テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。

それでもなかなか、大きく動いて下がってスマッシュ、というのは難しい。

これを難しくしているのは、身体の正面向きが解消されていない人がほとんどです。

横向きでボールを追う、ジャンプする、というのは相当意識しないと身に付かない。

改めて、足元からスマッシュを確認してみましょう!

 

スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

 


 

■ボールに対して横向きを作る、という強い意識が大事

自然にボールを見ていると、当然身体は正面向きになります。

しかもネットを挟んだ向こうには相手がいるし、身体をそちらに向けておきたいのは自然な心理。

だからこそ、強い意識でスマッシュのときにも「横向き」を作らないといけません。

横向きがしっかりできれば、早く下がれて準備もしやすい。

最後のジャンプでの調整も、しやすいです。

 

■正面向きでは後ろに早く下がれない

ご存知の通り、後ろに下がるには正面向きでは早く下がれません。

足がもつれるようになりますし、転倒の危険もある。

横向きを作れば、前足が後ろ足を追い越していくようにクロスステップも踏めるから早く下がれる。

正面向きは、自信の無さの現れだと思って下さい。

自信があれば、後ろを向くくらいしっかり肩を入れて下がることが出来ます。

 

■守備範囲を拡げないと、絶対上では通用しない

シングルスでもダブルスでもそうですが、スマッシュの打てる範囲を拡げないと勝てない。

これだけはしっかり、覚えておいて下さい、

スマッシュは自分が打てる範囲を打つ、のではなく、戦術上「打たなければいけない場所」は全て打たないといけません。

ダブルスであれば、基本的に上を任せることはしたくない。

守備範囲、攻撃範囲を拡げる為には、何かを変えていかないと絶対に強くなりません。

 

後ろに強くなれば、テニスはもっと攻撃的になる。

ロブの対応に自信が無いとネットに出てもどこか居心地が悪いですよね。

スマッシュに苦手意識がある人は、足が運べていない人がほとんど。

せっかく良い打ち方をしていても、もったいない。

まずは思い切って横を向いて、大きな歩幅で動くことから意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

    ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効
  2. テニス サーブ

    サーブ

    男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を…
  3. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく
  4. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
PAGE TOP