乗り切れるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう

    テニスの試合で、特に自滅やミスが多い方に。まず、この大原則で…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

    ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。…

  3. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる

    試合に出始めたみなさんが、最初に感じること。その一つは、きっと…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失っ…

  5. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  2. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている
  3. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・…
  5. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
PAGE TOP