テニス 粘り

ロブ

高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようとして、「え!?」となること。

それって、こういう場面じゃないでしょうか?

スライス回転がかかったボールは、弾まない・・・というより、高く弾むときはバックスピンのように相手方向に「戻る」バウンドになる。

このことをしっかり意識していないと、試合で大変なことに・・・なりますよ。

 

高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

 

1.高いバウンドのスライス、バウンド後はどうなってる?

皆さんも、練習で経験したことがあると思います。

相手のスライス回転で高いロブが来て、バウンド後に打とうとすると・・・どうでしょう。

ネット方向に戻るように弾んでいく。

慌てて前に行こうとしても、もう遅い。

結局触れない、触れたとしても相手コートに返球するのがやっと、みたいな感じになりますよね。

ここの危機感って、結構大事です。

 

2.バウンド地点に思い切って近付く

まずは、相手のスライス回転を見極めたら、これを実行しましょう。

ボールのバウンド地点に近付いて、バックスピンになっても対応出来るように準備する。

バウンドしたら前に走って、ボールを後ろからしっかり攻撃していく。

もし前衛の後ろにロブを打たれて、それが激しいスライス回転がかかっているようだと・・・これは、逆に楽。

自分の方向に向かって来てくれますからね。

無理に追い付こうと後ろに回り込んだら、逆に取り辛いボールになりますよ。

スライス回転がしっかりかかっている、しかも高い軌道のロブ、のときにはとにかく注意が必要です。

 

3.多少の横へのずれは、想定しておこう

スライスが厄介なのは、横回転、も少しかかっていること。

多少左右にずれる、そのズレは覚悟しておきましょう。

真後ろにバックスピン、とはならないことが多いです、実際は。

バウンド地点に近付いて、しっかり自分もスライスで返球していけるようなグリップで待つこと。

スピンで打っていくのは、結構難易度が高いし非現実的。

ロブで攻撃されている、のであればなおさらですね。

4.スライス回転への対応こそ、テニス選手としての実力値

つい、軽視しがちな人が多いので、改めて。

スライスを打つ、取る、対応する、というのは、テニス選手の実力値に比例します。

速いフラット、激しいスピン、ばかりに目がいっている選手は、実際試合で弱い。

スライスを打てて、スライスに対応出来る。

それは、こういう高いロブでバックスピンが効いたようなボールも同じです。

相手が打った瞬間から、自分の「打ち方」も始まっている。

余裕をぶっこいている人を観ると、思います。

「この試合は、問題無く勝てるな・・・」と。

 

実際に試合で、スライスに上手く対応出来ない人は多い。

特にこういう高いバウンド、ですね。

バウンド後に、慌ててフラフラして前に走る・・・ような選手、特に女性の方でも多いと思います。

テニスは、必ず「バウンド」が関わってくるスポーツ。

だからこそ、回転にはもっと神経質にならないと。

その危機感、アナタにはありますか?

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 【女子ダブルス 土居コーチ&レギュラーメンバー交流会】12/8(木) …

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

    相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。試…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

    ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。まず、…

  3. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

  4. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  6. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる
  2. ボレー

    ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと
  4. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得
  5. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
PAGE TOP