テニス 粘り

ロブ

高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようとして、「え!?」となること。

それって、こういう場面じゃないでしょうか?

スライス回転がかかったボールは、弾まない・・・というより、高く弾むときはバックスピンのように相手方向に「戻る」バウンドになる。

このことをしっかり意識していないと、試合で大変なことに・・・なりますよ。

 

高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

 

1.高いバウンドのスライス、バウンド後はどうなってる?

皆さんも、練習で経験したことがあると思います。

相手のスライス回転で高いロブが来て、バウンド後に打とうとすると・・・どうでしょう。

ネット方向に戻るように弾んでいく。

慌てて前に行こうとしても、もう遅い。

結局触れない、触れたとしても相手コートに返球するのがやっと、みたいな感じになりますよね。

ここの危機感って、結構大事です。

 

2.バウンド地点に思い切って近付く

まずは、相手のスライス回転を見極めたら、これを実行しましょう。

ボールのバウンド地点に近付いて、バックスピンになっても対応出来るように準備する。

バウンドしたら前に走って、ボールを後ろからしっかり攻撃していく。

もし前衛の後ろにロブを打たれて、それが激しいスライス回転がかかっているようだと・・・これは、逆に楽。

自分の方向に向かって来てくれますからね。

無理に追い付こうと後ろに回り込んだら、逆に取り辛いボールになりますよ。

スライス回転がしっかりかかっている、しかも高い軌道のロブ、のときにはとにかく注意が必要です。

 

3.多少の横へのずれは、想定しておこう

スライスが厄介なのは、横回転、も少しかかっていること。

多少左右にずれる、そのズレは覚悟しておきましょう。

真後ろにバックスピン、とはならないことが多いです、実際は。

バウンド地点に近付いて、しっかり自分もスライスで返球していけるようなグリップで待つこと。

スピンで打っていくのは、結構難易度が高いし非現実的。

ロブで攻撃されている、のであればなおさらですね。

4.スライス回転への対応こそ、テニス選手としての実力値

つい、軽視しがちな人が多いので、改めて。

スライスを打つ、取る、対応する、というのは、テニス選手の実力値に比例します。

速いフラット、激しいスピン、ばかりに目がいっている選手は、実際試合で弱い。

スライスを打てて、スライスに対応出来る。

それは、こういう高いロブでバックスピンが効いたようなボールも同じです。

相手が打った瞬間から、自分の「打ち方」も始まっている。

余裕をぶっこいている人を観ると、思います。

「この試合は、問題無く勝てるな・・・」と。

 

実際に試合で、スライスに上手く対応出来ない人は多い。

特にこういう高いバウンド、ですね。

バウンド後に、慌ててフラフラして前に走る・・・ような選手、特に女性の方でも多いと思います。

テニスは、必ず「バウンド」が関わってくるスポーツ。

だからこそ、回転にはもっと神経質にならないと。

その危機感、アナタにはありますか?

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

    ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。それは、…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

    私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。どこかに…

  3. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  6. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?
  2. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  3. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  4. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない
  5. テニス ラケット

    テニス知識

    長くテニスをやっているのに意外と知らない「テニスラケットのメンテナンス方法」につ…
PAGE TOP