メンタル

ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの

どんなに準備をしていても、試合は一筋縄では終わらない。

これは、みなさんも経験して来たことでしょう。

ゲーム差が開いた時に、どうやって試合を終わらせることが出来るのか。

テニスの試合、この心構えが大事です。

 

ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの

 


 

1.大差の試合ほど、難しくなる

3-0、4-0・・・と、順調にリードして、試合は終盤に。

あと1ゲームで勝ち、ゲーム差も開いているし、何も問題無さそう・・・な試合って、どうですか?

実際、怖く無いですか?

競った試合よりも、テニスはこういう試合の方が難しい。

そう、終わらせるのが難しくなる。

これは覚悟しておかないとダメ。

1セットマッチ、あっという間に追いつかれてしまいますからね。

 

2.集中力は、絶対に切れる

普通にしようとしても、絶対に集中力は切れます。

1ポイントくらい良いか、と絶対に思ってしまうんですよね。

どんなに準備していても、人間ですから。

具体的に何か、しっかり作戦を持っておかないと。

私はいつも、大きくリードした試合では「ファーストサーブとリターンを、絶対に入れる」ようにしています。

甘くなって、相手に決められるならOK。

自分から欲を出して、ライン際を狙ってミスすること、はしないように。

もう、4-0リードくらいからこの頭、に切り替えるようにする。

それだけで、まくられる試合はかなり減るはずです。

 

3.「集中出来ない自分」を、受け入れよう

メンタルが弱いとか、そういう問題じゃない。

人の集中力には、絶対に波がある。

その波、を自分で自覚して、受け入れないと試合では勝てません。

ほとんどの人が、「なんで自分はこんなに、集中出来ないんだ・・・」と、イライラしてしまうんですよね。

これは女性の方に多いように感じます。

そして、イライラしている自分に、更にイライラしていく。

勝っているのに、上手くいかない自分にイライラして逆転される・・・なんて、よくある光景だと思いませんか?

 

4.ポイントの過程を、客観視すれば勝ち切れる

勝っている試合で、だんだんと追いつかれて来る。

焦りますよね。

集中力を戻そうと必死になっても、更に焦る。

こういう時、大事なのは客観性です。

アナタ自身がポイントを落としているのは、何かしら相手から狙われている、過程に要因があるはず、ですから。

立ち止まって、ここを見つめ直せば修正出来るはず。

集中力が切れて、そして何が起こっているのか。

ゲーム差が出来た試合の後半ほど、実力の見せ所ですよ。

 

リードしている試合って、雰囲気がおかしくなっていく。

勝っているのに、焦っていく。

焦っている自分にまず気付いて、受け入れることで試合は勝てるようになるはず。

逆転されやすい人は、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

  2. メンタル

    相手のミスは、とにかく期待しないこと

    試合では、相手のミスでも自分の得点。でも、これを期待し過ぎて…

  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  6. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです

    試合の中で、相手にやられてしまう。こういう時の態度にこそ、私は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー…
  3. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?
  4. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる
  5. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
PAGE TOP