テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。

それでもなかなか、大きく動いて下がってスマッシュ、というのは難しい。

これを難しくしているのは、身体の正面向きが解消されていない人がほとんどです。

横向きでボールを追う、ジャンプする、というのは相当意識しないと身に付かない。

改めて、足元からスマッシュを確認してみましょう!

 

スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

 


 

■ボールに対して横向きを作る、という強い意識が大事

自然にボールを見ていると、当然身体は正面向きになります。

しかもネットを挟んだ向こうには相手がいるし、身体をそちらに向けておきたいのは自然な心理。

だからこそ、強い意識でスマッシュのときにも「横向き」を作らないといけません。

横向きがしっかりできれば、早く下がれて準備もしやすい。

最後のジャンプでの調整も、しやすいです。

 

■正面向きでは後ろに早く下がれない

ご存知の通り、後ろに下がるには正面向きでは早く下がれません。

足がもつれるようになりますし、転倒の危険もある。

横向きを作れば、前足が後ろ足を追い越していくようにクロスステップも踏めるから早く下がれる。

正面向きは、自信の無さの現れだと思って下さい。

自信があれば、後ろを向くくらいしっかり肩を入れて下がることが出来ます。

 

■守備範囲を拡げないと、絶対上では通用しない

シングルスでもダブルスでもそうですが、スマッシュの打てる範囲を拡げないと勝てない。

これだけはしっかり、覚えておいて下さい、

スマッシュは自分が打てる範囲を打つ、のではなく、戦術上「打たなければいけない場所」は全て打たないといけません。

ダブルスであれば、基本的に上を任せることはしたくない。

守備範囲、攻撃範囲を拡げる為には、何かを変えていかないと絶対に強くなりません。

 

後ろに強くなれば、テニスはもっと攻撃的になる。

ロブの対応に自信が無いとネットに出てもどこか居心地が悪いですよね。

スマッシュに苦手意識がある人は、足が運べていない人がほとんど。

せっかく良い打ち方をしていても、もったいない。

まずは思い切って横を向いて、大きな歩幅で動くことから意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ポーチ
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

    上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。これが一番差になる…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  4. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

特集記事

  1. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  5. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識
PAGE TOP