テニス ダブルス

その他

「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う

テニススクールでも部活でも、余裕が無い・・・とき、ありますよね。

もちろん、本人は一生懸命やっているし、それはすごく立派なこと。

ですが、やはり誰かに何かを指示されて、それをやるだけで精一杯、という状態は良いとはいえない。

少なくとも、成長出来る環境かと言えば、難しいと私は思います。

 

「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う

 


 

■「あ、今自分はいっぱいいっぱいだな・・・」と、感じられるかどうか

テニスはとにかく、考えること、準備することだらけ。

練習内容を覚えないといけないし、先輩とのラリーは気が抜けない・・・ような毎日、アナタも気付かないうちにそんな感じかも知れません。

確かに、技術的に慣れてくれは上達はするでしょう。

ですが、自分で考える余裕、気付く余裕が無い環境は、ちょっとアナタ自身意識を変えていく必要がある。

「あ、今いっぱいいっぱいで、何も考えられていなかったな・・・」と気付けるかどうか。

どんなに厳しい環境でも、自分を俯瞰してみる眼というのは必要です。

 

■少しだけ考える余裕、を残せるテニスにしてみると・・・?

いつも全力、精一杯。

本当にそれだけで、テニスが上手くなって試合に勝てるようになりますか?

全力を出す、というのはそんなに簡単なことでは無いはず。

自分自身、まだ少し余裕がある中で、頭をフル回転して常に「自分で主体的な判断」が出来るかどうか。

その余裕、少し意図的に残しておく位の意識が大事だと私は思います。

「そんな余裕は無い!」と思った方、だったら少しペースを落としても良いかも・・・。

本当に全力を出し切っているのなら、そんなに長続きしないと思いますよ、今のテニス。

 

■「指示されたこと」の中にも、自分の意志を入れていこう

監督やコーチ、上級生から何か指示をされても、必ず自分の意見も少し入れていく。

その意志を示すことは、アナタのテニスにおいて絶対に必要です。

「後ろで粘れ!」と言われても、アナタなりの粘り方が無いと何も始まらない。

指示されたことを、ただひたすらにやる・・・だけでは、絶対にテニスは成長出来ません。

その為にも、普段から「余裕の幅」を持っておく。

客観的で、俯瞰した眼を持っておくことが大事でしょう。

 

練習も試合も、一生懸命なのは当たり前。

大事なのは、結果を出すこと。

その為に、何が必要なのかを考えて自分を変えていく、カスタマイズしていくことが大事です。

無理やりにでも、ちょっと自分の中での「余裕」を作っておきましょう。

その幅が、考えて主体的に行動出来る幅、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

    対戦相手を観察する力は、本気になれば誰でも身に付く。そう、まず…

  2. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  3. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由

    テニスのレベルが上がって来ると、ショットの種類が増えて来る。単…

  4. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

  5. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う

    皆さんも経験してきた、定期テスト。中間、期末と、まさに今学生の…

特集記事

  1. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  2. テニス 雨

    メンタル

    テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長…
  3. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと
  4. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない
PAGE TOP