テニス マナー

その他

「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていますか?

テニスの試合は基本的にはセルフジャッジ、そしてもちろんボールも自分達で拾って管理する形。

相手に気持ち良くボールを送り試合を進行していくことは、最低限のマナーですよね。

熱い試合でヒートアップしても、この部分はしっかり守って欲しい。

そして試合に初めて出る、という方もまずは頭の中に入れて本番に臨んでみて下さい。

 

「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていますか?

 


 

■近い距離は手で、遠い距離はラケットでボールを送る

ネットを挟んだ相手にボールを送るのは、慣れるまで簡単ではありません。

しっかりコントロールして、相手が自然な形で受け取れるように気遣いしてあげたいところ。

近い距離であれば手で渡したり、下から軽く投げたりする形。

遠い距離であれば山なりのボールをラケットで打って送れるように、普段の仲間同士の練習からこの軌道の精度を上げましょう。

試合のインプレー以外の部分も、アナタのプレーに代わりは無いのです。

 

■スライス気味のフラットな打球でワンバウンドさせる

ボールをラケットで送る際に、気を付けたいのが回転の部分。

間違っても、強烈なトップスピンをかけたりしないようにしましょう。

打球の勢いが無くなりやすいスライス、それもフラットに近い形で回転量は抑えて打てるとベストです。

相手にワンバウンドで手元に届くように、愛情を持って送りましょう。

こういった軌道のボールを安定して打てるようになると、テニスの試合でも活かせます!

 

■相手にしっかり声をかけて、意識を向けてから送ること

「ボールいきます」の声は、相手の意識をこちらに向ける為。

しっかりと「ボールが来る態勢」を作ってもらってから、送るようにしましょう。

もちろん、捕球しやすいように2球同時に送らない。

そして、ダブルスなどで2人から相手コートに送る際には、遠い距離にあるボールから先に送とスマートです。

 

試合に出慣れている人からすれば、「なんて基本的なこと・・・」と思われるかも知れません。

ですが、この基本こそ、試合を行ううえで大事にしたい部分。

テニスが強い、トーナメントで勝ち進む人は、こういったインプレー中以外の仕草がすごくスマートです。

たまに例外な選手はいますが・・・アナタ自身、マナーをしっかりすることで、テニスも強くなります。

細かい部分ですが、意識して試合に臨みましょう!

 

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

    ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。とはいえ…

  2. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

    私自身、苦い経験があります。みんなが上手くなりたい、という想い…

  3. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  4. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

    インターハイの個人戦も、本日で閉幕。そして暑い中夏の戦いは、そ…

  5. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想

    綺麗なフォームこそ、上級者の証?いえ、それは「そういう人もいる…

  6. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

特集記事

  1. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  2. 練習メニュー

    練習で成果を出すには、何が必要?
  3. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる
  5. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ
PAGE TOP