テニス サーブ

メンタル

テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく

試合の経験を積んでいくことは、テニス選手にとって大事なこと。

でも、その経験って良いこと、ばかりではないかも知れません。

テニス選手としての壁を感じることもあれば、「今までの経験上、こうだよな・・・」と思ってしまう、考えてしまうことも増えるでしょう。

これこそまさに、アナタ自身のテニスの試合で最大のライバルになる。

経験を積めば積むほど、厄介な存在になるでしょう。

 

テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく

 


 

1.経験を積むことは良いことばかり、では無い

当然、勝つ試合もあれば負ける試合もある。

それがテニスの試合ですし、大会に出続けることは大切なこと。

だからこそ、意識しておいて欲しいことがあります。

それは、アナタ自身「負ける試合を分かり出してしまう」ということ。

負け癖、という言葉もありますが、要は「これはいつもの負けるパターンだな・・・」と思ってしまうこと。

これは、試合経験を積んでいけば誰でも感じることがある感覚、でしょう。

経験を積むことは、良いことばかりではない。

このことだけは、しっかり向き合って試合に出続けていくことが大事です。

 

2.負けそうな試合に気付けば、修正出来るのがテニス

テニスは、いつでも「ニュートラル」な状態から開始されます。

サービスゲームは交互に、必ず0-0から開始される。

いつでも挽回は出来る、そのチャンスがあると私は思っています。

どんなに負けそうな試合、いつも自分が崩れていくような形になっても、慌てずにどこかでリセットする。

そして、何かを変えていく。

試合を諦めることが癖になっている人は、そのまま淡々と0-0から開始されるゲームでも同じように繰り返していく。

せっかくのルールですからね、考え方次第でどうにでもなる。

テニスは、負けると思えば諦めやすく、勝てると思えば挽回しやすい。

そんなルールで出来ていると思います。

 

3.最大のライバルは、自分自身

特に格上相手、だとそうでしょう。

いかに、自分のテニスを続けるのが難しいのか。

普通のことが出来なくなるのか・・・は、アナタ自身たくさん経験してきたはず。

「でも、それがテニスの実力だから・・・」と思って、どこかで諦めてはいませんか?

テニスの実力は、過去最高の点数や実績、演技点やショットの速度、で決まるものではありません。

その時、その試合のルールで勝てばそれは勝者。

自分自身、で自分自身に勝つには、実力差を覆して勝つ、ことをとことんイメージしていかないと。

これが難しいのは、まだまだ自分に勝てていない証拠です。

 

4.試合を途中で諦める人、が8割です

テニスの試合、最後まで諦めない・・・って、本当に難しい。

偉そうに書いてますが、私自身後から、「どこかで諦めちゃったかな・・・」という試合も、ある。

少なくとも自分ではそう感じて、テニスノートに必死でメモしています。

なぜ、諦めたのか。

諦めるきっかけは、どこだったのか。

試合前から、準備が足りなかったんじゃないのか・・・と、振り返ってみる。

こういう小さいこと、の繰り返しです。

テニスの試合、諦める人が8割でしょう。

でも残りの2割の人、も確実にいる。

私自身、頑張って精進して近付いていきたいと思っています。

 

こういう話を書いていると、すごく自分がメンタルが強いように見えますが・・・。

本当に、逆です。

弱いから、考える。

こうやって記事で書いてみながら、整理させてもらってるんです。

でもこうやって書いているだけで、私自身、この2~3年でのテニスは変わってきたように思います。

少なくとも、諦める試合は減った。

私で出来るんだから、みっと皆さんにも出来るはず。

そう信じて、これからも自分に打ち勝つテニス、研究していきます。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. メンタル

    勝った負けたより、真実が明らかになるということ

    試合に出ていれば、必ず勝敗はついて回ります。だからこそ、達成…

  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

    私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。…

  3. テニス リターン

    メンタル

    「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ

    あと少しで勝てそうなのに、追いつかれてまくられる。マッチポイン…

  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  5. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

    テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。…

  6. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう

    今回は、具体的なテニスの技術や練習メニューとは異なり、一つの考え方を。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握…
  3. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  4. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術
  5. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
PAGE TOP