テニス ダブルス

スマッシュ

背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

スマッシュが強い相手は、試合で嫌ですよね。

ロブが効き辛い、というだけで私は結構困ります。

ですが、相手を観察する時に先入観は禁物。

身長が高い=上が強い、とは限らないのがテニスです。

 

背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

 


 

1.苦労していない可能性大

そもそも、身長が高い人って警戒される。

普通、ロブは上げませんよね、怖いから。

サーブにも自信がある人、身長が高い男性は多いでしょう。

でも、実際スマッシュは・・・どうでしょうか?

あんまり練習していない、苦労していない可能性が大、なんですよ。

だから、意外とスマッシュを打たせてみるのは有り、なんです。

それも、少しだけ後ろに下げる、動かしてあげればすぐにボロが出ると思いますよ。

 

2.低く速いロブには、弱い

身長が高い選手は、機敏さに欠ける。

ですので、速くて低いロブは、結構効くんですよ。

試合の中で、「これはロブ、打てないな・・・」と思っても、諦めないこと。

まず、少しだけ後ろに下げるように、ロブを打ってみる。

やってみないと分からないこと、試合ではたくさんありますから。

身長が高い人でも、スマッシュが苦手、下がって打てない人は多いですよ。

ぜひ、試合で先入観を取っ払って探ってみて下さい。

 

3.打たないでビビって終わる、ことがほとんど

試合では、こんな感じでしょう。

相手にビビって、打てないで終わる。

打ってみれば・・・実は相手の弱点だったのに、ということはよくあります。

それも、「これはきっと、相手は得意だろう」と思っていることが、案外苦手だったりもする。

私はいつも、「基本的に、スマッシュはみんな苦手」というスタンスで試合に入ります。

だって、なかなか練習出来る技術ではないですから。

身長が高い人も、一緒。

大きい身体って、それだけでコントロールは難しいんですよ。

手足も長いと、調整が難しい。

試合で、スマッシュを打たせてみる価値はあるんです。

 

4.一発打たれて、決められても気にしない

問題は、その打ち方、ボールへの入り方です。

スマッシュが得意な人は、ボールへの入りが早い、下がるのも早い。

でもスマッシュが苦手な人は、そこが遅いんです。

スマッシュの結果だけ、を見て決まった、ミスという感じで見てはダメ。

ポイントを取られても、その過程がどうだったのか。

遅い反応だったら、まだまだ打たせてみる価値はある。

簡単に諦めない、しっかり相手の反応を見るようにすれば、見抜けます。

 

スマッシュが苦手な長身の人、結構います。

確かにネットに立たれると威圧感が凄いですが、ビビってはダメ。

あえて、上で勝負するような感じ、で挑戦的にいきましょう。

こういう選手、メンタルが折れると弱いですから。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

    スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーで…

  2. テニス ボレー
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

    レベルが高い試合になれば、増えてくるのは下がりながらのスマッシュ。…

  4. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  5. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
  2. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ
  4. サーブ

    ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
PAGE TOP