戦術

ネガティブなミス、だけを減らせば勝てる

勝てる、確率は上がります。

みなさんの試合の中で、ミスは避けられない。

でも、そのミスの種類、背景をしっかり考えていきましょう。

ネガティブなミスは、ずっと試合の中で足を引っ張り続けます。

「こういうミスは良いんだ」と思えるミス、ならむしろどんどんやって良い。

自分の中で、「無くしていくミス」の方向性をハッキリさせておきましょう。

 
 

ネガティブなミス、とは?

意志と意図の無いミス

みなさんも、試合の中であると思います。

「今の、何がしたかったんだ…俺は?」みたいなミス。

結論が出ていない、ハッキリしないミスって引きずりますよね。

ネガティブに捉えがちなミス、まずはこういうのを減らしていきましょう。

意志と意図が無いミスは、何も残らない。

そもそも、ミスという自覚があるかどうか、も問題ですけどね。

気付かない人は、ずっと気付かない

本当に、ずっと気付かないです。

結論が出ていない自分、に気付けない人は成長しない。

だって、改善のしようがないですからね。

何かをやろうとして、意図を持ったショットなら改善は出来る。

でも、そもそも打ちたい方向、球種、が決まっていないと、何も始まらない。

ただ、ボールを追って打つだけ、になってしまうともうそれはテニスという競技ではありません。

「でも、どこに打って良いか分からないんですよ」

という方も、結構いますよね。

ハッキリ言います。

「どこに打てば良いのか?」を、自分で考えたことはありますか?

本気で、脳が汗をかくくらい、考えたことはありますか?

きっと、「誰かが教えてくれる」くらいにしか、考えていないんでしょう。

ましてや、試合の中では自分一人で、即座に決めていく決断力、判断力がテニスでは求められます。

普段から考えていない人は、試合で意志と意図の無いショットしか打てない。

まぁ、そんなものです。



ネガティブなミス、減らせる?

必ず、減らせます

まず、サーブやリターンから意図を持つこと。

最初のショット、をどうするのかはしっかりと決めておく。

ここからがスタートラインです。

狙ったミスなら、大丈夫。

そして次は、ラリー戦になってから、ですね。

ここでは、どういうスタンスで挑んでいけば良いでしょうか?

攻める、守るをハッキリさせる

私は、これでミスを減らしています。

ネガティブなミスって、結論が出ていないミス。

どんなショットでも、自分なりに攻めか守りか、はハッキリさせておく。

どちらでもないショット、は作らない。

実際には、攻めるには厳しい、でも守るほどでもないようなボールはあると思いますよ。

でも、それでも自分なりに、決める。

攻めるといっても、強打のハードヒットだけじゃないですよね。

コースを狙う、球種を決める、意図のあるボールを打つ。

この意識だけで、ラリーの中でのネガティブなミスは減らせます。

振り切る、やり切る、が基本

ストロークなら振り切る、ボレーなら前に詰める。

守備ならスライスを使う、そしてブロックなら顔を残す。

やることは、攻めでも守りでもシンプルですよね。

やり切れるかどうか、でそのミスはネガティブなのか、ポジティブなのか、決まります。

やり切っていれば、アナタ自身の中での試合のリズムって良くなっていく。

ショットの終わり方、を意識すればミスも変わりますよ。

   

なぜ、ネガティブなミスを減らせば勝てるのか?

プレッシャーが、全く違う

相手への圧力、プレッシャーが全く違います。

ここに、技術は関係ありません。

ミスしても積極的な相手は、誰だって試合で嫌じゃないですか。

ポーチ、ストレートへのリターン、仕掛けてくる相手は必ずプレッシャーになる。

これが、ネガティブなミスだと全く感じない。

むしろ、相手をどんどん強気にさせていくんですよね。

迷いは、相手と仲間に伝わる

ものすごい速さで、伝染します。

迷っている、ネガティブなミスをした瞬間に、相手も気付くしペアも気付く。

「あ、今迷ってたな…」と。

強い相手は、こういう瞬間を見逃してはくれません。

ここぞとばかりに、圧力をかけて来るでしょう。

ネガティブなミスを無くし、堂々とプレーしていれば強い相手だってそう簡単には攻められない。

伝染するのを抑える、それもアナタ自身のミス管理能力です。

必ず、次に活かせる試合になる

ネガティブなミスは、練習に活かせない。

だって、自分でも分かっていない訳ですからね。

何をどうやりたかったのか、そしてその結果も出ていない。

でも、こういうミスを無くせば、練習の質は一気に上がります。

試合の全てのポイントが、意味のあるもの、反省材料になる。

よく覚えているはずです、積極的なミスは。

だからこそ、次からの練習、試合に活かせる。

全ては、自分自身の為ですね。



もちろん、速い展開に押されて結論が出ないポイント、はあります。

でも、それを極力減らしていく、自分の中でミスを管理していく姿勢、が大事なんです。

成功したポイントよりも、自分が失点したポイント。

これをどう受け止め、活かし、強くなっていけるのか。

ミスの視点を変えれば、まだまだみなさん、強くなれますよ!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる

    みなさんも、上のレベルの試合になると痛感しているはずです。失点…

  2. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

  3. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう

    試合の中で、流れが悪く調子が上がらないとき。そんなときに、「何…

  4. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

    最初は、それで良いでしょう。試合に出始めたばかりは、まずは相…

  5. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

  6. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?

    試合に勝てる人は、守備が上手い。反応も良いし、攻撃するのが嫌に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ
  2. その他

    「風上、風下、どっちが好き?」実際のテニスの試合でのメリットデメリットを考える
  3. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?
  4. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを
  5. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?
PAGE TOP