練習メニュー

テニスの試合では、ミスの質を高めよう

テニスの試合で緊張してしまう人は、ミスを減らそうと必死。

もちろん、そう考えるのは間違いではありません。

でも実際の試合では、必要なチャレンジにミスは付き物。

ここをしっかり自分で整理しておかないと、結果的に勝つのが難しくなるでしょう。

ミスをしないこと、アクションを興さないことが一番相手にとってはやりやすい。

質の高いミス、をしっかり続けていくことが、アナタ自身の成長にもつながるはずです。

質の高いミス、とは?

準備してきたこと、に尽きる

私はこう考えています。

準備してきたことをトライして、それで失敗する。

これは、現場で突発的に考えてやったミスでは無いですからね。

しっかり準備して、自分から動いて失点する。

当然、相手がそれを上回ったり、ラケットの芯を外してしまうことはあるでしょう。

でも、そのミスは減らす必要はありません。

むしろ、増やしていかないとアナタ自身のテニスがずっと同じままですから。

質の高いミスは、試合でしか出来ない

と、私は思っています。

あの緊張感、相手も勝ちたい、ポイントを取りたいという意欲の中で出来るかどうか。

練習でのミスって、やっぱり軽いんですよ。

当然本気でやるし、悔しいですけど、試合とはまた違う。

質の高いミスを経験するのが、テニスの試合なんです。

この意欲を失わないこと、がまず大事ですね。

どういうテーマを持って、試合に入るのか

これに尽きるでしょう。

その場、その場で試合をしている人は、質の高いミスは出来ない。

自分のミスを、後から説明出来ないんです。

これでは、また次も同じようなことの繰り返し。

質の高いミスが出来た、と実感出来ている人は、また練習から変わっていきますからね。

この違いって、大きいですよ。

どういうテーマを持って、準備して試合に入っていくのか。

私たちは、ここを考えていかないと成長につながりません。

質の高いミス、それはネット近くで

ベースライン付近では、甘えが出る

何とかなる、何とか出来ますからね。

ベースライン付近からも、もちろんチャレンジするミスは出来ますが、ネット近くだとどうでしょう?

より、その精度が求められるし、そもそも試合でなかなかネットプレーが繰り出せていないと感じる人、多いんじゃないでしょうか?

ベースライン、その後方でプレーしている人は、質の低いミスばかりしている人が多い。

どうでしょう、何となく実感湧きませんか?

質の高いミスは、意欲をもたらす

準備してきたこと、新しいことにトライしてミスになる。

みなさんも経験あると思いますが、これが本当に悔しいんです。

「あ、これすごく良い!出来るようになったら使える!」と、気付くはずなんです。

質の高いミスは、その後の意欲につながる。

だから、練習でも意欲的になれるし、また試合で使ってみよう、と思えるようになるんです。

どんどん、自分から課題をこなしていけるようになる。

だから、ミスの質にこだわることは大事なんですよね。

質の低いミスこそ、恐怖にしかならない

「また、いつもの自分だ…ここでミスして…」と、試合中に崩れていく。

こういう人は、厳しい言い方かもしれませんが質の低いミスばかり繰り返している。

もうそれに慣れている節があると思うんです。

挑戦しないから、ミスから得るものも無い

ただ、自分自身が恐怖に感じ、恐れ、本気で向き合おうとしない。

みなさんも、過去の自分を思い出してみて下さい。

ミスが怖い、試合が怖いときって、同じようなプレーばかりに終始して自分に甘えているだけ、なんですよね。

ここに気付いた人から、自分のミス、失点を上手くコントロール出来るようになるはずです。

自分が主役のミス、失敗を

誰かに言われたから、じゃない。

自分自身で考えて準備して、試合に臨んでこそ、テニス選手です。

自分が主役のミス、どんどん質を高めていきましょう。

脚本、演出、主演、全部自分。

だからこそ、活かすのも自分。

目の前の勝利、もちろん大事です。

でも質の高いミスが無い試合、が続くと自分の成長が無くなる。

これだけは、ぜひ意識しておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

    練習の後半、試合形式でのポイント練習。私は学生時代、すごくこれ…

  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  4. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて

    テニススクールやサークル、部活でも実施した経験、ある方も多い3列ラリー…

  5. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

    「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事

    見落とされがちだけど、大事な個人練習。それは素振り、です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニ…
  2. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンス…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5…
  4. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  5. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!
PAGE TOP