テニス マナー

その他

「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていますか?

テニスの試合は基本的にはセルフジャッジ、そしてもちろんボールも自分達で拾って管理する形。

相手に気持ち良くボールを送り試合を進行していくことは、最低限のマナーですよね。

熱い試合でヒートアップしても、この部分はしっかり守って欲しい。

そして試合に初めて出る、という方もまずは頭の中に入れて本番に臨んでみて下さい。

 

「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていますか?

 


 

■近い距離は手で、遠い距離はラケットでボールを送る

ネットを挟んだ相手にボールを送るのは、慣れるまで簡単ではありません。

しっかりコントロールして、相手が自然な形で受け取れるように気遣いしてあげたいところ。

近い距離であれば手で渡したり、下から軽く投げたりする形。

遠い距離であれば山なりのボールをラケットで打って送れるように、普段の仲間同士の練習からこの軌道の精度を上げましょう。

試合のインプレー以外の部分も、アナタのプレーに代わりは無いのです。

 

■スライス気味のフラットな打球でワンバウンドさせる

ボールをラケットで送る際に、気を付けたいのが回転の部分。

間違っても、強烈なトップスピンをかけたりしないようにしましょう。

打球の勢いが無くなりやすいスライス、それもフラットに近い形で回転量は抑えて打てるとベストです。

相手にワンバウンドで手元に届くように、愛情を持って送りましょう。

こういった軌道のボールを安定して打てるようになると、テニスの試合でも活かせます!

 

■相手にしっかり声をかけて、意識を向けてから送ること

「ボールいきます」の声は、相手の意識をこちらに向ける為。

しっかりと「ボールが来る態勢」を作ってもらってから、送るようにしましょう。

もちろん、捕球しやすいように2球同時に送らない。

そして、ダブルスなどで2人から相手コートに送る際には、遠い距離にあるボールから先に送とスマートです。

 

試合に出慣れている人からすれば、「なんて基本的なこと・・・」と思われるかも知れません。

ですが、この基本こそ、試合を行ううえで大事にしたい部分。

テニスが強い、トーナメントで勝ち進む人は、こういったインプレー中以外の仕草がすごくスマートです。

たまに例外な選手はいますが・・・アナタ自身、マナーをしっかりすることで、テニスも強くなります。

細かい部分ですが、意識して試合に臨みましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴

    練習仲間でも、試合相手でも。テニスで関わっている人の中で、「こ…

  2. テニス シングルス

    その他

    「T-PRESS」は、こんな環境で更新しています

    毎日サイトをご覧頂き、ありがとう御座います!Twitterでも…

  3. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること

    セルフジャッジの試合、みなさんも絶対経験があるはず。「今、カウ…

  4. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

    4月に入り、部活やサークルにも少しずつ新入生、が増えてきたと思います。…

  5. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

    「人と比べられないで、自分らしくありたい」すごく大事なことです…

  6. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

    このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかに…

特集記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  2. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身にな…
  3. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
  4. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
  5. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
PAGE TOP