テニス 客観視

メンタル

テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見てくれ!」という雰囲気にプレイヤーがいます。

プロの選手であればもちろん、そういった意識は必要ですが、一般の大会ではどうでしょうか。

はっきり言って、勝利に執着しているようには思えません。

こんな相手には、絶対負けたくないですよね。

 

テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

 


 

■試合に勝つ、ということを最優先に出来てますか?

アナタ自身、試合に勝つことを最優先に考えて試合をできていますか?

「かっこ良くポイントを獲りたい」「ストロークで後ろから打ち抜きたい」というようなことを、無意識のうちにこだわってしまっているかも知れません。

試合に勝つ、ことを最優先にするのであれば、考えることはまず対戦相手のこと

自分のテニスはそこそこに、相手の情報を誌の物狂いで獲る。

勝負はそこからです。

 

■自分が思っている以上に、周りはアナタのテニスに興味は無い

厳しいことを言うようですが、アナタが思っている以上に、周囲の人はアナタのテニスを見ていません。

すごくカッコイイポイントが決まっても、周りが注目するのは最終のスコアであり、結果です。

自意識過剰に、なってしまっているかも知れません。

自分のテニスに自信を持つことは大切ですが、「やりたいことだけ」をやるテニスになっていないかは、常に自問自答しながら試合を進めていくようにしましょう。

 

■自分の弱さを見せる勇気も、ときには必要

良い意味で、「弱さ」を見せられる人は強い。

それは試合でも練習でも、自分のテニスを受け入れて向上させていこうという意志の表れです。

ネットプレーが苦手であれば、試合でネットに出ずに戦うこともできます。

でもそうやって避け続けて、何の進歩があるでしょうか。

格上の選手と対戦すれば、ドロップショットも打たれます。

そんなときに諦めるしかないようでは、コート上で試合をする資格はありません。

 

「自分は違う」と思った方、ぜひ一度動画で自分の試合を見返してみて下さい。

意識が高い方であれば、どこか「何か俺、やる気無さそうだな・・・」と、思う瞬間があるはずです。

テニスをひけらかす、というと語弊がありますが、試合で勝にはやりたいテニスだけをやっても勝てない、ということ。

やりたいテニスがあれば、それを高い確率で実現できるようになって、試合で使っていくこと。

テニスの試合に勝つ、ということは、自分をコントロールすることに他ならないのです。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. メンタル

    未来は過去の延長線上、では無い

    私たちはテニスを通じて、どこに向かうのか。少し大げさな話になり…

  2. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上

    試合の中で、プレッシャーを感じる。それは、ある意味当然のことな…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要

    本気でテニスを強くなりたいなら、何が必要でしょうか。時間?環境…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  5. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?

    マンガ「ベイビーステップ」の流行もあり、改めて見直されているテニスノー…

  6. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです

    みなさん試合の中で、こういうポイントどれくらいあるでしょう?自…

特集記事

  1. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない
  3. テニス 雨

    練習メニュー

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に
  4. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先
PAGE TOP