テニス サーブ

サーブ

ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで

ほとんどの人が、経験している感情だと思います。

ダブルスの試合で、自分のサーブが入らなくてペアに申し訳ない、謝ってばかり。

こういうメンタルになると、まず試合は勝てないですよね。

分かっちゃいるけど、だと思います。

でも、だったら変えましょうよ。

しっかり強い意志を持つことで、メンタルは変えられる。

どこかで自分を変えないと、弱いままですからね。

謝っている自分は、逃げているだけ

謝れば、誤魔化される?

と、どこかで思ってないですか?

サーブが入らない、セカンドもフォルトで「マジごめん…次は入れるわ」と言って、その次も連続でダブルフォルト。

一生懸命、入れようとしていると思いますよ。

ダブろうと思ってダブっている人なんて、当然いないでしょう。

でも、どこかで「謝れば良い」と思っている自分がいないかどうか。

これは、誰も指摘してくれない深い問題です。

自分で逃げていては、何も変わらない

「謝ってばかりじゃ、ダメなんだ」と。

申し訳無い、という気持ちを持つことはどこかで逃げていること、になってはいないか。

これを、考えて欲しいんです。

アナタ自身が意識すべきは、対戦相手。

ペアに対して意識が向いているうちは、戦える状態ではないということです。

ダブって申し訳ない、と考えているのはどこかで自分を守っているから。

もっと、強く発想を展開しないといけないんです。

あえて、謝らない

どうでしょう、これが出来ますか?

ダブルフォルトをして、ペアに対して堂々と「次だね」と言える。

こういう人、みなさんの周りでいるでしょうか?

「ちょっとおかしな人」だと思われても良いんです、こういう人はリスクを負っている。

自分がダブっている、だったら自分で何とかしないといけない。

ペアに謝ってばかり、申し訳無いというオーラを出している人より、私はよっぽど頼りになると思います。

あえて、ペアには謝らない。

試合前から、話しておいても良いでしょう。

「コートに入ったら、ミスしてもごめんは無しでいこう」と。

その方が、良い試合が出来ると私は思いますよ。

全てはアナタ自身の習慣、癖になっていく

謝り癖は、そのまま負け癖に

失点しては、ペアに謝る。

ダブってもミスしても、謝ることがルーティーンになると、どうなりますか?

そのまま、試合に勝てない負け癖になっていく。

何気なくやっている仕草は、全てアナタ自身の習慣になり、メンタルを構成していきます。

「ダブって謝らない方が、どうかと思うよ」という意見もあるでしょう。

でも私は、あえて謝らない、試合前に確認してコート上では甘えないという選択をして欲しいと考えています。

上手くいかない時に、本質が見える

みなさんも試合をしていて、感じると思います。

上手くいかない時、それこそサーブがなかなか入らないような時こそ、自分の本質的なところが出ている、と。

相手にしても、そうですよね。

弱気になっている、落ち込んでいる雰囲気を見れば当然、そこに付け込んでいきます。

テニスは実力以上に、相手の印象を操作する心理戦、が大事。

上手くいかない時に、どういう態度でペア、相手に接することが出来るのか。

これこそ、私はテニスの面白い部分だと思いますよ。

サーブが入らない、大ピンチ?

という発想は、今日限り止めましょう。

サーブが入らないなら、これは自分が試されているんだと。

ここを乗り越えれば、必ずチャンスは来る、自分は成長出来る。

ダブルスの試合、ペアに謝っているうちは自分と向き合えないですよ。

申し訳無い、という気持ちは逃げでしかない。

サーブが入らない、そんな上手くいかない時間や空間を、自分で受け入れて楽しんでいきましょう。

その先に、必ずアナタ自身の成長があるはずです。

謝る人=良い人?

私は、そうは思いません。

もちろん、全然サーブが入らないのに何も感じない、無神経な人は論外ですが。

入らないなら、一番本人が悔しいはず。

だから、謝って欲しいなんて思っていないし、目の前の試合を頑張るだけですから。

ペアに向ける力があるなら、自分と相手に使いましょう。

ただそれだけの話、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップのコツ」をつかめばサーブはもっと良くなる!テニスの試合で使えるサーブを磨きましょう

    サーブがどうしても苦手・・・という方は、まずトスアップから苦手意識があ…

  5. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも

    サーブが苦手・・・な人が、よく持つ感想としてこんな話を聞きます。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

コメント

    • ぱんぴー
    • 2019年 11月 08日

    本日はありがとうございました!
    興奮して記事を一気読みしております(^^)

    謝り癖はそのまま負け癖に、、、

    耳が痛いです。

    ごめんではなく、次だね、にチェンジしたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーで、パンチ力が欲しいなら?
  2. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
  4. リターン

    リターンのストレートアタック、アウトはOK
  5. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
PAGE TOP