テニス サーブ

サーブ

ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで

ほとんどの人が、経験している感情だと思います。

ダブルスの試合で、自分のサーブが入らなくてペアに申し訳ない、謝ってばかり。

こういうメンタルになると、まず試合は勝てないですよね。

分かっちゃいるけど、だと思います。

でも、だったら変えましょうよ。

しっかり強い意志を持つことで、メンタルは変えられる。

どこかで自分を変えないと、弱いままですからね。

謝っている自分は、逃げているだけ

謝れば、誤魔化される?

と、どこかで思ってないですか?

サーブが入らない、セカンドもフォルトで「マジごめん…次は入れるわ」と言って、その次も連続でダブルフォルト。

一生懸命、入れようとしていると思いますよ。

ダブろうと思ってダブっている人なんて、当然いないでしょう。

でも、どこかで「謝れば良い」と思っている自分がいないかどうか。

これは、誰も指摘してくれない深い問題です。

自分で逃げていては、何も変わらない

「謝ってばかりじゃ、ダメなんだ」と。

申し訳無い、という気持ちを持つことはどこかで逃げていること、になってはいないか。

これを、考えて欲しいんです。

アナタ自身が意識すべきは、対戦相手。

ペアに対して意識が向いているうちは、戦える状態ではないということです。

ダブって申し訳ない、と考えているのはどこかで自分を守っているから。

もっと、強く発想を展開しないといけないんです。

あえて、謝らない

どうでしょう、これが出来ますか?

ダブルフォルトをして、ペアに対して堂々と「次だね」と言える。

こういう人、みなさんの周りでいるでしょうか?

「ちょっとおかしな人」だと思われても良いんです、こういう人はリスクを負っている。

自分がダブっている、だったら自分で何とかしないといけない。

ペアに謝ってばかり、申し訳無いというオーラを出している人より、私はよっぽど頼りになると思います。

あえて、ペアには謝らない。

試合前から、話しておいても良いでしょう。

「コートに入ったら、ミスしてもごめんは無しでいこう」と。

その方が、良い試合が出来ると私は思いますよ。

全てはアナタ自身の習慣、癖になっていく

謝り癖は、そのまま負け癖に

失点しては、ペアに謝る。

ダブってもミスしても、謝ることがルーティーンになると、どうなりますか?

そのまま、試合に勝てない負け癖になっていく。

何気なくやっている仕草は、全てアナタ自身の習慣になり、メンタルを構成していきます。

「ダブって謝らない方が、どうかと思うよ」という意見もあるでしょう。

でも私は、あえて謝らない、試合前に確認してコート上では甘えないという選択をして欲しいと考えています。

上手くいかない時に、本質が見える

みなさんも試合をしていて、感じると思います。

上手くいかない時、それこそサーブがなかなか入らないような時こそ、自分の本質的なところが出ている、と。

相手にしても、そうですよね。

弱気になっている、落ち込んでいる雰囲気を見れば当然、そこに付け込んでいきます。

テニスは実力以上に、相手の印象を操作する心理戦、が大事。

上手くいかない時に、どういう態度でペア、相手に接することが出来るのか。

これこそ、私はテニスの面白い部分だと思いますよ。

サーブが入らない、大ピンチ?

という発想は、今日限り止めましょう。

サーブが入らないなら、これは自分が試されているんだと。

ここを乗り越えれば、必ずチャンスは来る、自分は成長出来る。

ダブルスの試合、ペアに謝っているうちは自分と向き合えないですよ。

申し訳無い、という気持ちは逃げでしかない。

サーブが入らない、そんな上手くいかない時間や空間を、自分で受け入れて楽しんでいきましょう。

その先に、必ずアナタ自身の成長があるはずです。

謝る人=良い人?

私は、そうは思いません。

もちろん、全然サーブが入らないのに何も感じない、無神経な人は論外ですが。

入らないなら、一番本人が悔しいはず。

だから、謝って欲しいなんて思っていないし、目の前の試合を頑張るだけですから。

ペアに向ける力があるなら、自分と相手に使いましょう。

ただそれだけの話、ですね。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨いて試合で使おう

    左利きの方のサーブは、厳しい。そんな漠然とした先入観があるのは…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

  4. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

    試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

    ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。…

コメント

    • ぱんぴー
    • 2019年 11月 08日

    本日はありがとうございました!
    興奮して記事を一気読みしております(^^)

    謝り癖はそのまま負け癖に、、、

    耳が痛いです。

    ごめんではなく、次だね、にチェンジしたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    関西遠征、最高でした
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事
  3. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう
PAGE TOP