テニス メンタル

スマッシュ

「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。

どんなに良いストロークとボレーで追い込んでも、スマッシュが残念だと試合で勝てませんよね・・・。

思い切った練習と意識で、苦手意識を払拭できるかも知れません。

 

「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

 


 

■スマッシュ力の差=テニスの実力差です

テニスの実力は、スマッシュに如実に現れます。

ポイントを締める能力が無いと、試合で結果が出せないのは言うまでもありません。

逆に言えば、ラリーから逆算できない。

スマッシュに自信があれば、相手からいかにロブを上げてもらうかを考えれば良い訳です。

 

■弱気な判断をしてしまうのは、スマッシュに自信が無いから

対戦相手は感じているかも知れません。

アナタ自身の、弱気な思考を。

入っているか、アウトしているか判断が微妙なとき、ウォッチしたら入っていた・・・ということ、ありますよね。

こんなときに、試合の流れが変わってしまった経験ありませんか?

スマッシュに自信が無いと、チャンスボールをこういった形で逃して、勝てる試合の流れまで逃してしまうのです。

こういったメンタルの問題は、普通の練習でか解消できません。

大胆な練習、振り切れた練習を取り入れることが大切です。

 

■強豪校は実践している、常識外れの練習メニュー

私が大学に進学したときに感じたのは、強豪校の選手とのスマッシュ力の差。

中でも、アウトボールの球出しを全てスマッシュでコートに突き刺してしまうフットワークとパワーは、圧巻でした。

この練習、だまされたと思ってやってみて下さい。

あえてアウトボールを球出しで出して、思い切り下がって打つ。

これを経験できれば、当然試合でも迷ったら打つ!

例えミスになったとしても、その強気の姿勢は相手にとってプレッシャーになります。

まずは苦手だからこそ、こういった厳しい練習から始めてみるのも手です。

 

大胆差、はテニスを上達させるうえで大切な要素です。

徐々に上手くなっていく、というのがテニスの基本かも知れませんが、ある一定のレベルからはちょっとしたきっかけで急激に曲線を描いて上達していくこともあります。

アナタにとって、それは大胆なスマッシュ改革かも知れません。

まずはとにかく、下がってしっかり打つ!

ラケットに当たるところから、きっとコートに収まるようになります。

頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  4. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ

    スマッシュって難しい。難しいけどちゃんと打てれば攻撃ショットと…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  6. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?
  3. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってる
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は…
PAGE TOP