メンタル

ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの

どんなに準備をしていても、試合は一筋縄では終わらない。

これは、みなさんも経験して来たことでしょう。

ゲーム差が開いた時に、どうやって試合を終わらせることが出来るのか。

テニスの試合、この心構えが大事です。

 

ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの

 


 

1.大差の試合ほど、難しくなる

3-0、4-0・・・と、順調にリードして、試合は終盤に。

あと1ゲームで勝ち、ゲーム差も開いているし、何も問題無さそう・・・な試合って、どうですか?

実際、怖く無いですか?

競った試合よりも、テニスはこういう試合の方が難しい。

そう、終わらせるのが難しくなる。

これは覚悟しておかないとダメ。

1セットマッチ、あっという間に追いつかれてしまいますからね。

 

2.集中力は、絶対に切れる

普通にしようとしても、絶対に集中力は切れます。

1ポイントくらい良いか、と絶対に思ってしまうんですよね。

どんなに準備していても、人間ですから。

具体的に何か、しっかり作戦を持っておかないと。

私はいつも、大きくリードした試合では「ファーストサーブとリターンを、絶対に入れる」ようにしています。

甘くなって、相手に決められるならOK。

自分から欲を出して、ライン際を狙ってミスすること、はしないように。

もう、4-0リードくらいからこの頭、に切り替えるようにする。

それだけで、まくられる試合はかなり減るはずです。

 

3.「集中出来ない自分」を、受け入れよう

メンタルが弱いとか、そういう問題じゃない。

人の集中力には、絶対に波がある。

その波、を自分で自覚して、受け入れないと試合では勝てません。

ほとんどの人が、「なんで自分はこんなに、集中出来ないんだ・・・」と、イライラしてしまうんですよね。

これは女性の方に多いように感じます。

そして、イライラしている自分に、更にイライラしていく。

勝っているのに、上手くいかない自分にイライラして逆転される・・・なんて、よくある光景だと思いませんか?

 

4.ポイントの過程を、客観視すれば勝ち切れる

勝っている試合で、だんだんと追いつかれて来る。

焦りますよね。

集中力を戻そうと必死になっても、更に焦る。

こういう時、大事なのは客観性です。

アナタ自身がポイントを落としているのは、何かしら相手から狙われている、過程に要因があるはず、ですから。

立ち止まって、ここを見つめ直せば修正出来るはず。

集中力が切れて、そして何が起こっているのか。

ゲーム差が出来た試合の後半ほど、実力の見せ所ですよ。

 

リードしている試合って、雰囲気がおかしくなっていく。

勝っているのに、焦っていく。

焦っている自分にまず気付いて、受け入れることで試合は勝てるようになるはず。

逆転されやすい人は、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  2. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

    普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。それは…

  3. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なものは?

    自分のテニスを上達させて、試合に勝つこと。長く苦しいこの道のり…

  4. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない
  2. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です
  5. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよ…
PAGE TOP