テニス サーブ

メンタル

テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく

試合の経験を積んでいくことは、テニス選手にとって大事なこと。

でも、その経験って良いこと、ばかりではないかも知れません。

テニス選手としての壁を感じることもあれば、「今までの経験上、こうだよな・・・」と思ってしまう、考えてしまうことも増えるでしょう。

これこそまさに、アナタ自身のテニスの試合で最大のライバルになる。

経験を積めば積むほど、厄介な存在になるでしょう。

 

テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく

 


 

1.経験を積むことは良いことばかり、では無い

当然、勝つ試合もあれば負ける試合もある。

それがテニスの試合ですし、大会に出続けることは大切なこと。

だからこそ、意識しておいて欲しいことがあります。

それは、アナタ自身「負ける試合を分かり出してしまう」ということ。

負け癖、という言葉もありますが、要は「これはいつもの負けるパターンだな・・・」と思ってしまうこと。

これは、試合経験を積んでいけば誰でも感じることがある感覚、でしょう。

経験を積むことは、良いことばかりではない。

このことだけは、しっかり向き合って試合に出続けていくことが大事です。

 

2.負けそうな試合に気付けば、修正出来るのがテニス

テニスは、いつでも「ニュートラル」な状態から開始されます。

サービスゲームは交互に、必ず0-0から開始される。

いつでも挽回は出来る、そのチャンスがあると私は思っています。

どんなに負けそうな試合、いつも自分が崩れていくような形になっても、慌てずにどこかでリセットする。

そして、何かを変えていく。

試合を諦めることが癖になっている人は、そのまま淡々と0-0から開始されるゲームでも同じように繰り返していく。

せっかくのルールですからね、考え方次第でどうにでもなる。

テニスは、負けると思えば諦めやすく、勝てると思えば挽回しやすい。

そんなルールで出来ていると思います。

 

3.最大のライバルは、自分自身

特に格上相手、だとそうでしょう。

いかに、自分のテニスを続けるのが難しいのか。

普通のことが出来なくなるのか・・・は、アナタ自身たくさん経験してきたはず。

「でも、それがテニスの実力だから・・・」と思って、どこかで諦めてはいませんか?

テニスの実力は、過去最高の点数や実績、演技点やショットの速度、で決まるものではありません。

その時、その試合のルールで勝てばそれは勝者。

自分自身、で自分自身に勝つには、実力差を覆して勝つ、ことをとことんイメージしていかないと。

これが難しいのは、まだまだ自分に勝てていない証拠です。

 

4.試合を途中で諦める人、が8割です

テニスの試合、最後まで諦めない・・・って、本当に難しい。

偉そうに書いてますが、私自身後から、「どこかで諦めちゃったかな・・・」という試合も、ある。

少なくとも自分ではそう感じて、テニスノートに必死でメモしています。

なぜ、諦めたのか。

諦めるきっかけは、どこだったのか。

試合前から、準備が足りなかったんじゃないのか・・・と、振り返ってみる。

こういう小さいこと、の繰り返しです。

テニスの試合、諦める人が8割でしょう。

でも残りの2割の人、も確実にいる。

私自身、頑張って精進して近付いていきたいと思っています。

 

こういう話を書いていると、すごく自分がメンタルが強いように見えますが・・・。

本当に、逆です。

弱いから、考える。

こうやって記事で書いてみながら、整理させてもらってるんです。

でもこうやって書いているだけで、私自身、この2~3年でのテニスは変わってきたように思います。

少なくとも、諦める試合は減った。

私で出来るんだから、みっと皆さんにも出来るはず。

そう信じて、これからも自分に打ち勝つテニス、研究していきます。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い

    テニスの試合、気持ちが昂るのは当たり前。でも、つい昂りが「焦り…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い

    私は、断言します。テニス選手として必要なこと。それは、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスも強い選手は、相手の恐怖心が大好物

    これにのまれてしまうから、試合で勝てない。いや、勝てる雰囲気す…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう

    テニスの試合では、皆さんこんな経験無いですか?「ずるい自分」…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!
  2. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない
  3. ストローク

    当たり損ないは、減らせる
  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は・・・どうしよう?
PAGE TOP